232件中 91 - 100件表示
  • フィンランドの医療

    フィンランドの医療から見た麻疹麻疹

    フィンランドはとりわけ専門医療、疾病スクリーニング、予防接種が発達しているとされる。乳がん検診プログラムが整備されており、50?69歳女性の84%が検診を受けている。小児のワクチン接種率は非常に高く、2歳以下幼児の99%が百日咳および麻疹の接種を受けている。フィンランドの医療 フレッシュアイペディアより)

  • ニュージーランドの歴史

    ニュージーランドの歴史から見た麻疹麻疹

    また、文化面では1807年以降、舶来のマスケット銃が持ち込まれるようになり、先住民同士の戦争形態にも大きな変革が起こった。殺傷力の高い武器を手にしたことによる抗争激化はヨーロッパ人が持ち込んだインフルエンザ、赤痢、百日咳、はしか、チフスといった病気とともに19世紀のマオリの人口減少を招いた一因と指摘されている。キリスト教は1814年、英国国教会を基盤とするチャーチ・ミッショナリー協会のサミュエル・マースデンによってもたらされた。馬などの家畜もこのとき持ち込まれたとされている。ニュージーランドの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 二川浩樹

    二川浩樹から見たはしか麻疹

    Etakは、水やエタノールあるいはその混合の溶媒に溶解することができ、0.06%程度の低濃度で布、木、ガラス、金属などに室温で数分間で固定化が可能である。処理した表面には、抗菌性がありグラム陽性菌(黄色ブドウ球菌、MRSA、表皮ブドウ球菌、セレウス菌、虫歯菌など)・グラム陰性菌(大腸菌、O157など)を接触性に殺菌する。また、エンベロープを持つウイルスも接触性に不活性化でき、A型インフルエンザウイルス(ヒト、トリ、豚)、B型インフルエンザウイルス、パラインフルエンザウイルス、(AからE型)肝炎ウイルス、はしかウイルス、ヘルペスウイルス、ムンプスウイルス、狂犬病ウイルスなどに有効である。Etakを用いることで容易に抗インフルエンザウイルス加工が可能になるため、空気感染や接触感染のによる感染拡大のリスクを下げることが期待できる。楠橋紋織によりこの技術を用いた抗ウィルスタオルが販売されている。二川浩樹 フレッシュアイペディアより)

  • フニペロ・セラ

    フニペロ・セラから見た麻疹麻疹

    「サンノゼ・デル・カボでのミッション」や、「サンチャゴ・デ・ラ・コラスでのミッション」については、あまりにも生き残ったインディアンが少なすぎて、報告書は残されておらず、パロウはただ「ほとんど全員が梅毒に罹った」とだけ書き記している。1602年にカリフォルニアに上陸したセバスティアン・ビスカイノを歓迎し、壊血病に苦しむ乗組員を助け、親切にもてなしたインディアンたちは、スペイン人が持ち込んだインフルエンザ、ジフテリア、麻疹、肺炎、百日咳、天然痘、マラリア、腸チフス、コレラ、結核、赤痢、梅毒、日常的なスペイン人移民の暴力によって、ここまででその数を2万人弱まで減らしていた。セラが引き継いだキリスト教伝道は、インディアンの減少をさらに加速させた。フニペロ・セラ フレッシュアイペディアより)

  • 高橋竹山

    高橋竹山から見た麻疹麻疹

    3歳の時に麻疹をこじらせて半失明する。その後近所のボサマ(盲目の門付芸人)であった戸田重次郎から三味線と唄を習い、17歳頃から東北北部・北海道を門付けしたという。高橋竹山 フレッシュアイペディアより)

  • サフランの取引と利用

    サフランの取引と利用から見た麻疹麻疹

    サフランのハーブ療法は、昔から民間医療に使われており、迷信も多く含まれている。まず、駆風剤(腸内のガスを取り、痛みを和らげる)、月経促進剤(骨盤血流を強化する)として使われた。中世ヨーロッパ人は、呼吸感染症や呼吸障害(例えば咳、風邪、猩紅熱、天然痘、癌、低酸素血、喘息)の治療に使った。また、血液疾患、不眠症、麻痺、心臓病、鼓腸、胃の不調と障害、痛風、慢性の子宮出血、生理痛、無月経(月経不順)、夜泣き、眼病などにも使われた。古代ペルシャ人、エジプト人は、サフランを媚薬、食中毒、胃炎、赤痢、麻疹の薬として使った。ヨーロッパの開業医は特徴説(Doctrine of Signatures)に基づいて、黄疸に対して同じ黄色であるサフランを治療に使っていた。サフランの取引と利用 フレッシュアイペディアより)

  • Who is 風生!?

