232件中 21 - 30件表示
  • トムは真夜中の庭で

    トムは真夜中の庭でから見たはしか麻疹

    弟のピーターがはしかにかかり、おじとおばの住むアパートに預けられた少年トム。その邸宅には庭すら無く、はしかのために外出すらできない彼は退屈し切っていた。そんなある日の夜、ホールの大時計が奇妙にも「13時」を告げたのをきっかけに、彼は存在しないはずの不思議な庭園を発見する。そこはヴィクトリア朝時代のメルバン家という一家の庭園であった。それから毎日、彼は真夜中になると庭園へと抜け出し、そこで出会った少女、ハティと遊ぶようになる。しかしながら、庭園の中では時間の「流れる速さ」や「順序」が訪れるごとに違っていた。彼はだんだんと、ハティの「時」と自分の「時」が同じでないことに気づいていく。トムは真夜中の庭で フレッシュアイペディアより)

  • モノネガウイルス目

    モノネガウイルス目から見た麻疹麻疹

    モノネガウイルス目に属するウイルスを原因とする感染症にはヒトにおいて重要な感染症が多く含まれ、従来から知られている感染症(流行性耳下腺炎、麻疹、狂犬病)と新興感染症(エボラ出血熱、ボルナ病、ヘンドラウイルス感染症、ニパウイルス感染症)の両方が知られている。モノネガウイルス目 フレッシュアイペディアより)

  • 八五郎坊主

    八五郎坊主から見たはしか麻疹

    寺のところで名を忘れた八五郎が、心覚えに「はしかも軽けりゃ疱瘡(天然痘)も軽い。」という諺をもじって「はしかも軽けりゃホウシュンも軽い。・・・これでおぼえまっさ。」と住持に話す件を入れて八五郎坊主 フレッシュアイペディアより)

  • 康元

    康元から見た赤斑瘡麻疹

    建長8年10月5日(ユリウス暦1256年10月24日) 改元。赤斑瘡による説(『百錬抄』)がある。康元 フレッシュアイペディアより)

  • 島津久静

    島津久静から見た麻疹麻疹

    安政6年(1859年)肥田景正に命じて京都・江戸を観察させ、自身も藩主島津茂久の名代として江戸に出府している。文久2年(1862年)、島津久光の上洛に先立って大館晴勝・木幡栄周・隈元棟貫・豊丸勝任・山下章・坂元良敏・立山時常らに京坂を探索させ、自身も三百余名の兵を率いて上洛した。久光が幕政改革を迫って東下した際に、尊皇攘夷過激派から京都を守護するために留守を守り、都城兵は御所の警備などを行った。しかし久静は麻疹に罹って伏見で急逝した。役人の北郷資雄・資知らはその死を秘し役目を全うした。島津久静 フレッシュアイペディアより)

  • マックス・ケーゲル

    マックス・ケーゲルから見たはしか麻疹

    フュッセンに大工の息子として生まれる。第一次世界大戦にはバイエルン砲兵隊に従軍した。伍長補(Gefreiter)まで昇進し、二級鉄十字章を受けた。戦後しばらくは税関事務員として働き、後に商業代理店を経営した。またヴァイマル共和国時代を通じてフライコール「オーバーラント」(:de:Freikorps Oberland)で活動していた。二度結婚しており、1929年には8歳の息子がはしかで死去している。マックス・ケーゲル フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ民主共和国の世界遺産

    コンゴ民主共和国の世界遺産から見たはしか麻疹

    1980年代には観光ツアーも盛んに行われたが、その結果、人間が持ち込んだはしかなどの病気や十二指腸虫などの寄生虫が原因で、ゴリラの数が減った。さらに1990年代半ばにルワンダ紛争の難民5万人が国立公園の境界域に流入したことで、環境はさらに悪化した。この難民キャンプは国際連合難民高等弁務官事務所やコンゴ(当時はザイール)政府の協力などで移転されたが、情勢の悪化は観光客の減少につながった。1992年には2730人の訪問があったが、1998年には1人も訪れなかったのである。この観光収入の激減は公園管理の財政悪化にも結びついた。こうした状況の中、1997年に危機遺産リストに登録されたが、その時点で管理施設のスタッフはほとんどが逃亡し、施設も荒廃していたという。ヒガシローランドゴリラの生息数は減少しており、1996年に約250頭だったものが、2000年には約130頭になっていた。コンゴ民主共和国の世界遺産 フレッシュアイペディアより)

