232件中 161 - 170件表示
  • 小児科学

    小児科学から見た麻疹麻疹

    特定の疾患に結び付くウイルスとしてはインフルエンザウイルス(インフルエンザ)、麻疹ウイルス(麻疹、SSPE)、水痘帯状疱疹ウイルス(水痘、帯状疱疹)、ポリオウイルス(急性灰白髄炎)、ムンプスウイルス(おたふくかぜ)、肝炎ウイルス(A型、B型、C型肝炎)、単純ヘルペスウイルス(口唇ヘルペス、ヘルペス脳炎)、サイトメガロウイルス(先天性サイトメガロウイルス感染症、乳児期の腸炎)、RSウイルス(細気管支炎)、日本脳炎ウイルス(日本脳炎)、コクサッキーウイルス(手足口病、ヘルパンギーナ、急性結膜炎)、エンテロウイルス(手足口病、コクサッキーウイルスにくらべ重症)などが挙げられる。小児科学 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹・風疹混合ワクチン

    麻疹・風疹混合ワクチンから見た麻疹麻疹

    麻疹・風疹混合ワクチン(ましん・ふうしんこんごうワクチン、MRワクチン)とは、従来の麻疹(Measles)・風疹(Rubella)ワクチンを混合したワクチンである。2005年6月に承認され、2006年4月から定期接種として接種が開始された。麻疹・風疹混合ワクチン フレッシュアイペディアより)

  • ウイルス性急性脳症

    ウイルス性急性脳症から見た麻疹麻疹

    麻疹、突発性発疹などでも中枢神経症状を合併することがあるが、髄液中の細胞数が増加し、髄液からウイルスを分離できることが多く、これらの場合は「ウイルス性脳炎」と呼んで区別することが多い。単純ヘルペスウイルスによる脳炎は頻度こそ少ないものの、重篤である(単純ヘルペス脳炎を参照)。ウイルス性急性脳症 フレッシュアイペディアより)

  • スペインによるアメリカ大陸の植民地化

    スペインによるアメリカ大陸の植民地化から見た麻疹麻疹

    また、アメリカ大陸とヨーロッパの相互に様々なものがもたらされた。ヨーロッパからアメリカ大陸にもたらされたもので重要なものには、世界宗教としてのキリスト教、コムギ・サトウキビ・コーヒーなどの農産品、馬・牛・羊などの家畜、車輪、鉄器があり、また、ヨーロッパ人自身も入植者としてそれに含まれる。また、天然痘、麻疹、インフルエンザなどの伝染病があった。一方アメリカ大陸からヨーロッパには、 メキシコ原産のトウモロコシやサツマイモ、東洋種のカボチャ、トウガラシ、アンデス高原原産のジャガイモや西洋種のカボチャ、トマト、熱帯アメリカ原産のカカオなどが伝えられ、スペイン料理やイタリア料理などのヨーロッパ諸国の食文化に大きな影響を与えた。その他にはタバコや梅毒も伝えられた。スペインによるアメリカ大陸の植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • ワクチン

    ワクチンから見た麻疹麻疹

    MMRワクチン(麻疹・風疹・流行性耳下腺炎混合ワクチン) - 日本では、1988年から1993年まで実施されていた。ワクチン フレッシュアイペディアより)

  • 石原莞爾

    石原莞爾から見た麻疹麻疹

    また、病弱でもあり、東北帝国大学付属病院に保管されていた石原の病歴を見てみると、小児時代に麻疹にかかり種痘を何度か受けている。石原莞爾 フレッシュアイペディアより)

  • 招き猫

    招き猫から見た麻疹麻疹

    右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招くとされる。両手を挙げたものもあるが、“欲張りすぎると「お手上げ万歳」になるのが落ち”と嫌う人が多い。一般には写真のように三毛猫であるが、近年では、地の色が伝統的な白や赤、黒色の他に、ピンクや青、金色のものもあり、色によっても「学業向上」や「交通安全」(青)、「恋愛」(ピンク)など、意味が異なる。黒い猫は、昔の日本では『夜でも目が見える』などの理由から、「福猫」として魔除けや幸運の象徴とされ、黒い招き猫は魔除け厄除けの意味を持つ。また、赤色は疱瘡や麻疹が嫌う色、といわれてきたため、赤い招き猫は病除けの意味を持つ。また、福の字が逆さまに書かれているのは、福を倒すとしてそこから似た漢字の到達をあらわす。招き猫 フレッシュアイペディアより)

  • 学校法人関西学院

    学校法人関西学院から見たはしか麻疹

    2007年 はしかにより6月2日-6月15日まで全学休校学校法人関西学院 フレッシュアイペディアより)

  • アベナキ族

    アベナキ族から見た麻疹麻疹

    1631年、1633年、1639年には、新たな伝染病の天然痘が広がり始めた。1639年には未知の病気が、さらに翌年にはインフルエンザが流行した。1649年に再び天然痘、1659年にはジフテリアが流行した。1670年に天然痘、1675年にインフルエンザ、1677年、1679年にも天然痘が流行した。1687年には天然痘のほかに麻疹も広がった。天然痘の流行はその後も1691年、1729年、1733年、1755年、1758年と続いた。アベナキ族 フレッシュアイペディアより)

  • 先天盲

    先天盲から見た麻疹麻疹

    TORCH症候群、トラコーマ、風疹、水痘、猩紅熱、麻疹(はしか)、淋病、オンコセルカ症(河川盲目症)、、有鉤嚢虫、目の帯状疱疹など。角膜白斑は、感染症角膜炎のほか外傷でも角膜の傷がもとで角膜混濁を起こす場合があり、角膜移植の対象疾患として上位に位置する。先天盲 フレッシュアイペディアより)

232件中 161 - 170件表示

「はしか」のニューストピックワード