172件中 31 - 40件表示
  • 高知工業高等専門学校

    高知工業高等専門学校から見た麻疹麻疹

    2008年4月30日-5月11日 - 麻疹による学校閉鎖高知工業高等専門学校 フレッシュアイペディアより)

  • 八五郎坊主

    八五郎坊主から見たはしか麻疹

    寺のところで名を忘れた八五郎が、心覚えに「はしかも軽けりゃ疱瘡(天然痘)も軽い。」という諺をもじって「はしかも軽けりゃホウシュンも軽い。・・・これでおぼえまっさ。」と住持に話す件を入れて八五郎坊主 フレッシュアイペディアより)

  • フランク安田

    フランク安田から見た麻疹麻疹

    しかし、麻疹の流行で多くのイヌイットの村人が病死(フランク安田、ネビロ夫妻の1人娘キョウコも死んでいる)し、さらに鯨の不漁で食料危機に苦しんだ。その時、フランク安田はブロワーの紹介でアラスカで砂金を掘りにバローにやって来た、鉱山師トーマス・カーターと出会った。そして、フランク安田はカーターと、そして妻ネビロの他、助手として、数人のエスキモーも含めた一行は状況を見に行くため、ポイント・バローから出発した。イヌイットが住む村々は麻疹の影響で壊滅的だった。旅の途中、ジョージ大島と言う日本人と出会うが、後にフランク安田の前から去っていった。アナクトブック村に着いたフランク安田一行は、フランク安田を幕ってノームからポイント・バローに来てアナクトブック村に着いたイヌイットの一団が来る。その中にエスキモーの妻を連れた日本人ジェームス・ミナノと出会う。そして、カーターと金鉱探しの手伝いもしながら、イヌイットの為の新たな土地探しの為、フランク安田と妻ネビロ、カーター、ジェームス・ミナノと妻クナーナ、2人のイヌイットのセニックとカタブックの7人はアナクトブック村からブルックス山脈を越え、南下し出発した。旅の途中で鉱山で栄えるワイズマンと言う町に辿り着いた。フランク安田達は町周辺の森にあったロッジに落ち着いた。しかし、ワイズマンの鉱山監督局の出張所に寄った時、役人から新しい金鉱はもうないと告げられた。さらに、旅の資金がいよいよ底を突き、解散しなければならない事をカーターに告げられると、フランク安田は資金調達の為、ワイズマンのレストランで、コックとしてミナノと共に働く。カーターはフランク安田を信頼し、2人のイヌイットのセニックとカタブックを連れ、再び金鉱探しの旅に出かけた。フランクとミナノがレストランで働いている最中、フランクとミナノの妻たち(ネビロとクナーナ)はロッジで留守番をしていたが、ネビロはそこで1人娘を産んだ。フランク安田は幼い頃死んだ、実の妹のサダの名を娘に名付けた。そして1905年、旅に必要な資金が出来、ミナノ夫妻はワイズマンにそのまま留まり、フランクはカーターにその資金を渡し、再び一緒に金鉱探しの旅に出かけた。ワイズマンから東に移動し、シャンダラー川に向かった。その場所はバローから南へ600キロ、ユーコン川沿いにあり、フランクは辿り着いた。フランク安田 フレッシュアイペディアより)

  • 学校保健安全法

    学校保健安全法から見た麻疹麻疹

    麻疹:解熱後3日間経過するまで。学校保健安全法 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤百合

    斎藤百合から見たはしか麻疹

    齋藤百合は、1891年(明治24年)3月31日、愛知県豊橋の近く石巻村の野口浪太郎の次女として生まれた。父は旅まわりの浪曲師で、村の旧家の娘きくが心を寄せ、駆落ち同然に所帯を持った。そしてゆりたち姉妹が生まれた。百合は興行先の楽屋で幼い日々を過ごしたが、母親の両親が2人の結婚を認め、孫を引き取った。両親が興行に出たあとは、祖父母の下で育った。3歳の時、百合は高熱を伴うはしかにかかり、その後の栄養失調で失明した。9歳になって按摩師の下に弟子入りしたが、百合は他人の体をもむ按摩を好きになれなかった。1902年春、岐阜聖公会訓盲院に入学し、寮生活を始めた。百合はここで学問する楽しさを知った。聖公会の青年たちも百合に読んで聞かせてくれた。全額給費生として鍼按を学び、英文詩集の暗記を進んでマスターした。宣教師とともに外国人の家庭に招かれてオルガンを弾くなどして、英会話も身につけた。1908年に岐阜聖公会訓盲院を卒業し、同校の代用教員になり、11月には聖公会で洗礼を受けてキリスト者になる。1911年4月、百合の才能を認めた院長は、百合を岐阜訓盲院の派遣生として全額給費で、東京盲学校師範科鍼按科に送った。1913年(大正2年)に同校を卒業し、岐阜訓盲院の正教員になったが、2年後の1915年秋に病院勤務のマッサージ師齋藤武弥と結婚し、東京雑司ヶ谷に新居を持つ。この結婚を機に、齋藤百合と名乗る。1918年、読んでもらった新聞に「東京女子大学設立。女性を1人の人間として伸ばすための教育を行う」という記事に突き動かされ、夫の助言も得て、東京女子大学を受験した。26歳で2児の母、全盲の百合を、大学は特別生として受け入れた。1922年、第1回卒業66名の1人として卒業した百合は、東京盲学校同窓会主事として機関誌『むつぼしの光』の編集にあたる。盲人女性の置かれた地位の低さを以前から憂いていた百合は、1928年(昭和3年)11月、武蔵野婦人会(のち陽光婦人会)を組織し、盲女子が安心して働ける鍼灸按摩の治療所を開設し、編み物や組紐の授産教室も始めた。しかし、3年で経営は行き詰ってしまった。1935年、今度は東京女子大学学長を後援会長におくなど大学関係者30名を中心とした後援組織を固め、陽光会ホームを発足させた。一軒屋を借りて、機関誌『点字倶楽部』を発行、鍼按外来治療室、点字教室、編物教室、点字出版、失明者相談室などをおいて、盲女子の保護・訓練を行った。地方の盲人のために宿泊も受け入れた。百合は講演や原稿書きによる収入をこの事業につぎ込んだが、公的な助成がなかったから、4人の子を得た家庭生活はいつも貧しかった。太平洋戦争の戦況の悪化で、東京に空襲が始まり、陽光会ホームは閉鎖しなくてはならなくなった。百合は、1944年に陽光会のメンバーとともに浜名湖の奥に疎開した。長女・次女は結婚し、次男は出征(のち戦死)、夫武弥は東京に残った。1946年1月、夫武弥が東京駅で不慮の災難に遭い逝去した。1年後の1947年1月31日、百合は風邪から肺炎を併発して逝去した、55歳だった。斎藤百合 フレッシュアイペディアより)

