232件中 141 - 150件表示
  • レイ・チャップマン

    レイ・チャップマンから見た麻疹麻疹

    妻のケイティは死亡事故当時に第1子の女子を妊娠中であり、チャップマンの死後にビジネスマンの男性と再婚した。彼女は最愛の夫の死後はうつ病の発作に苦しみ、1928年4月20日に毒の含まれる洗浄液を飲んで自殺した。娘は継父に育てられたが、1929年にはしかに罹り、亡くなった。レイ・チャップマン フレッシュアイペディアより)

  • ナポレオン・シャグノン

    ナポレオン・シャグノンから見たはしか麻疹

    2000年にジャーナリスト、パトリック・ティアニーは『エルドラドの闇』を出版し、シャグノンと同僚の人類遺伝学者ジェームズ・ニールがヤノマミ族の間で意図的にはしかを流行させていると告発した。歴史家、疫学者、人類学者とこの問題に直接関わっていた映画製作者たちはティアニーの主張を調査した。彼らははしかの流行に関して告発を拒絶した。2000年11月にはミシガン大学の学長のオフィスにおいて、エルドラドの闇の告発のほとんどが公的に拒否された。例えば『エルドラドの闇』が根拠としていたインタビューは全て、シャグノンが本の中で批判し怒らせたローマカトリック教会(サレジオ会)のメンバーのものだった。ナポレオン・シャグノン フレッシュアイペディアより)

  • ウイルス

    ウイルスから見た麻疹麻疹

    ウイルス感染は、細胞レベルだけでなく多細胞生物の個体レベルでも、さまざまな病気を引き起こす。このような病気を総称してウイルス感染症と呼ぶ。インフルエンザや天然痘、麻疹、後天性免疫不全症候群(AIDS)などの病気がウイルス感染症に属しており、これらのウイルスはしばしばパンデミックを引き起こして人類に多くの犠牲者を出した。ウイルス フレッシュアイペディアより)

  • バーナード・リムランド

    バーナード・リムランドから見たはしか麻疹

    「1964年に私の自閉症に関する教科書が出版されて間もなく、私は他の自閉症児の親たちから連絡をもらいました。多くの親たちが私に、彼らの子どもは3種混合ワクチン(ジフテリア・百日咳・破傷風混合ワクチン)の予防注射を受けるまでは普通だったと言いました。1965年、私は体系的に自閉症の兆候や考えうる原因についてのデータを収集し始めました。1967年、つまり今から33年前、私は3種混合ワクチンに対する子どもの反応について、詳細に親たちに質問を始めました。多くの場合、著しい変質が報告されました。ここ数年の間に、アメリカ自閉症研究協会は、世界中の自閉症児の親たちから助けを求める嘆願が急増してあふれんばかりになっています。そしてその地域は、WHOの予防注射のガイドラインに従っている場所なのです。これらの自閉症児の親たちの大多数は、自分たちの子どもは別のMMRワクチンの3種混合予防注射(はしか、おたふく風邪、風疹)を受けるまでは正常だったと言います。」バーナード・リムランド フレッシュアイペディアより)

