172件中 41 - 50件表示
  • 二川浩樹

    二川浩樹から見たはしか麻疹

    Etakは、水やエタノールあるいはその混合の溶媒に溶解することができ、0.06%程度の低濃度で布、木、ガラス、金属などに室温で数分間で固定化が可能である。処理した表面には、抗菌性がありグラム陽性菌(黄色ブドウ球菌、MRSA、表皮ブドウ球菌、セレウス菌、虫歯菌など)・グラム陰性菌(大腸菌、O157など)を接触性に殺菌する。また、エンベロープを持つウイルスも接触性に不活性化でき、A型インフルエンザウイルス(ヒト、トリ、豚)、B型インフルエンザウイルス、パラインフルエンザウイルス、(AからE型)肝炎ウイルス、はしかウイルス、ヘルペスウイルス、ムンプスウイルス、狂犬病ウイルスなどに有効である。Etakを用いることで容易に抗インフルエンザウイルス加工が可能になるため、空気感染や接触感染のによる感染拡大のリスクを下げることが期待できる。楠橋紋織によりこの技術を用いた抗ウィルスタオルが販売されている。二川浩樹 フレッシュアイペディアより)

  • 東アフリカ大旱魃 (2011年)

    東アフリカ大旱魃 (2011年)から見た麻疹麻疹

    ケニアのダダーブの難民キャンプでは、不衛生と栄養不足により、2011年7月までに、462人に麻疹の症状が見られ、11人が死亡している。エチオピアとケニアでも麻疹が流行し、2011年の最初の6ヶ月で1万7500人が罹患していると報告されている。2011年7月に報告されたWHOの予測では、200万人の子供が麻疹にかかる可能性があるとされている。東アフリカ大旱魃 (2011年) フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ヘンリー・デイナ

    リチャード・ヘンリー・デイナから見た麻疹麻疹

    1815年8月1日、デイナはマサチューセッツ州ケンブリッジの名家に生まれた。デイナは1831年にハーバード大学に入学したが、1834年に麻疹の後遺症で目に障害を負い、大学を退学した。リチャード・ヘンリー・デイナ フレッシュアイペディアより)

  • ナポレオン・シャグノン

    ナポレオン・シャグノンから見たはしか麻疹

    2000年にジャーナリスト、パトリック・ティアニーは『エルドラドの闇』を出版し、シャグノンと同僚の人類遺伝学者ジェームズ・ニールがヤノマミ族の間で意図的にはしかを流行させていると告発した。歴史家、疫学者、人類学者とこの問題に直接関わっていた映画製作者たちはティアニーの主張を調査した。彼らははしかの流行に関して告発を拒絶した。2000年11月にはミシガン大学の学長のオフィスにおいて、エルドラドの闇の告発のほとんどが公的に拒否された。例えば『エルドラドの闇』が根拠としていたインタビューは全て、シャグノンが本の中で批判し怒らせたローマカトリック教会(サレジオ会)のメンバーのものだった。ナポレオン・シャグノン フレッシュアイペディアより)

  • ウイルス血症

    ウイルス血症から見た麻疹麻疹

    「活動性の」ウイルス血症はウイルスが複製され血流に侵入することで起こる。その一例として、麻疹では気道の上皮粘膜で第一次ウイルス血症を発症し、そこでウイルスが複製されて基底細胞層から排出され毛細血管や血管に流入する。ウイルス血症 フレッシュアイペディアより)

