172件中 91 - 100件表示
  • 徳川茂承

    徳川茂承から見た麻疹麻疹

    明治17年(1884年)7月7日、華族令により侯爵を叙爵し、明治23年(1890年)10月から貴族院議員を務める。日清戦争後、勲四等旭日小綬章を受章した。明治39年(1906年)8月、麻疹・肺炎に罹り療養していたが、尿毒症を併発し、同年8月20日午後3時50分に東京市麻布区飯倉町六丁目14番地(現在の東京都港区麻布台一丁目)の本邸で死去。享年63(満62歳没)。墓所は池上本門寺。菩提寺の長保寺には遺髪が埋葬された。家督は婿養子の頼倫(田安慶頼の六男)が継いだ。徳川茂承 フレッシュアイペディアより)

  • カメハメハ2世

    カメハメハ2世から見た麻疹麻疹

    1823年11月、カメハメハ2世と王妃はイギリスとの同盟関係の交渉を行うためロンドンへ向かうが、ジョージ4世との謁見を果たす前に王妃とともに麻疹にかかり、免疫を持たなかった王は1824年7月14日に死去した。弟カウイエカウリがカメハメハ3世として跡を継いだ。カメハメハ2世 フレッシュアイペディアより)

  • JIN-仁-

    JIN-仁-から見た麻疹麻疹

    本作のヒロイン。旗本橘家の娘。兄・恭太郎の命を救った仁に興味を持つ。やがて麻疹にかかり仁に命を救われたのを機に看護婦となり、虎狼痢(コロリ)にかかった仁を救うなど、公私共になくてはならない存在になる。仁が未来から来たことは本人から直接告げられている。旗本との縁談(後妻)が進んでいたが、結納の当日土壇場でこれを破棄し野風の手術に駆けつけたため栄から勘当され、仁友堂に身を寄せる。その後、楠本いね(楠本伊篤)との出会いから女医を志すようになる。JIN-仁- フレッシュアイペディアより)

  • ハワイの歴史

    ハワイの歴史から見た麻疹麻疹

    外交の発展により、ハワイ王国では貨幣経済が急速に浸透し、後払いによる外国製品の輸入を続けたため、みるみる負債が膨らんでいった。この状況を打破しようと、1823年11月23日、リホリホは王妃のカママルを連れ、貿易問題の解消を求めてイギリス・ロンドンへ赴いた。しかし一行は滞在先で麻疹に感染し、カママルは翌年7月8日に、リホリホは7月14日に他界してしまった。リホリホの死を受け、わずか10歳の弟、カウイケアオウリが翌1825年6月6日に大王に即位する。宣教師たちは実質的な実権を握る摂政カアフマヌに近づき、ハワイのキリスト教化をすすめることに成功した。ハワイの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • マーリー・マトリン

    マーリー・マトリンから見た麻疹麻疹

    生後18ヶ月で麻疹にかかり、右耳の聴力すべてと左耳の聴力の80%を失った。イリノイ州のユダヤ人家庭に育ち、7歳の時に『オズの魔法使い』のドロシー役で初舞台を踏む。マーリー・マトリン フレッシュアイペディアより)

  • 牧野忠鎮

    牧野忠鎮から見た麻疹麻疹

    長岡藩嫡子として誕生する。資性謹厳、純幸友愛の人であったが、生来病弱であった。享和2年から3年(1802年 - 1803年)まで麻疹を患う。『御附録』の享和2年11月11日の記事によると、15歳になったので御目見する予定だったが、足痛で取りやめとなり、翌年2月12日から3月10日まで熱海に湯治へ行き、5月18日に「麻疹御湯祝之」とある。牧野忠鎮 フレッシュアイペディアより)

  • 広島修道大学

    広島修道大学から見た麻疹麻疹

    2007年 商学部国際商学科を商学科に名称変更。6月5日?6月17日、麻疹により大学院以外の全ての学部が休講(大学始まって以来の大規模休講)。広島修道大学 フレッシュアイペディアより)

  • マーガレット・サンガー

    マーガレット・サンガーから見た麻疹麻疹

    サンガーは自由な思想を持っていた父親の影響を強く受けているが、女性の健康や出産への自分自身を含めた社会の無理解に深く失望したのは母親の死がきっかけであった。サンガーはまた、一般社会及び宗教上の権威者が女性を男性の下におき続けようとして、自らの発した性及び避妊に関するメッセージを検閲することも批判した。無神論者として、それらのメッセージに反対するキリスト教信仰を、反啓蒙主義的であり、女性問題について理解がなさすぎるとして攻撃した。女性の間で性病の危険性への認識が低く、治療機会も少ないことについて特に厳しく批判した。サンガーによると、これらの社会悪は体制側の男性の中に本能的に存在する女性を無視し続ける態度に因って来るものである。サンガーはまた現代社会が性病患者の登録管理を行っていないことにも痛罵を浴びせた(麻疹のような強制的に届け出を行っている感染症と対比させた。なお、2006年現在日本では麻疹は感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律の定点把握の対象であり、全数届出が求められる伝染病ではない)。マーガレット・サンガー フレッシュアイペディアより)

  • 近世における世界の一体化

    近世における世界の一体化から見た麻疹麻疹

    ヨーロッパよりアメリカ大陸にもたらされたもので重要なものには、世界宗教としてのキリスト教、コムギ・サトウキビ・コーヒーなどの農産品、馬・牛・羊などの家畜、車輪、鉄器があり、また、ヨーロッパ白人自身も入植者としてそれに含まれる。また、天然痘、麻疹、インフルエンザなどの伝染病があった。免疫をもたなかったインディアン民族はこれらヨーロッパからの伝染病によって激減した。後述するように、アフリカからはインディアンの労働力を補う目的で黒人奴隷が拉致連行された。近世における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 前田重教

    前田重教から見た麻疹麻疹

    当初、加賀藩年寄村井長堅の養子になる予定であったが、宝暦3年(1753年)5月に藩主となった異母兄・重靖の命により、村井との養子の約束を解消して前田家に留まる。同年10月5日、加賀藩は藩主であった重靖の病死を公表した。このとき、後継者であった重教はただちに江戸へ向かい、幕府から家督相続の許可を得る手はずだったが、麻疹にかかって出発できず、藩首脳部で大きな問題となる。宝暦4年(1754年)2月、健康を回復して金沢を出発し、江戸に向かう。同年3月11日、将軍徳川家重に御目見し、末期養子として家督を相続する。同年4月14日、正四位下左少将・加賀守に叙任、後に左中将に昇進した。前田重教 フレッシュアイペディアより)

172件中 91 - 100件表示

「はしか」のニューストピックワード