  • メンフィスの戦い

    メンフィスの戦いから見た麻疹麻疹

    戦闘は長射程の砲撃の応酬から開始され、北軍の砲艦は川を横切るように戦列を布き、船尾の大砲を向かってくる綿装甲艦に向けて発砲した。4隻の衝角艦のうち2隻は砲艦の戦列より前に出て敵船に衝角攻撃を行うか他の方法で進路を妨害した。他の衝角艦は命令を誤解しており、全く戦闘に加わらなかった。北軍の衝角艦と砲艦はその動きを協調させてはおらず、南軍の艦艇は独立して操船していたので、戦闘は間もなく乱戦になった。北軍衝角艦の旗艦クィーン・オブ・ザ・ウェストが真っ先に南軍カーネル・ラベルの衝角攻撃で損害を受けた。クィーン・オブ・ザ・ウェストはさらに1隻以上の綿装甲艦によって次々と衝角攻撃を受けた。エレト大佐がこの時拳銃で撃たれて膝を負傷し、これが北軍側では唯一の人的損失になった(病院に収容されたエレトは麻疹に感染した。この子どもの病気は戦争中に約5,000名の兵士の命を奪っていた。この病気と傷による衰弱が重なり、容態は深刻な状況になり、エレトは6月21日に死んだ)。この後の戦闘の経過は、硝煙のために曖昧である。目撃者の証言もあるが、通常よりかなり矛盾が多い。確かなことは、戦闘が終わった時に1隻を除いて全て綿装甲艦が破壊されるか捕獲されており、北軍はクィーン・オブ・ザ・ウェスト1隻だけが航行不能になっていた。南軍では、唯一ジェネラル・アール・ヴァン・ドーンだけが逃亡し、ビックスバーグの直ぐ北にあるヤズー川の防御地点まで逃げた。南軍の人的損失は信憑性のある推計ができていない。メンフィスの戦い フレッシュアイペディアより)

  • 汽車のえほん

    汽車のえほんから見たはしか麻疹

    1942年、ウィルバート・オードリー牧師は、息子クリストファーがはしかにかかっていたとき、ある機関車の物語の詩を語り聞かせた。その内、特にクリストファーが好きだった詩は次のようなものである。汽車のえほん フレッシュアイペディアより)

  • 中途視覚障害者

    中途視覚障害者から見た麻疹麻疹

    日本においては緑内障、糖尿病網膜症、網膜色素変性症が中途視覚障害の三大原因と呼ばれている。そのほかに網膜剥離、ぶどう膜炎、白内障などもある。はしか(麻疹)やハンセン病などの感染症による失明は、現在ではほとんど見られなくなった。近年では加齢黄斑変性の割合が増えている。中途視覚障害者 フレッシュアイペディアより)

  • インカ帝国

    インカ帝国から見た麻疹麻疹

    こうした状況の中、伝染病が壊滅的な打撃を与えた。さらに、ヨーロッパから到来した他の病気の波により更に人口は減少した。1546年(推定)のチフス、1558年のインフルエンザと天然痘、1589年の天然痘再流行、1614年のジフテリア、1618年の麻疹、こうしてインカ文化の残滓は破壊された。1572年、インカの最後の要塞が征服され、マンコ・インカの皇子で最後の皇帝トゥパック・アマルは捕らえられ、クスコで処刑された。ここにインカ帝国の政治的権威下でのスペインによる征服への抵抗は終結した。インカ帝国 フレッシュアイペディアより)

  • メキシコの歴史

    メキシコの歴史から見た麻疹麻疹

    1492年にクリストーバル・コロンがアメリカ大陸を「発見」すると、ヨーロッパ人によるアメリカ大陸の征服が始まった。1519年にスペイン人エルナン・コルテスがメキシコに上陸すると、スペイン人をアステカの神ケツァルコアトルと思った皇帝モクテスマ2世はスペイン人たちを招きいれた。1520年に先住民の反乱がおきると一時撤退するが、アステカ帝国に圧迫されていたトラスカラ王国の助けを得て反撃。一方のアステカ人はスペイン人の持ち込んだ麻疹や天然痘に苦しみ、スペイン人への抵抗は困難を極めた。モクテスマの甥である皇帝クアウテモックは首都から船で脱出しようとしたところをコルテス軍につかまり、1521年8月31日、アステカ帝国は滅亡した。メキシコの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • シャルル・ジュール・アンリ・ニコル

    シャルル・ジュール・アンリ・ニコルから見た麻疹麻疹

    ニコルはチンパンジーやモルモットを用い、患者から採取したシラミに接触すると発疹チフスを発病することを1909年に確認した。ニコルの発見は1914年に始まった第一次世界大戦で発疹チフスを予防するために役立った。発疹チフスのほか、麻疹やマルタ熱(地中海胃性弛張熱)に関する業績もある。シャルル・ジュール・アンリ・ニコル フレッシュアイペディアより)

232件中 141 - 150件表示

「はしか」のニューストピックワード