232件中 101 - 110件表示
  • スペインの歴史

    スペインの歴史から見た麻疹麻疹

    1521年にはエルナン・コルテスがアステカ文明を滅ぼし、1520年代中にはペドロ・デ・アルバラードがマヤ文明を滅ぼし、続いて1532年にフランシスコ・ピサロはインカ文明を滅ぼし、スペイン人によって三つの文明が滅ぼされ、アメリカ大陸本土はあらかたスペインの植民地となった。このような新大陸での探検と征服が進む一方で、スペイン人による先住民の支配は社会の荒廃と資源の収奪を極め、メキシコや中央アメリカ、アンデス地方では麻疹や天然痘、百日咳などで人口が激減し、1545年に現ボリビアのポトシ銀山で銀の採掘が開始されると、先住民は徴発され「ミタ」と呼ばれる賦役制度を課された。こうした重労働や疫病とあいまって、アンデス地域のインディオの共同体は軒並み甚大な打撃を受け、西インド諸島のようにインディオが絶滅する地域もあった。1550年にはこのような状況の是非を問う「バリャドリード論争」が、ラス・カサスとセプルベダの間で展開された。スペインの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • パタゴン

    パタゴンから見た麻疹麻疹

    パタゴニア以外のインカ帝国など南米各地の人々は16世紀中にはヨーロッパ人の激しい簒奪に遭い殺され、その支配下におかれ衰弱していったが、辺境で農業に向かないパタゴニアにヨーロッパ人が進出してくるのは少し先であった。18世紀半ばスペインへの対抗勢力であるチリのマプチェ族(アラウカノ族)がパタゴニアに勢力を伸ばし、テウェルチェ族はその文化にも影響を受け(アラウカノ化)ていき(テウェルチェの名自体がマプチェ語に由来するものである)勢力も衰えていった。さらにヨーロッパ人が大陸から持ち込んだ天然痘やチフス、麻疹などの伝染病はインカをはじめ免疫を持たなかった南アメリカの諸民族を甚だしく減少させたが、ヨーロッパ人の持ち込んだ伝染病に免疫を持たなかった点はテウェルチェ族についても同様であり疾病で人数を減らしている。パタゴン フレッシュアイペディアより)

  • 葦原検校

    葦原検校から見た麻疹麻疹

    寛政9年(1797年)4月11日、江戸桜田に木曾忠代夫義富の子として生まれた。7歳の時麻疹に罹患して失明したため、当道座岸村検校に入門し、剃髪して英俊と号し、金子勾当、村井快悦、坂幽玄に鍼術を学んだ。葦原検校 フレッシュアイペディアより)

  • 若沢寺

    若沢寺から見た麻疹麻疹

    仁王門は中央部が通路になっていて、常時通ることができる。しかし金剛力士像に触れることはできない。毎年4月20日前後の週末2日間に仁王尊股くぐり祭りが行われる。これは、幼児を向かって右の阿形像の両足の間に入れて、右足と衣の裾の間をくぐらせる行事である。昔ハシカが流行した際に、仁王像の股をくぐったことでハシカが軽くすんだとの故事に由来したもので、2日間に1000組以上が来場するという。学齢期前くらいまでの体のサイズであればくぐることができる。2012年の祭りは4月21日?22日で、25回目の仁王尊股くぐり祭りだった。入場無料・駐車無料、地元ボランティアによる駐車誘導がある。若沢寺 フレッシュアイペディアより)

  • ビーバー (アラスカ州)

