232件中 151 - 160件表示
  • A型肝炎

    A型肝炎から見た麻疹麻疹

    ワクチン接種による能動免疫ではなく、免疫グロブリンによる受動免疫の方法もある。早期にA型肝炎、麻疹、ポリオの免疫力を得たいとき、またはその治療の際に使用するが、免疫有効期間は約3ヶ月間と短い。ヒト免疫グロブリン製剤は、日本において採取された献血血液を原料としている。血液製剤である以上、スクリーニング出来ていない感染症(プリオン:クロイツフェルト・ヤコブ病など)や検査にて検出されなかったものによる感染症伝播のリスクを完全に排除することはできない。その他の問題点は、日本国内のA型肝炎抗体保有者率とその抗体価が低下しているため、国内で採取された血液の抗体価が、海外に比べやや低めになっている可能性が否定できない。接種量は体重換算で決定し、筋肉内に投与する。A型肝炎 フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの農奴制

    ロシアの農奴制から見たはしか麻疹

    エカチェリーナ2世統治下のロシアを旅した外国人は、ロシアの貴族が宮殿のような邸宅に住み、多数の召使いをかかえて豪奢な生活を送っていることに驚嘆している。それに対し、ロシアは小麦の世界的な産地であったにもかかわらず、上等なものは西欧向けの輸出にまわされ、「国民の口に入ることはほとんどない」という状態だった。科学者ミハイル・ロモノーソフの証言によれば、当時の新生児は5人のうち4人までが3歳までに死亡している。天然痘やはしかなどの感染症が主な死因であったが、それはさらに農奴たちの劣悪な生活環境に由っていた。また、洗礼の際に冷水に浸すという習慣も原因のひとつであった。ロシアの農奴制 フレッシュアイペディアより)

  • アポロ13号

    アポロ13号から見たはしか麻疹

    発射の2日前、予備搭乗員の1人であったチャーリー・デュークが、自分の子供からはしかをうつされた。船長のラヴェルと着陸船操縦士ヘイズは免疫があったが、司令船操縦士のケン・マッティングリーは持っていなかったため、予備搭乗員のジャック・スワイガートと交替になった。マッティングリーは後にアポロ16号とスペース・シャトルSTS-4、STS-51-Cで飛行し、海軍少将まで昇進した後、NASAおよび海軍から退役した。13号が危機に陥っている間、彼は管制センターで司令船をいかに最小限の電力で使用するかということを、シミュレーターで検討した。アポロ13号 フレッシュアイペディアより)

  • 壺井栄

    壺井栄から見たはしか麻疹

    1915年(大正4年)郵便局、役場に勤める。この頃から幼少期よりの無理がたたり、肋膜炎症や脊椎カリエスを患うようになる。1922年にははしかにかかり、かかった医者の医療の後手のために生死の境をさまよう羽目に陥る。この頃、里帰りをしていた隣村の壺井繁治と知り合い、交流を持つようになる。1925年に上京し、繁治と結婚。東京都豊多摩郡世田谷町字三宿(現在の世田谷区三宿町)に居を構え、後に太子堂に移る。この頃、夫の文士活動の影響から林芙美子、平林たい子、佐多稲子、宮本百合子らと親交を持つようになる。この頃から周囲の見様見真似で手習い作品を執筆するようになった。執筆作は夫や周囲の人々の計らいで彼らの同人誌や機関誌に載せられるようになる。(この時期の作品は基本的に「身内に向けた作品が周囲の手によって雑誌に載せられたもの」であるためデビュー作とはみなされない事が多い)壺井栄 フレッシュアイペディアより)

  • BCG

    BCGから見た麻疹麻疹

    第二次世界大戦の後、その被害を大きく受けた東欧諸国を中心に、結核の世界的蔓延が危惧された。そこでデンマーク赤十字社は1947年、ポーランドやドイツなどに医療チームを派遣してBCGワクチン接種を積極的に行った。その翌年にはスウェーデン赤十字社とノルウェーのヨーロッパ救済機構が同調し、国際連合児童基金(UNICEF)がこれに基金の提供を行った。この活動に世界保健機関(WHO)と被支援国側の衛生当局が加わり、国際結核キャンペーン(ITC, International Tuberculosis Campaign)が行われ、BCGワクチン接種が世界中に広まるきっかけになった。ITCの活動は1951年にWHOに移管され、1974年には、WHOが推進する予防接種拡大計画(EPI, Expanded Programme on Immunization)のプログラムの中に、ポリオ、麻疹、破傷風、百日咳、ジフテリアに対するそれぞれのワクチンとともに、結核用予防ワクチンとしてBCGが加えられ、特に小児疾患の予防という観点から世界中に普及することになった。BCG フレッシュアイペディアより)

