232件中 41 - 50件表示
  • ゴスロリ少女探偵団 ラジオ日誌

    ゴスロリ少女探偵団 ラジオ日誌から見たはしか麻疹

    第7回から14回まで、福井裕佳梨がはしかのため休んでいた(現在は復帰)。ゴスロリ少女探偵団 ラジオ日誌 フレッシュアイペディアより)

  • アンドリュー・ブロクサム

    アンドリュー・ブロクサムから見た麻疹麻疹

    ブロンド号の航海の第一の目的はイギリス訪問中に麻疹に罹患して死亡したカメハメハ2世と王妃の遺体を帰国させることにあった。ブロクサムが博物学者として乗船した他、王立園芸協会はスコットランド人の植物学者、ジェームズ・マクラエ(James Macrae)を派遣し、彼の航海日記はウィリアム・ウィルソン(William Wilson)によって編集され1922年に出版された。ブロンド号は1924年9月にスピットヘッドを出航し、11月にブラジルのリオデジャネイロに寄航した。ブラジルを1825年1月に出航し、チリのバルパライソに向かい、2月初めに到着した。陸地に沿って北上し3月半ばにペルーのカヤオに到達した。4月始めまでカヤオに留まった後、ガラパゴス島を経て、5月初めにハワイ諸島に到着した。一行は6月半ばにハワイを出発し、マルデン島、クック諸島のマウケ島に寄航し、チリの海岸を探検するなどして1926年3月にスピットヘッドに帰還した。この航海では、ブロクサムはおもに鳥類の収集を行った。マクラエの航海の記録では博物学者としての技量を批判的に評されているが、収集した標本は念入りに保管し、約百点に及ぶ鳥類の標本のほか、昆虫や貝類や地質学の標本を持ち帰った。鳥類の標本には、ハワイ諸島の11種の、27の標本が含まれる。その中には絶滅したツグミ科の種、?Āmaui(Myadestes woahensis)や、アトリ科の種、O?ahu ?akepa(Loxops coccineus wolstenholmei)がある。アンドリュー・ブロクサム フレッシュアイペディアより)

  • 感染経路

    感染経路から見た麻疹麻疹

    麻疹(はしか)・水痘(水ぼうそう)・結核が代表的。感染経路 フレッシュアイペディアより)

  • ワクチンの年表

    ワクチンの年表から見た麻疹麻疹

    1964年 ? 麻疹(Measles)の最初のワクチンが開発。ワクチンの年表 フレッシュアイペディアより)

  • ワクチンの年表

    ワクチンの年表から見たはしか麻疹

    年表の早期はワクチンを開発ないしは試験した最初とおもわれる年を示している。後半の大半はワクチンの試験が完了し、市場に上市した年を示している。ここに示すように、多くのワクチンがヒトの疾病の為に存在するにもかかわらず、全世界から撲滅できた疾病は天然痘だけである。小児麻痺とはしかとが、世界的な撲滅キャンペーンの現在の目標となっている。ワクチンの年表 フレッシュアイペディアより)

  • ポーク郡 (フロリダ州)

    ポーク郡 (フロリダ州)から見た麻疹麻疹

    ポーク郡となった地域では、氷河期の12,000年前にパレオ・インディアンが大型動物を追って南方に移動し、フロリダ半島に入ってきたのが最初の人類だった。この時までに半島は海面の変化によって拡大縮小を繰り返していた。現在よりもかなり広い時もあれば、僅かに小さな島が海面に現れているだけの時もあった。パレオ・インディアンは回遊性狩猟採集の民であり、恒久的な集落を持たなかったが、その後に古期インディアンに代わり、スペイン人が半島に入ってきて接触したときのインディアンにとっては先祖になった。これらインディアン部族は半島で繁栄し、クリストファー・コロンブスが新世界に向けて出帆した1492年に25万人以上が住んでいたと推計されている。アメリカ大陸の他地域と同様に、ヨーロッパ人に接触したことは、インディアンにとって破壊的な効果をもたらした。インディアンが免疫を持たない天然痘、はしかなどの疫病が蔓延し、多くの民の死を招いた。ヨーロッパ人侵入者はこれら疫病を免れた者も奴隷にするか殺した。その後の数百年間で先コロンブス期にいたこの地域のインディアンのほぼ全数が消滅した。残った者達はジョージア州や両カロライナ州から流れてきたクリーク族避難民と合流し、セミノール族となった。ポーク郡 (フロリダ州) フレッシュアイペディアより)

  • ウソをついたら

    ウソをついたらから見た麻疹麻疹

    仮病を使ってぬくぬくと家の中で眠るトムに、ジェリーは面白くない。そこでジェリーはトムの顔に赤褐色の絵具で発疹のような落書きをし、新聞を読みながらトムのミルクをストローでチュッチュッ。音に気が付きジェリーに突っかかるトムにジェリーは、新聞記事を見せる。そこには「麻疹が大流行。くしゃみ、鼻水に注意」と書かれていた。それがどうしたという態度を見せるトムにジェリーは鏡を見せると、トムの顔には発疹(もちろんこれはジェリーの悪戯)が。ウソをついたら フレッシュアイペディアより)

  • ヴァスィリー・エロシェンコ

    ヴァスィリー・エロシェンコから見た麻疹麻疹

    エロシェンコは麻疹により4歳で失明、9歳の時にモスクワに行き盲学校に入った。15歳のころからエスペラントを学ぶ。1912年にはイギリスの盲学校へ最初の旅をした。その後、世界各地をエスペラントの助けを借りて旅した。1914年には、日本では視覚障害者がマッサージ(あんま)により自立しているとのことを聞いて来日し、東京盲学校(現在の筑波大学附属視覚特別支援学校)で学んだ。日本では盲学校生の間にエスペラントを広めた。ヴァスィリー・エロシェンコ フレッシュアイペディアより)

  • マーカス・ホィットマン

    マーカス・ホィットマンから見た麻疹麻疹

    インディアンの領地内に白人開拓者が流入することで、1847年の麻疹の重大な流行などインディアンにとって新しい病気をもたらした。インディアンはこれらの新しい病気に免疫が無く、限られた健康習慣のために高い致死率となり、子供達が非常に多く死んでいった。ホイットマンが熱心に改宗を勧めることと、多くの白人患者は快復させたことで、インディアン達はホイットマンがインディアンの患者を死なせているという考え方が育っていった。マーカス・ホィットマン フレッシュアイペディアより)

  • ワイアンドット族

    ワイアンドット族から見た麻疹麻疹

    ヨーロッパ人と接触した時点でのヒューロン族の人口は2万人から4万人と推計される。1634年から1640年にかけて、ヒューロン族はユーラシア大陸から持ち込まれた麻疹、天然痘など、彼らが免疫を持たない感染症によって壊滅した。疫学的見地では、天然痘が風土病であったフランス、イングランド、オランダから多くの子どもやその家族が移民としてが新世界に来た1634年に流行が始まったことを示している。ワイアンドット族 フレッシュアイペディアより)

232件中 41 - 50件表示