    ビーバー (アラスカ州)から見た麻疹麻疹

    アラスカ州のゴールドラッシュ時の1907年、日本人フランク安田とイヌピアック・エスキモーの妻ネビロと2名のエスキモーは鉱山師トマス・カーターと共に、金鉱を探しにバローから出発した。一行はワイズマンに行き。その後、フランク安田とネビロの2人はシャンダラー地域に行き、シャンダラー川で金を発見する。金の発見後、フランク安田はカーターに報告し、カーターはシャンダラー地域で金の取引ポストを始める。フランク安田は麻疹や天然痘などで壊滅的打撃を受けたポイント・バロー(バロー岬)のイヌピアック・エスキモーが安住して暮らせる場所を探していた。カーターからユーコン川付近にはムースなど動物がいて狩猟も出来るし、シャンダラー金鉱の交通地点として良いと言われ、ユーコン川沿いにエスキモーの彼らのために村を作ろうと決める。友人のジョージ大島からユーコン川にはビーバーが生息していると聞き、フランク安田は村を作る際に、そのままビーバーと命名した。ビーバーが位置する場所にはエスキモーと対立する、アサバスカ語族のインディアンの居住地の近くだったため、フランク安田は、アサバスカ・インディアンと生活した事があり、アサバスカ語も話せるジョージ大島を通訳に、アサバスカ語族の首長と交渉に当たった。交渉に成功した後の1911年フランク安田はポイント・バローに戻り、妻のネビローやフランク安田夫妻に同調した数百人のエスキモー一団を連れ、ブルックス山脈を越え、ユーコン川沿いの村となるビーバーの場所に辿り着いた。フランク安田はその活躍から「ジャパニーズモーゼ」あるいは「アラスカのサンタクロース」などとも呼ばれた。辿り着いたエスキモー達はフランク安田が建てて置いた丸太小屋の家に落ち着いた。ビーバー村はカーターが経営するシャンダラー鉱山の交通拠点として川船に薪を供給し、エスキモーとインディアンの毛皮の取引した。1913年に郵便局が設立され、1920年代初期に第2の取引ポスト場が開かれた。1928年にフランク安田により学校が作られ、滑走路は1930年代に敷設された。エスキモーの他、インディアンや白人が入り込み、村はビーバーの毛皮取引で村は栄え、人口も300人を一時越えたが、村の存在に欠かせない存在であるフランク安田が1942年日系人捕虜強制収容に収容するため連行されると、ビーバー村の人口は若者を中心に激減し村は寂れていった。1950年代から1970年代の人口は比較的安定していた。1974年に、村民が家畜の株式を持ち、ビーバービレッジ議会は地元の店を購入し、協同組合が発足した。ビーバー (アラスカ州) フレッシュアイペディアより)

  • フォートユーコン

    フォートユーコンから見た麻疹麻疹

    1800年代から1900年代初頭までは毛皮交易や北極海沿岸での調査捕鯨、カナダのクロンダイクでのゴールドラッシュにより、フォートユーコンは経済発展を遂げ、人口も増えた。しかし、当時のアラスカで流行った麻疹や天然痘などの病気により、フォートユーコンの人口は激減する。また、1949年には洪水の被害により多くの家などが破壊され、フォートユーコンは壊滅的打撃も受けた。フォートユーコン フレッシュアイペディアより)

  • アッパーダービー (ペンシルベニア州)

    アッパーダービー (ペンシルベニア州)から見た麻疹麻疹

    1650年、後にアッパーダービーとなった地域には数百年前からレナペ族インディアンが住んでいたが、西部に住んでいたサスケハノック族との戦争に加え、天然痘や麻疹など疫病の影響で著しく人口を減らした。ヨーロッパ人開拓者で最初の恒久的な存在は、1653年にニュースウェーデンから到着した集団だった。それから間もない1655年、ニュースウェーデンはオランダに占領され、さらに1664年10月、イングランドによるニューアムステルダム全体の征服の一部として、イングランドの支配下に入った。この地域はイングランド王の所有地として支配されていたが、1681年にウィリアム・ペンに与えられた大規模払下げ地に含まれていた。アッパーダービー (ペンシルベニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ハワイの歴史

    ハワイの歴史から見た麻疹麻疹

    外交の発展により、ハワイ王国では貨幣経済が急速に浸透し、後払いによる外国製品の輸入を続けたため、みるみる負債が膨らんでいった。この状況を打破しようと、1823年11月23日、リホリホは王妃のカママルを連れ、貿易問題の解消を求めてイギリス・ロンドンへ赴いた。しかし一行は滞在先で麻疹に感染し、カママルは翌年7月8日に、リホリホは7月14日に他界してしまった。リホリホの死を受け、わずか10歳の弟、カウイケアオウリが翌1825年6月6日に大王に即位する。宣教師たちは実質的な実権を握る摂政カアフマヌに近づき、ハワイのキリスト教化をすすめることに成功した。ハワイの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 疫病

    疫病から見た麻疹麻疹

    日本の歴史上、疫病として流行したと考えられているものに、痘瘡(天然痘)・麻疹(はしか)・赤痢・コレラ・インフルエンザ・癩・結核・梅毒などがあげられる。こうした病気は元々特定の地域の風土病であったが、文明・文化・社会の発展と異世界との交流拡大による人や文物の往来に伴い、これまで同種の病が存在しなかった地域にも伝播し、中には世界的に流行するようになったと考えられている。例えば、コレラは日本では19世紀に初めて発症したとされ、それ以前には存在しなかったとされている。疫病 フレッシュアイペディアより)

  • 東アフリカ大旱魃 (2011年)

    東アフリカ大旱魃 (2011年)から見た麻疹麻疹

    ケニアのダダーブの難民キャンプでは、不衛生と栄養不足により、2011年7月までに、462人に麻疹の症状が見られ、11人が死亡している。エチオピアとケニアでも麻疹が流行し、2011年の最初の6ヶ月で1万7500人が罹患していると報告されている。2011年7月に報告されたWHOの予測では、200万人の子供が麻疹にかかる可能性があるとされている。東アフリカ大旱魃 (2011年) フレッシュアイペディアより)

232件中 101 - 110件表示

「はしか」のニューストピックワード