  • 魁!!クロマティ高校

    魁!!クロマティ高校から見た麻疹麻疹

    通称「ダブリの平井さん」。神山たちが入学する前に麻疹にかかり、単位不足で留年した生徒。それゆえ話し相手がおらず、話し相手を探しているが、話す事は説教臭い。しかし日々パシリにされる神山に助言したり、自分が留年しているために他の生徒が留年しないかを気を遣うなど、人情家な一面もある(ただし神山の時は好物のコンブアメを買いに行かせている)。ヒゲが濃い。2話登場したものの、いずれもヒゲの感じが違う。座右の銘は「座って半畳、寝て一畳」。魁!!クロマティ高校 フレッシュアイペディアより)

  • りおでじゃねろ丸

    りおでじゃねろ丸から見た麻疹麻疹

    りおで志゛やねろ丸は三菱長崎造船所で1929年(昭和4年)5月16日に起工し11月19日に進水、1930年(昭和5年)5月15日に竣工した。このりおで志゛やねろ丸の竣工により、さんとす丸級貨客船就航から始まった西回り南米航路の船質改善が終わり、ほぼすべてディーゼル貨客船で運航されるようになった。年間11回の配船、従来63日掛かっていた神戸とサントス間も46日に短縮される。また、竣工翌年の1931年(昭和6年)には、同じく西回り南米航路に配船していた日本郵船との間で郵商協調が成立し、日本郵船が航路から撤退して大阪商船の独占航路となった。このまま春を謳歌するかに見えたが、1933年(昭和8年)には船内で麻疹が流行し20名が死亡して非難を浴びたり、1934年(昭和9年)4月にはミシシッピ川河口部で座礁事故を起こした。1937年(昭和12年)5月17日、りおで志゛やねろ丸は香港に寄港し、同地からの移民客を大阪商船のランチ堂島丸(28トン)を使って乗船させていたが、午後8時ごろに堂島丸のボイラーが突然爆発し、この爆発事故で移民27名と一等乗客1名が死亡して負傷者12名、あるいは中国人3人を含む29名即死の惨事に見舞われた。りおでじゃねろ丸 フレッシュアイペディアより)

  • 医学と医療の年表

    医学と医療の年表から見た麻疹麻疹

    麻疹の最初のワクチンが開発された。医学と医療の年表 フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザワクチン

    インフルエンザワクチンから見た麻疹麻疹

    インフルエンザワクチンの接種戦略は一般的に、インフルエンザの流行を抑制あるいは完全に防止するというよりも、むしろインフルエンザに対して脆弱な人々を保護することにある。この点において、急性灰白髄炎(ポリオ)や麻疹などの他の感染症に対する「集団免疫 (herd immunity)」の考え方とは対照的となっている。インフルエンザワクチン フレッシュアイペディアより)

  • エロマンガ島

    エロマンガ島から見たはしか麻疹

    1840年代から、宣教師や白檀目当ての商人たちが持ち込んだ赤痢やはしかなどの伝染病が、島中に蔓延するようになり、人口の減少が始まる。商人たちによる住民の虐殺なども頻発するようになった。1860年代には白檀の大半が伐採され森林は荒れ果ててしまった。これ以降は奴隷狩りによる人身売買が島を訪れる商人たちの主目的になっていく。1884年にフランス人宣教師が人間狩りに遭い、殺されて食べられるという事件が起きると、フランス軍が上陸し報復を行った。しかし、イギリスとの領有権問題から、イギリス側の抗議を受けたため、フランス軍は村をひとつ焼き払っただけで撤退した。エロマンガ島 フレッシュアイペディアより)

232件中 151 - 160件表示

「はしか」のニューストピックワード