  • 弘前天満宮

    弘前天満宮から見た麻疹麻疹

    樹高11メートル、幹周2.6メートルの枝垂桜。藩政期の大行院時代の名残から「大行院のシダレザクラ」と呼ばれることもあり、地域住民には古くから信仰の対象とされたらしく傍らには麻疹の平癒に利益があるという祠が祀られる。大正9年(1920年)に東京朝日新聞が100本を選定した「全国大桜番付」の中に「弘前の枝垂桜」として18番目に番付され、当時は幹囲3丈(約9メートル)、樹高4丈(同12メートル)と記録されており、9メートルの幹周だと樹齢は500年以上、700年から800年と推定されるので、大正9年時点で樹齢500年以上を経た県内最古の1本と考えられるが、昭和前半期(20世紀前葉)に樹勢が衰弱したといわれ、幹の北半分は往時のままの姿を誇っているものの大半は失われている。弘前天満宮 フレッシュアイペディアより)

  • スペインによるアメリカ大陸の植民地化

    スペインによるアメリカ大陸の植民地化から見た麻疹麻疹

    また、アメリカ大陸とヨーロッパの相互に様々なものがもたらされた。ヨーロッパからアメリカ大陸にもたらされたもので重要なものには、世界宗教としてのキリスト教、コムギ・サトウキビ・コーヒーなどの農産品、馬・牛・羊などの家畜、車輪、鉄器があり、また、ヨーロッパ人自身も入植者としてそれに含まれる。また、天然痘、麻疹、インフルエンザなどの伝染病があった。一方アメリカ大陸からヨーロッパには、 メキシコ原産のトウモロコシやサツマイモ、東洋種のカボチャ、トウガラシ、アンデス高原原産のジャガイモや西洋種のカボチャ、トマト、熱帯アメリカ原産のカカオなどが伝えられ、スペイン料理やイタリア料理などのヨーロッパ諸国の食文化に大きな影響を与えた。その他にはタバコや梅毒も伝えられた。スペインによるアメリカ大陸の植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原嬉子

    藤原嬉子から見た麻疹麻疹

    寛仁2年(1018年)、尚侍に任官。同3年(1019年)着裳、従三位に叙される。同5年(1021年)、兄頼通の養子として皇太弟敦良親王(後朱雀天皇)に入内。万寿2年(1025年)8月3日、王子親仁親王(後冷泉天皇)を出産するが、赤斑瘡(あかもがさ、麻疹の一種)でわずか2日後に薨去。享年19。同29日正一位を追贈。寛徳2年(1045年)、後冷泉天皇即位に伴い皇太后を追贈される。藤原嬉子 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ諸国によるアメリカ大陸の植民地化

    ヨーロッパ諸国によるアメリカ大陸の植民地化から見たはしか麻疹

    16世紀のヨーロッパ人やアジア人は既に、牛、豚、羊、山羊、馬および様々な家禽といった家畜を飼い、住まいもそれらと近接しているという状態が長く続いていたが、アメリカ大陸ではそうではなかった。1492年以降ヨーロッパ人が大挙してアメリカ大陸に押し寄せ、先住民族と接触するにつれて、先住民が経験したことのない、従って免疫性のない病原菌を持ち込むことになった。天然痘(1518年、1521年、1525年、1558年、1589年)、チフス(1546年)、インフルエンザ(1558年)、ジフテリア(1614年)、およびはしか(1618年)といった疫病の大流行があり、先住民族人口のうち、1千万人ないし1億1200万人、95%ないし98%は減少したと考えられている。この人口の減少に続いて文化的な混乱と政治的な崩壊が起こり、ヨーロッパ人による既存文明の征服と土地の植民地化が容易になったとされている。ヨーロッパ諸国によるアメリカ大陸の植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • ざしき童子のはなし

    ざしき童子のはなしから見たはしか麻疹

    毎年旧暦8月に如来様の祭りで本家に分家の子どもたちが招かれることになっていたが、そのうちの一人がはしかにかかり、催しが延期される。9月に快癒して招かれることになったとき、他の子どもたちはその子に仕返しをしようと隠れて待ちかまえていたところ、その子の様子がおかしい。一人の子どもが「ざしきぼっこだ」と叫んで逃げると他の子どもも逃げ出してしまった。ざしき童子のはなし フレッシュアイペディアより)

172件中 31 - 40件表示

「はしか」のニューストピックワード