232件中 31 - 40件表示
  • 津軽信興

    津軽信興から見た麻疹麻疹

    幼名は磐麻呂。弘前藩の嫡男として生まれる。宝永3年(1706年)4月25日、徳川綱吉に拝謁。宝永7年(1710年)12月23日、従五位下右京亮に叙任。享保15年(1730年)7月13日、越中守に改称。しかし麻疹を患い、同年11月25日、藩主就任前に死去した。享年36。墓所は寛永寺津梁院。法号は端巌院。藩主は信興の長男・信著へと継承された。信著は藩主就任当時13歳であった。津軽信興 フレッシュアイペディアより)

  • SEIRモデル

    SEIRモデルから見たはしか麻疹

    数値計算によって得られる解は水痘、はしかなどの実際の感染症流行を定性的には再現し、またその振る舞いはカオス的である。SEIRモデル フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府立池島高等学校

    大阪府立池島高等学校から見た麻疹麻疹

    2007年6月 - 日本全国の高等学校や大学で流行していたはしかの集団感染が当校でも発生。約2週間の臨時休校措置をとる。大阪府立池島高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 奥村有輝

    奥村有輝から見た麻疹麻疹

    延宝7年、加賀藩年寄奥村時成の子として金沢に生まれる。元禄6年(1693年)父時成の死去により家督相続。元禄14年(1701年)7月、人持組頭となる。正徳元年(1711年)12月従五位下伊予守に叙爵。正徳2年(1712年)藩主前田綱紀の娘直姫が二条吉忠に嫁ぐ際に、御輿渡役を務める。享保6年(1721年)金沢城代。享保10年(1725年)藩主前田吉徳の長男勝丸(第七代藩主前田宗辰)誕生の際に蟇目役を務める。享保11年(1726年)公儀御用(宗門方御触)。享保14年(1729年)藩主吉徳の次男亀次郎(第八代藩主前田重煕)誕生の際に蟇目役を務める。享保15年(1730年)、流行していた麻疹に罹り12月5日没。享年52。家督は養子の有定が相続した。奥村有輝 フレッシュアイペディアより)

  • 大河内存真

    大河内存真から見た麻疹麻疹

    寛政8年(1796年)8月12日、尾張藩御目見医師西山玄道の子として名古屋呉服町一丁目に生まれ、父の幼名を譲り受けて代吉と名付けられた。享和元年(1801年)12月右仲と改名し、家学の学習を始めた。享和3年(1803年)4月麻疹と天然痘に罹るも、軽症で済んだ。文化4年(1807年)奥医師浅井貞庵に入門して他学を学び、文化9年(1812年)九代目奈倉道庵に入門して鍼術を学んだ。大河内存真 フレッシュアイペディアより)

  • シャルロット・ド・ラ・モート=ウーダンクール

    シャルロット・ド・ラ・モート=ウーダンクールから見た麻疹麻疹

    1712年2月、ブルゴーニュ公一家を悲劇が襲った。ブルゴーニュ公爵夫人が2月12日に、ブルゴーニュ公自身も2月18日に相次いで麻疹のために死んだ。さらにブルゴーニュ公夫妻の2人の息子、5歳の次男ブルターニュ公と2歳の三男アンジュー公(ルイ15世)も両親の命を奪った病に感染した。新たに王太子となったブルターニュ公の治療は国王の侍医に委ねられ、侍医たちはブルターニュ公の健康によかれと思って瀉血を行ったが、ブルターニュ公はそのせいで衰弱して死亡した。これを見たヴァンタドゥール夫人は、アンジュー公には決して同じ治療を受けさせまいと決意し、アンジュー公の身の回りを自分と3人の侍女だけで看病し、断固として侍医たちを幼い王子のそばには近づけなかった。アンジュー公はそのおかげで快癒し、3年後に曾祖父の死後、王位を継ぐことになる。シャルロット・ド・ラ・モート=ウーダンクール フレッシュアイペディアより)

  • 内耳炎

    内耳炎から見た麻疹麻疹

    何らかのウイルスが感染したことによって発生した内耳炎を、ウイルス性内耳炎と呼ぶ。内耳炎は、麻疹や風疹や流行性耳下腺炎によって引き起こされることもあるが、これらもウイルス性内耳炎に分類される。ウイルス性内耳炎は、不可逆的な(二度と回復しない)感音難聴を生ずる。内耳炎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川経忠

    吉川経忠から見た麻疹麻疹

    吉川経倫の長男として生まれる。寛政4年(1792年)、父の隠居により家督を相続する。岩国の財政は経忠の襲封以前から悪化していた。経忠は文武教育を奨励し、敬神崇祖の範を示すことによって土風の刷新を図った。その上で財政の健全化を図り、家老の宮庄親徳と香川景晃らを中心に財政改革を推進した。しかし享和3年(1803年)に38歳で、麻疹の合併症のため死去した。吉川経忠 フレッシュアイペディアより)

  • ウイルス血症

    ウイルス血症から見た麻疹麻疹

    「能動的な」ウイルス血症はウイルスが複製され血流に侵入することで起こる。その一例として、麻疹では気道の上皮粘膜で第一次ウイルス血症を発症し、そこでウイルスが複製されて基底細胞層から排出され毛細血管や血管に流入する。ウイルス血症 フレッシュアイペディアより)

  • ボリンガー郡 (ミズーリ州)

    ボリンガー郡 (ミズーリ州)から見たはしか麻疹

    ボリンガーたちがノースカロライナ州にいたころ、ロリマーの支援により、ショーニー族は1793年にケープジラードの西に土地を与えられた。しかしその頃には、その地域の先住民はもはやいなかった。原因としては、ヨーロッパから持ち込まれた伝染病(例えば、ミシシッピ川をさかのぼって入ってきたはしかや天然痘)に対する免疫力が無かった事が挙げられる。その後は、ロリマーによる保護にも関わらず、ショーニー族はケープジラード市民に疑念で見られた。この疑念は、「ヨーロッパの移民を増やす」というロリマーがした決定に影響したと思われる。ボリンガー郡 (ミズーリ州) フレッシュアイペディアより)

232件中 31 - 40件表示