149件中 31 - 40件表示
  • なだぎ武

    なだぎ武から見たレイザーラモンHG

    ディランのキャラは、もともと「ビバリーヒルズ青春白書」の日本語吹き替え版でディランの声を担当している小杉十郎太の真似がなだぎの持ちネタであったことと、当時の彼女が「ビバリーヒルズ青春白書」を見ていた事から発想された。さらには、ホフディランのシングル「キミのカオ」において、「ビバリーヒルズ青春白書」をパロディにした小杉のナレーションにも感銘を受けたと語っている。当初は楽屋で「ビバリーヒルズ青春白書」を知る芸人仲間等へ観せていたという。海外ドラマ特有の「大げさなセリフ回し」や「アメリカンジョーク」、「アテレコによる独特の空気感」をデフォルメした芸風だが、ビバヒルファンの今田耕司も認める激似ぶりである(最近では今田も言い回しを真似する事がある)。前述の2005年「オールザッツ漫才」において「レイザーラモンHGに続くキャラを探せ」という企画で披露され、これがこのネタのブレイクの最初の切っ掛けとなった。なおこのネタは本人曰く「元々このオールザッツ漫才のためだけにつくってきたものだった。」なだぎ武 フレッシュアイペディアより)

  • なだぎ武

    なだぎ武から見た陣内智則

    2009年には宮本亜門演出の舞台「ドロウジー・シャペロン」への出演が決定。人生初のミュージカルに挑戦することとなった。この舞台に起用されたキッカケは、宮本亜門が爆笑レッドカーペットに審査員として出演した際になだぎ武の藤岡弘、の物まねを見た事に始まる。宮本は、なだぎの物まねに衝撃を受け、その後、なだぎの初主演舞台、「春子ブックセンター」を観覧し、本来決まっていた大物俳優を変更してまで「ドロウジー・シャペロン」の主役のオファーを出した。後輩芸人・陣内智則の妻であった藤原紀香とキスシーンを演じることが話題となっていた(藤原演じるヒロインの婚約者役)。俳優の大和田獏も爆笑レッドカーペットに審査員として出演した際になだぎの演技力の高さを絶賛している。水谷豊の物まねを見た大和田は「やっぱ、なだぎさんは、凄いね。水谷豊さんにあんまり似てないんだけど、だけど面白い。演技力が凄いから。宮本亜門さんが認めるだけのことはありますね」とコメントしていた。なだぎ武 フレッシュアイペディアより)

  • なだぎ武

    なだぎ武から見た渡辺鐘

    2008年4月19日放送のめちゃ×2イケてるッ!のコーナー、恋のかま騒ぎに世界のナベアツと共に初出演。なだぎは当時交際していた友近扮するキャサリンの格好で登場し、周りから私生活などを突っ込まれた。番組内で(友近と)結婚したい願望はあるものの、「向こうが忙しく、タイミングがよく分からない」と発言している。なだぎ武 フレッシュアイペディアより)

  • なだぎ武

    なだぎ武から見た次長課長

    コラボカーペットで友近(ディラン&キャサリンとして)、中川家(コンビが1回、礼二のみが3回)、どきどきキャンプ(ディラン名義)、友近&バッファロー吾郎木村明浩(ピーター×ディラン&キャサリン名義)、やまもとまさみ、ジャングルポケット、次長課長河本準一、ココリコ田中直樹、ストリーク吉本峰之&中川家礼二(サウナコラボ名義)、ロバート秋山竜次と共演。なだぎ武 フレッシュアイペディアより)

  • なだぎ武

    なだぎ武から見たナインティナイン

    ザ・プラン9の結成が2001年であることや遅咲きであることから、一年後輩のナインティナイン、同期の千原兄弟やFUJIWARAなどが中堅芸人として扱われる一方若手芸人の扱いを受けることが多い。また、ブレイクした時期で考えるとお笑い第五世代の芸人に分類されているため、第五世代の芸人の中で最も芸歴が長い。プラン9本公演では主役や物語を大きく動かす役が多い。なだぎ武 フレッシュアイペディアより)

  • なだぎ武

    なだぎ武から見た西川きよし

    2008年3月25日放送の「ごきげんよう」に出演した際に「なだぎ」を「はだぎ」、「なぎら」などとよく間違われると告白。また、西川きよしの紹介で京都の料理屋に恋人である友近と食事に行った際に、誕生日でもないのにケーキが運ばれて来て、電気が消され「ハッピー バースデイ トゥー ユー」と店員に歌われたことがある。この原因は、西川から店に電話があった際に、店員がなだぎの事をなぎら健壱と聞き間違い、食事に行った日がたまたまなぎらの誕生日だったからだった(結局ケーキは勿体なかったので食べた)。バラエティー番組南パラZ!では国生さゆりからも「なぎらさん」と言われていた。また「徹子の部屋」に出演した際も黒柳徹子に「漢字の方(本名の「灘儀」)が覚え易い」と言われた。なだぎ武 フレッシュアイペディアより)

  • なだぎ武

    なだぎ武から見た東野幸治

    全国的に有名になった現在も実家に住んでいる事やR-1で獲得した賞金にまだ手をつけていない事を新春番組の「今年も生だよ芸人集合 笑いっぱなし伝説」(吉本芸人総出演の深夜番組)で司会の今田耕司と東野幸治にばらされた。本人は、「今まで地下生活が長かったもので」とコメント。なだぎ武 フレッシュアイペディアより)

  • なだぎ武

    なだぎ武から見た千原兄弟

    ザ・プラン9の結成が2001年であることや遅咲きであることから、一年後輩のナインティナイン、同期の千原兄弟やFUJIWARAなどが中堅芸人として扱われる一方若手芸人の扱いを受けることが多い。また、ブレイクした時期で考えるとお笑い第五世代の芸人に分類されているため、第五世代の芸人の中で最も芸歴が長い。プラン9本公演では主役や物語を大きく動かす役が多い。なだぎ武 フレッシュアイペディアより)

  • なだぎ武

    なだぎ武から見たどきどきキャンプどきどきキャンプ

    コラボカーペットで友近(ディラン&キャサリンとして)、中川家(コンビが1回、礼二のみが3回)、どきどきキャンプ(ディラン名義)、友近&バッファロー吾郎木村明浩(ピーター×ディラン&キャサリン名義)、やまもとまさみ、ジャングルポケット、次長課長河本準一、ココリコ田中直樹、ストリーク吉本峰之&中川家礼二(サウナコラボ名義)、ロバート秋山竜次と共演。なだぎ武 フレッシュアイペディアより)

  • なだぎ武

    なだぎ武から見たケンドーコバヤシ

    コンビ当時は「自分の顔をプリントしたTシャツを着て現れる」などといった変人キャラを演じる松村に対してなだぎが容赦なくツッコミを入れるが、松村はそれを無視するかのように延々とボケ続けるというスタイルのコントが多かった。シュールで奇天烈なキャラの松村とマシンガンのようなツッコミを繰り出すなだぎのコントラストが受けていたが、うめだ花月での大スベリをきっかけに劇場の出演が減り、2001年に解散した。なだぎはこの解散について後にナインティナインの番組「99プラス」(2008年3月25日放送)にて、「自分から松村へ(解散を)切り出した」と公言した。一旦は芸人引退を考えたがケンドーコバヤシやバッファロー吾郎や中川家に説得されてピン芸人で活動することを決意する。なだぎ武 フレッシュアイペディアより)

149件中 31 - 40件表示

「なだぎ武」のニューストピックワード