232件中 111 - 120件表示
  • ポンペイ島

    ポンペイ島から見た麻疹麻疹

    更に船員達からもたらされた病気も深刻な影響を与えた。天然痘は1840年代初頭から流行が始まり、1854年の流行では半年間に2,000〜3,000名の死者を出した。1820年代には10,000人を超えていた島の人口は、1850年代後半には約2,000人まで減少している。この後もインフルエンザ、はしか等の流行が散発した。ポンペイ島 フレッシュアイペディアより)

  • 雲松院

    雲松院から見た麻疹麻疹

    享保2年(1717年)8月1日出生。生母は斉藤氏。徳川宗将の異母姉で、熊本藩主細川宗孝の正室である喜姫の同母姉にあたる。同6年(1721年)に疱瘡、同15年(1730年)に麻疹を患う。雲松院 フレッシュアイペディアより)

  • パトリシア・ニール

    パトリシア・ニールから見た麻疹麻疹

    1960年12月、生後4ヶ月の長男テオが交通事故で脳に障害を負う。1962年11月には長女オリヴィア(当時7歳)を麻疹脳炎で亡くす。パトリシア・ニール フレッシュアイペディアより)

  • アポロ16号

    アポロ16号から見た麻疹麻疹

    マッティングリーは元々はアポロ13号の正搭乗員だったが、補助搭乗員だったデュークが子供の一人から麻疹のウイルスをもらっており、結果としてウイルスに晒されることとなった。マッティングリーは罹患していなかったものの、打ち上げの三日前に補助搭乗員のジャック・スワイガート (Jack Sweigert) と交代させられた。海軍軍人である船長のヤングは、この飛行以前にもジェミニ3号、ジェミニ10号、アポロ10号で宇宙に行ったことのあるベテランだった。またアポロ10号では月を周回した。デュークはアポロ10号では補助搭乗員を、アポロ11号では宇宙船通信担当官 (Capsule Communicator, CAPCOM) を務めていたが、1966年にNASAによって選出された19人のアポロ計画の宇宙飛行士の中ではまだ一度も宇宙に行ったことがなかった。アポロ16号 フレッシュアイペディアより)

  • 半田稲荷神社

    半田稲荷神社から見た麻疹麻疹

    和銅4年(711年)の創建とも永久年間(1113年-1117年)の創建ともいわれる古社である。江戸中期以降は麻疹と安産の神様として知られ、歌舞伎や狂言にも描かれている。子供の疱瘡、麻疹、安産祈願の参詣が多く、明和・安永(1764年-1781年)の頃には願人坊主が「葛西金町半田の稲荷、疱瘡も軽い麻疹も軽い…」と節面白く全国を謡い踊り歩いたと言われ、歌舞伎舞踊でも演ぜられるようになった。境内御神水の玉垣には市川團十郎や尾上菊五郎などの歌舞伎役者の名前が彫られている。半田稲荷神社 フレッシュアイペディアより)

  • シャルル=オルラン・ド・フランス

    シャルル=オルラン・ド・フランスから見たはしか麻疹

    国王夫妻のただ一人の王位継承予定者を守るためのあらゆる措置がとられたにもかかわらず、王子ははしかにかかりアンボワーズ城で亡くなった。国王夫妻にはその後も男児が生まれたが、乳児期に早世したため、オルレアン公ルイが王位継承予定者であることが明らかになった。シャルル=オルラン・ド・フランス フレッシュアイペディアより)

  • マリア・ニコラエヴナ (ニコライ2世皇女)

    マリア・ニコラエヴナ (ニコライ2世皇女)から見た麻疹麻疹

    1917年2月23日(グレゴリオ暦で3月8日)に首都ペトログラードにおいて二月革命が勃発した。この前日にニコライ2世は最高司令官の職務を果たすべくモギリョフにあるスタフカに向かうために首都を離れたばかりだった。この大混乱のさなかにニコライ2世の5人の子供全員がはしかに襲われた。5人の子供の中で最も健康で、最後に羅患したマリアは皇室に忠誠を尽くすよう兵士達に嘆願するために2月28日(グレゴリオ暦で3月13日)夜にアレクサンドラと一緒に外に出た。まもなく病気になり、瀕死の状態になった。彼女は回復の兆しを見せるまで父親が退位したことを知らされなかった。このはしかが治った後、マリアは非常に細身の体型になった。アレクサンドラから退位を知らされた時の様子をマリアは「ママは嘆き悲しみました。私も泣きました。でも、その後のお茶の時にはみんなで笑おうと努めました」とアンナ・ヴィルボヴァに語っている。マリア・ニコラエヴナ (ニコライ2世皇女) フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ド・フランス (1707-1712)

    ルイ・ド・フランス (1707-1712)から見た麻疹麻疹

    ブルゴーニュ公ルイ(ルイ14世の嫡男グラン・ドーファンの長男)とその妻でサルデーニャ王ヴィットーリオ・アメデーオ2世の娘であるマリー・アデライードの間の第2子、次男として生まれた。1712年2月に母、次いで父が麻疹に罹って相次いで死去した際、父から王太子の地位を引き継いだ。しかし自らも両親から麻疹に感染しており、発病してわずか5歳で死去した。遺骸は王家の墓所サン=ドニ大聖堂に葬られた。3歳年下の弟アンジュー公(ルイ15世)が次の王太子となった。ルイ・ド・フランス (1707-1712) フレッシュアイペディアより)

  • マリー・アデライード・ド・サヴォワ

    マリー・アデライード・ド・サヴォワから見た麻疹麻疹

    1711年にグラン・ドーファンが死去したため、代わって夫が王太子に立てられた(プチ・ドーファンと呼ばれる)。しかし翌1712年に天然痘(あるいは麻疹)が一家を襲い、2月12日にマリー・アデライードが、2月18日にブルゴーニュ公が、3月8日に次男が相次いで死去した。難を逃れた三男が1715年、曾祖父ルイ14世の死後にルイ15世として即位した。マリー・アデライード・ド・サヴォワ フレッシュアイペディアより)

  • アンヌ・ド・ブルターニュ

    アンヌ・ド・ブルターニュから見た麻疹麻疹

    シャルル=オルラン(1492年 - 1495年) - 麻疹のため3歳で早世アンヌ・ド・ブルターニュ フレッシュアイペディアより)

232件中 111 - 120件表示

「はしか」のニューストピックワード