  • サフランの取引と利用

    サフランの取引と利用から見た麻疹麻疹

    サフランのハーブ療法は、昔から民間医療に使われており、迷信も多く含まれている。まず、駆風剤(腸内のガスを取り、痛みを和らげる)、月経促進剤(骨盤血流を強化する)として使われた。中世ヨーロッパ人は、呼吸感染症や呼吸障害(例えば咳、風邪、猩紅熱、天然痘、癌、低酸素血、喘息)の治療に使った。また、血液疾患、不眠症、麻痺、心臓病、鼓腸、胃の不調と障害、痛風、慢性の子宮出血、生理痛、無月経(月経不順)、夜泣き、眼病などにも使われた。古代ペルシャ人、エジプト人は、サフランを媚薬、食中毒、胃炎、赤痢、麻疹の薬として使った。ヨーロッパの開業医は特徴説(Doctrine of Signatures)に基づいて、黄疸に対して同じ黄色であるサフランを治療に使っていた。サフランの取引と利用 フレッシュアイペディアより)

  • セイロンマンリョウ

    セイロンマンリョウから見た麻疹麻疹

    マレーシアでは葉の煎汁が胸の痛みを和らげると言われており、葉のペーストはヘルペスや麻疹の治療に使われる。タイでは果実が発熱を伴った下痢に用いられる。東南アジアで、葉は疥癬、果実は腸内寄生虫に対して用いられる。セイロンマンリョウ フレッシュアイペディアより)

  • フニペロ・セラ

    フニペロ・セラから見た麻疹麻疹

    「サンノゼ・デル・カボでのミッション」や、「サンチャゴ・デ・ラ・コラスでのミッション」については、あまりにも生き残ったインディアンが少なすぎて、報告書は残されておらず、パロウはただ「ほとんど全員が梅毒に罹った」とだけ書き記している。1602年にカリフォルニアに上陸したセバスティアン・ビスカイノを歓迎し、壊血病に苦しむ乗組員を助け、親切にもてなしたインディアンたちは、スペイン人が持ち込んだインフルエンザ、ジフテリア、麻疹、肺炎、百日咳、天然痘、マラリア、腸チフス、コレラ、結核、赤痢、梅毒、日常的なスペイン人移民の暴力によって、ここまででその数を2万人弱まで減らしていた。セラが引き継いだキリスト教伝道は、インディアンの減少をさらに加速させた。フニペロ・セラ フレッシュアイペディアより)

  • りおでじゃねろ丸

    りおでじゃねろ丸から見た麻疹麻疹

    「りおで志゛やねろ丸」は三菱長崎造船所で1929年(昭和4年)5月16日に起工し11月19日に進水、1930年(昭和5年)5月15日に竣工した。この「りおで志゛やねろ丸」の竣工により、さんとす丸級貨客船就航から始まった西回り南米航路の船質改善が終わり、ほぼすべてディーゼル貨客船で運航されるようになった。年間11回の配船、従来63日掛かっていた神戸とサントス間も46日に短縮される。また、竣工翌年の1931年(昭和6年)には、同じく西回り南米航路に配船していた日本郵船との間で郵商協調が成立し、日本郵船が航路から撤退して大阪商船の独占航路となった。このまま春を謳歌するかに見えたが、1933年(昭和8年)には船内で麻疹が流行し20名が死亡して非難を浴びたり、1934年(昭和9年)4月にはミシシッピ川河口部で座礁事故を起こした。1937年(昭和12年)5月17日、「りおで志゛やねろ丸」は香港に寄港し、同地からの移民客を大阪商船のランチ「堂島丸」(28トン)を使って乗船させていたが、午後8時ごろに「堂島丸」のボイラーが突然爆発し、この爆発事故で移民27名と一等乗客1名が死亡して負傷者12名、あるいは中国人3人を含む29名即死の惨事に見舞われた。りおでじゃねろ丸 フレッシュアイペディアより)

  • 雲松院

    雲松院から見た麻疹麻疹

    享保2年(1717年)8月1日出生。生母は斉藤氏。徳川宗将の異母姉で、熊本藩主細川宗孝の正室である喜姫の同母姉にあたる。同6年(1721年)に疱瘡、同15年(1730年)に麻疹を患う。雲松院 フレッシュアイペディアより)

172件中 41 - 50件表示

「はしか」のニューストピックワード