172件中 21 - 30件表示
  • 犀角

    犀角から見た麻疹麻疹

    鮫皮で粉末にし、1日に2?4グラム使用すると麻疹の解熱薬として顕著な効果があるとされる。犀角 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府立池島高等学校

    大阪府立池島高等学校から見た麻疹麻疹

    2007年6月 - 日本全国の高等学校や大学で流行していたはしかの集団感染が当校でも発生。約2週間の臨時休校措置をとる。大阪府立池島高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井忠寛 (庄内藩主)

    酒井忠寛 (庄内藩主)から見た麻疹麻疹

    文久元年(1861年)8月6日、兄の隠居により家督を継ぎ、出羽国庄内藩10代藩主、左衛門尉酒井家12代当主となる。文久元年(1861年)12月、従四位下に叙任する。文久2年(1862年)9月17日、当時流行していた麻疹が原因で死去。享年24。正室も側室も無かったために子は無く、家督を甥(兄・忠発の五男)の忠篤が継いだ。酒井忠寛 (庄内藩主) フレッシュアイペディアより)

  • V-K☆カンパニー

    V-K☆カンパニーから見た麻疹麻疹

    11月15日生まれ。「成り上がり生徒会」の最初のイベントではおたふく風邪で参加できず、「自分が参加していれば優勝は俺達だった」と美術部に退任を要求する。7人兄弟の末っ子で坂浦は実兄。ひどい病弱で、病気が治らないうちに無理をした為、はしかにかかる。V-K☆カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • 中途視覚障害者

    中途視覚障害者から見た麻疹麻疹

    日本においては緑内障、糖尿病網膜症、網膜色素変性症が中途視覚障害の三大原因と呼ばれている。そのほかに網膜剥離、ぶどう膜炎、白内障などもある。はしか(麻疹)やハンセン病などの感染症による失明は、現在ではほとんど見られなくなった。近年では加齢黄斑変性の割合が増えている。中途視覚障害者 フレッシュアイペディアより)

  • ボリンガー郡 (ミズーリ州)

    ボリンガー郡 (ミズーリ州)から見たはしか麻疹

    ボリンガー達がノースカロライナ州にいたころ、ロリマーの支援により、ショーニー族は1793年にケープジラードの西に土地を与えられた。しかしその頃には、その地域の先住民はもはやいなかった。原因としては、ヨーロッパから持ち込まれた伝染病(例えば、ミシシッピ川をさかのぼって入ってきたはしかや天然痘)に対する免疫力が無かった事が挙げられる。その後は、ロリマーによる保護にも関わらず、ショーニー族はケープジラード市民に疑念で見られた。この疑念は、「ヨーロッパの移民を増やす」というロリマーがした決定に影響したと思われる。ボリンガー郡 (ミズーリ州) フレッシュアイペディアより)

  • ポンペイ島

    ポンペイ島から見た麻疹麻疹

    更に船員達からもたらされた病気も深刻な影響を与えた。天然痘は1840年代初頭から流行が始まり、1854年の流行では半年間に2,000〜3,000名の死者を出した。1820年代には10,000人を超えていた島の人口は、1850年代後半には約2,000人まで減少している。この後もインフルエンザ、はしか等の流行が散発した。ポンペイ島 フレッシュアイペディアより)

  • 総合関関戦

    総合関関戦から見た麻疹麻疹

    なお、2007年(平成19年)年(第30回大会)は、関西学院大学で麻疹が流行したことにより中止となった。総合関関戦 フレッシュアイペディアより)

  • 島津久静

    島津久静から見た麻疹麻疹

    安政6年(1859年)肥田景正に命じて京都・江戸を観察させ、自身も藩主島津茂久の名代として江戸に出府している。文久2年(1862年)島津久光の上京に先立ち、大館晴勝・木幡栄周・隈元棟貫・豊丸勝任・山下章・坂元良敏・立山時常らに京坂を探索させ、自身も三百余名の兵を率いて上京した。久光が幕政改革を迫って東下した際に、尊皇攘夷過激派から京都を守護するために留守を守り、都城兵は御所の警備などを行った。しかし久静は麻疹に罹って伏見で急逝。役人の北郷資雄・資知らはその死を秘し役目を全うした。島津久静 フレッシュアイペディアより)

  • モノネガウイルス目

    モノネガウイルス目から見た麻疹麻疹

    モノネガウイルス目に属するウイルスを原因とする感染症にはヒトにおいて重要な感染症が多く含まれ、従来から知られている感染症(流行性耳下腺炎、麻疹、狂犬病)と新興感染症(エボラ出血熱、ボルナ病、ヘンドラウイルス感染症、ニパウイルス感染症)の両方が知られている。モノネガウイルス目 フレッシュアイペディアより)

172件中 21 - 30件表示

「はしか」のニューストピックワード