前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
172件中 1 - 10件表示
  • 感染症

    感染症から見た麻疹麻疹

    蜂窩織炎、脂肪織炎、ガス壊疽、せつ、よう、伝染性膿痂疹(とびひ)、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群、帯状疱疹、水痘、麻疹、風疹、皮膚白癬、疥癬など感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 天然痘

    天然痘から見た麻疹麻疹

    アル・ラーズィーが著書『天然痘と麻疹の書』(Kitab fi al-jadari wa-al-hasbah)において麻疹と天然痘の違いについて言明した。天然痘 フレッシュアイペディアより)

  • 盧天命

    盧天命から見た麻疹麻疹

    1912年9月2日、黄海道長淵郡蒪澤面に生まれる。父は西海盧氏の盧啓一、母は義城金氏の金鴻基、3人姉妹の次女。盧啓一は村の小地主で船関係の商売もしていたため、家は裕福な方であった。盧は生まれたとき、基善と名づけられたが、5歳のときに麻疹にかかり、危うく命を落としそうになる。この一件の後、天命と名を改めた。1920年、盧が9歳のとき、父が亡くなると、母方の実家があるソウルに移り住んだ。盧天命 フレッシュアイペディアより)

  • 青井忠治

    青井忠治から見たはしか麻疹

    生家は富山県小杉の旧家の分家で、一人息子として生まれる。1歳の時に父の事業破綻により母と引き離され、2歳ではしかのため左眼を失明。10歳で他家に嫁した母を、11歳で結核を病んで床に臥していた父を失う。青井忠治 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見たはしか麻疹

    デング熱(ねつ、まれにデンゲ熱とも、英:dengue fever、イギリス発音:、アメリカ発音:)は、デングウイルス(Dengue virus)が原因の感染症であり、熱帯病の一つである。一過性の熱性疾患であり、症状には、発熱、頭痛、筋肉痛、関節痛(Arthralgia)、はしかの症状に似た特徴的な皮膚発疹を含む。急性デング熱には支持療法が用いられ、軽度または中等度であれば、経口もしくは点滴による水分補給、より重度の場合は、点滴静脈注射や輸血といった治療が用いられる。稀ではあるが、生命を脅かすデング出血熱に発展し、出血、血小板の減少、または血漿(けっしょう)漏出を引き起こしたり、デングショック症候群に発展して出血性ショックを引き起こすこともある。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • 風疹

    風疹から見た麻疹麻疹

    伝染力は水痘、麻疹(はしか)より弱い。妊娠初期に妊婦が感染した場合の先天性風疹症候群が大きな問題となる。効果的な治療法は無く、ワクチンによる予防が最も重要である。風疹 フレッシュアイペディアより)

  • 修飾麻疹

    修飾麻疹から見た麻疹麻疹

    直接の原因は、通常の麻疹と同様、麻疹ウイルスに感染することである。修飾麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 伝染病

    伝染病から見た麻疹麻疹

    空気感染と呼ばれる。または医学的に飛沫核感染とも呼ばれる。空気中に飛散した病原体が空気中で飛沫の水分が蒸発して5マイクロメートル以下の軽い微粒子(飛沫核)となっても病原性を保ったまま、単体で3feet以上浮遊する。麻疹・水痘・結核は主にこの形式で伝染し、コロナウィルスでも可能性は示唆されている。伝染病 フレッシュアイペディアより)

  • イ・サン

    イ・サンから見たはしか麻疹

    清の商人事件を解決する手助けをした功績を認められ、懐妊したことでヘギョングンから正三品昭容(ソヨン)に叙せられた。正祖の最初の王子(元子、ウォンジャ)であるヒャンを産み、彼を世子とする為に正一品宜嬪に叙せられ、宜嬪成氏(ウィビン・ソン氏)となるが、間もなくして世子をはしかにより失う。イ・サン フレッシュアイペディアより)

  • 遅発性ウイルス

    遅発性ウイルスから見た麻疹麻疹

     これらに平行して亜急性硬化性全脳炎(SSPE)の研究で、ウイルスとしては比較的大型の麻疹ウイルスの存在が、1963年に電子顕微鏡で感染組織に証明された。その後、遅発性ウイルスの代表的存在となり、神経難病との関連が論じられた時期もあった。しかし、その後は、ウイルス感染症の特殊例としての扱いになった。遅発性ウイルス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
172件中 1 - 10件表示

「はしか」のニューストピックワード