  • セイロンマンリョウ

    セイロンマンリョウから見た麻疹麻疹

    マレーシアでは葉の煎汁が胸の痛みを和らげると言われており、葉のペーストはヘルペスや麻疹の治療に使われる。タイでは果実が発熱を伴った下痢に用いられる。東南アジアで、葉は疥癬、果実は腸内寄生虫に対して用いられる。セイロンマンリョウ フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤百合

    斎藤百合から見たはしか麻疹

    齋藤百合は、1891年(明治24年)3月31日、愛知県豊橋の近く石巻村の野口浪太郎の次女として生まれた。父は旅まわりの浪曲師で、村の旧家の娘きくが心を寄せ、駆落ち同然に所帯を持った。そしてゆりたち姉妹が生まれた。百合は興行先の楽屋で幼い日々を過ごしたが、母親の両親が2人の結婚を認め、孫を引き取った。両親が興行に出たあとは、祖父母の下で育った。3歳の時、百合は高熱を伴うはしかにかかり、その後の栄養失調で失明した。9歳になって按摩師の下に弟子入りしたが、百合は他人の体をもむ按摩を好きになれなかった。1902年春、岐阜聖公会訓盲院に入学し、寮生活を始めた。百合はここで学問する楽しさを知った。聖公会の青年たちも百合に読んで聞かせてくれた。全額給費生として鍼按を学び、英文詩集の暗記を進んでマスターした。宣教師とともに外国人の家庭に招かれてオルガンを弾くなどして、英会話も身につけた。1908年に岐阜聖公会訓盲院を卒業し、同校の代用教員になり、11月には聖公会で洗礼を受けてキリスト者になる。1911年4月、百合の才能を認めた院長は、百合を岐阜訓盲院の派遣生として全額給費で、東京盲学校師範科鍼按科に送った。1913年(大正2年)に同校を卒業し、岐阜訓盲院の正教員になったが、2年後の1915年秋に病院勤務のマッサージ師齋藤武弥と結婚し、東京雑司ヶ谷に新居を持つ。この結婚を機に、齋藤百合と名乗る。1918年、読んでもらった新聞に「東京女子大学設立。女性を1人の人間として伸ばすための教育を行う」という記事に突き動かされ、夫の助言も得て、東京女子大学を受験した。26歳で2児の母、全盲の百合を、大学は特別生として受け入れた。1922年、第1回卒業66名の1人として卒業した百合は、東京盲学校同窓会主事として機関誌『むつぼしの光』の編集にあたる。盲人女性の置かれた地位の低さを以前から憂いていた百合は、1928年(昭和3年)11月、武蔵野婦人会(のち陽光婦人会)を組織し、盲女子が安心して働ける鍼灸按摩の治療所を開設し、編み物や組紐の授産教室も始めた。しかし、3年で経営は行き詰ってしまった。1935年、今度は東京女子大学学長を後援会長におくなど大学関係者30名を中心とした後援組織を固め、陽光会ホームを発足させた。一軒屋を借りて、機関誌『点字倶楽部』を発行、鍼按外来治療室、点字教室、編物教室、点字出版、失明者相談室などをおいて、盲女子の保護・訓練を行った。地方の盲人のために宿泊も受け入れた。百合は講演や原稿書きによる収入をこの事業につぎ込んだが、公的な助成がなかったから、4人の子を得た家庭生活はいつも貧しかった。太平洋戦争の戦況の悪化で、東京に空襲が始まり、陽光会ホームは閉鎖しなくてはならなくなった。百合は、1944年に陽光会のメンバーとともに浜名湖の奥に疎開した。長女・次女は結婚し、次男は出征(のち戦死)、夫武弥は東京に残った。1946年1月、夫武弥が東京駅で不慮の災難に遭い逝去した。1年後の1947年1月31日、百合は風邪から肺炎を併発して逝去した、55歳だった。斎藤百合 フレッシュアイペディアより)

  • つぼみ学級

    つぼみ学級から見たはしか麻疹

    以下には2014年度の年間活動を示した。つぼみ学級は7月以外の月に行われているが2004年1月は天候不良、2006年9月は台風接近、2007年6月ははしかの影響により中止、2003年2月は土曜日、2003年11月は月曜日(祝日)に行われた。つぼみ学級 フレッシュアイペディアより)

232件中 21 - 30件表示