232件中 131 - 140件表示
  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見た麻疹麻疹

    すなわち、コレラ、インフルエンザ、マラリア、麻疹、ペスト、猩紅熱、睡眠病(嗜眠性脳炎)、天然痘、結核、腸チフス、黄熱などが、ユーラシアとアフリカからアメリカ大陸へもたらされた。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • GM〜踊れドクター

    GM〜踊れドクターから見た麻疹麻疹

    祖父が原因不明の足の痛み(のちにむずむず脚症候群と判明)を抱え、何年も病院をたらい回しにされたあげく、最後は精神病扱いまでされ、家族で苦しんだ経験から、医者になったらきちんと診断できるようになろうと総合診療医を志した。院内感染が広がるなか、高熱を出して倒れるが、後藤たちによりはしかと診断される。GM〜踊れドクター フレッシュアイペディアより)

  • 物集高量

    物集高量から見たはしか麻疹

    1882年に帰京し東京市本郷区弓町(東京都文京区本郷)に住む。この時1883年、父の高見が東京帝国大学講師となった。1884年、父の教育方針で4歳9ヶ月にして本郷小学校に入れられるが、第1学年で落第を経験。1885年2月3日、はしかを患う。後遺症で骨膜炎となり、終生左脚の自由を失う。療養期に母や姉から疎んじられ、金食い虫と呼ばれて屈辱に耐える。同じ頃「絵本通俗三国志」「西遊記」「漢楚軍談」などを耽読。1889年11月、母と姉が相次いで病死。1891年に継母を迎える。物集高量 フレッシュアイペディアより)

  • 犀角

    犀角から見た麻疹麻疹

    鮫皮で粉末にし、1日に2?4グラム使用すると麻疹の解熱薬として顕著な効果があるとされる。犀角 フレッシュアイペディアより)

  • マーガレット・サンガー

    マーガレット・サンガーから見た麻疹麻疹

    サンガーは自由な思想を持っていた父親の影響を強く受けているが、女性の健康や出産への自分自身を含めた社会の無理解に深く失望したのは母親の死がきっかけであった。サンガーはまた、一般社会及び宗教上の権威者が女性を男性の下におき続けようとして、自らの発した性及び避妊に関するメッセージを検閲することも批判した。無神論者として、それらのメッセージに反対するキリスト教信仰を、反啓蒙主義的であり、女性問題について理解がなさすぎるとして攻撃した。女性の間で性病の危険性への認識が低く、治療機会も少ないことについて特に厳しく批判した。サンガーによると、これらの社会悪は体制側の男性の中に本能的に存在する女性を無視し続ける態度に因って来るものである。サンガーはまた現代社会が性病患者の登録管理を行っていないことにも痛罵を浴びせた(麻疹のような強制的に届け出を行っている感染症と対比させた。なお、2006年現在日本では麻疹は感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律の定点把握の対象であり、全数届出が求められる伝染病ではない)。マーガレット・サンガー フレッシュアイペディアより)

  • 弘前天満宮

    弘前天満宮から見た麻疹麻疹

    樹高11メートル、幹周2.6メートルの枝垂桜。藩政期の大行院時代の名残から「大行院のシダレザクラ」と呼ばれることもあり、地域住民には古くから信仰の対象とされたらしく傍らには麻疹の平癒に利益があるという祠が祀られる。大正9年(1920年)に東京朝日新聞が100本を選定した「全国大桜番付」の中に「弘前の枝垂桜」として18番目に番付され、当時は幹囲3丈(約9メートル)、樹高4丈(同12メートル)と記録されており、9メートルの幹周だと樹齢は500年以上、700年から800年と推定されるので、大正9年時点で樹齢500年以上を経た県内最古の1本と考えられるが、昭和前半期(20世紀前葉)に樹勢が衰弱したといわれ、幹の北半分は往時のままの姿を誇っているものの大半は失われている。弘前天満宮 フレッシュアイペディアより)

  • 徳川継友

    徳川継友から見た麻疹麻疹

    享保15年11月27日(1731年1月5日)に後継者がいないまま麻疹のため死去した。享年39。異母弟の松平主計頭通春(後の徳川宗春)が跡を継いだ。徳川継友 フレッシュアイペディアより)

  • 長くつ下のピッピ

    長くつ下のピッピから見たはしか麻疹

    冬、はしかを患い2週間寝込んで衰弱したトミーとアンニカ。ピッピは二人の転地療養をセッテルグレーン夫妻に申し出、認められる。行き先はエフライム船長が族長を務める南の島。寄航した船長の船に乗り、一ヶ月の予定で大旅行。クリスマスを過ぎた1月始めに帰国する。長くつ下のピッピ フレッシュアイペディアより)

  • 徳川綱吉

    徳川綱吉から見た麻疹麻疹

    嫡男の徳松が死去した後の将軍後継問題では、綱吉の娘婿(娘・鶴姫の夫)である徳川綱教(紀州徳川家)が候補に上がったが徳川光圀が反対したという説もある。宝永元年(1704年)、6代将軍は甥(兄・綱重の子)で甲府徳川家の綱豊(のちの家宣)に決定する。綱吉は宝永6年(1709年)1月10日に成人麻疹により死去、享年64。徳川綱吉 フレッシュアイペディアより)

  • カメハメハ2世

    カメハメハ2世から見た麻疹麻疹

    1823年11月、カメハメハ2世と王妃はイギリスとの同盟関係の交渉を行うためロンドンへ向かうが、ジョージ4世との会見を果たす前に王妃とともに麻疹にかかり、免疫を持たなかった王は1824年7月14日に死去した。弟カウイエカウリがカメハメハ3世として跡を継いだ。カメハメハ2世 フレッシュアイペディアより)

232件中 131 - 140件表示

「はしか」のニューストピックワード