    Who is 風生!?から見たはしか麻疹

    麗一直属の6人のナースの1人で、HHHの二階で働く小児科ナース。見た目は幼いが、年齢は24歳。「?でち」が口癖で、口調がやや幼い。崇美救出と風生に注射されたウイルスのワクチン入手のために風生を連れて麗一の下へ急ぐ千早たちの前に立ちはだかる。子供に扮して注射器を武器に千早たちに不意打ちを仕掛けてかわされるが、はしか・おたふく風邪・水ぼうそうに感染した子供たちに彼女たちを触らせて感染させようとする。しかし、風生以外は子供の頃に全員それらの病気にかかっていたため失敗。千早と葵に倒された。Who is 風生!? フレッシュアイペディアより)

  • フランク安田

    フランク安田から見た麻疹麻疹

    しかし、麻疹の流行で多くのイヌイットの村人が病死(フランク安田、ネビロ夫妻の1人娘キョウコも死んでいる)し、さらに鯨の不漁で食料危機に苦しんだ。その時、フランク安田はブロワーの紹介でアラスカで砂金を掘りにバローにやって来た、鉱山師トーマス・カーターと出会った。そして、フランク安田はカーターと、そして妻ネビロの他、助手として、数人のエスキモーも含めた一行は状況を見に行くため、ポイント・バローから出発した。イヌイットが住む村々は麻疹の影響で壊滅的だった。旅の途中、ジョージ大島と言う日本人と出会うが、後にフランク安田の前から去っていった。アナクトブック村に着いたフランク安田一行は、フランク安田を幕ってノームからポイント・バローに来てアナクトブック村に着いたイヌイットの一団が来る。その中にエスキモーの妻を連れた日本人ジェームス・ミナノと出会う。そして、カーターと金鉱探しの手伝いもしながら、イヌイットの為の新たな土地探しの為、フランク安田と妻ネビロ、カーター、ジェームス・ミナノと妻クナーナ、2人のイヌイットのセニックとカタブックの7人はアナクトブック村からブルックス山脈を越え、南下し出発した。旅の途中で鉱山で栄えるワイズマンと言う町に辿り着いた。フランク安田達は町周辺の森にあったロッジに落ち着いた。しかし、ワイズマンの鉱山監督局の出張所に寄った時、役人から新しい金鉱はもうないと告げられた。さらに、旅の資金がいよいよ底を突き、解散しなければならない事をカーターに告げられると、フランク安田は資金調達の為、ワイズマンのレストランで、コックとしてミナノと共に働く。カーターはフランク安田を信頼し、2人のイヌイットのセニックとカタブックを連れ、再び金鉱探しの旅に出かけた。フランクとミナノがレストランで働いている最中、フランクとミナノの妻たち(ネビロとクナーナ)はロッジで留守番をしていたが、ネビロはそこで1人娘を産んだ。フランク安田は幼い頃死んだ、実の妹のサダの名を娘に名付けた。そして1905年、旅に必要な資金が出来、ミナノ夫妻はワイズマンにそのまま留まり、フランクはカーターにその資金を渡し、再び一緒に金鉱探しの旅に出かけた。ワイズマンから東に移動し、シャンダラー川に向かった。その場所はバローから南へ600キロ、ユーコン川沿いにあり、フランクは辿り着いた。フランク安田 フレッシュアイペディアより)

  • プラネテス

    プラネテスから見た麻疹麻疹

    木星往還船の乗組員に選ばれる前後にフィーの言う「はしかみたいなもの」(実際の病気の麻疹ではなく、宇宙で働く者が陥りやすい精神的状態で、宇宙の広漠さにあてられ自身の存在理由を見失う状態)にかかり自分を見失うが、「一人では生きていけない」という悟りをタナベに関わる中で見いだし、おそらく彼女が持つであろう答えを尋ねに地球へ降りて、後に求婚した。プラネテス フレッシュアイペディアより)

  • モヒカン族

    モヒカン族から見た麻疹麻疹

    その頃、この地に定住するモヒカン族は、敵対するモホーク族との間で緊張が続き、戦っていた。結局モヒカン族は領有していたマヒカニタックの西から追い出された。その後、イギリスがオランダに代わり入植地を領有すると、さらにモヒカン族の土地は奪われ追い出されてしまった。さらにヨーロッパ人が持ち込んだ天然痘、麻疹、ジフテリア、猩紅熱といったアメリカ先住民が知らない病気により多くのモヒカン族が死んだ。生き残ったモヒカン族の一部は、デラウェア族とイロコイ連邦の部族の付近の部族に避難を求めた。他の多くの者は、ストックブリッジ(現マサチューセッツ州)に移住した。モヒカン族 フレッシュアイペディアより)

232件中 91 - 100件表示