232件中 51 - 60件表示
  • 近世における世界の一体化

    近世における世界の一体化から見た麻疹麻疹

    ヨーロッパよりアメリカ大陸にもたらされたもので重要なものには、世界宗教としてのキリスト教、コムギ・サトウキビ・コーヒーなどの農産品、馬・牛・羊などの家畜、車輪、鉄器があり、また、ヨーロッパ白人自身も入植者としてそれに含まれる。また、天然痘、麻疹、インフルエンザなどの伝染病があった。免疫をもたなかったインディアン民族はこれらヨーロッパからの伝染病によって激減した。後述するように、アフリカからはインディアンの労働力を補う目的で黒人奴隷が拉致連行された。近世における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • ティエラ・デル・フエゴ州

    ティエラ・デル・フエゴ州から見た麻疹麻疹

    アルゼンチンの州の中では一番新しく設立された州であるが約12,000年前より人が住み始めていた。最初のヨーロッパ人たちが渡って来た時、先住民族は10,000人を数えヤマナ族、アルカルフ族、セルクナム族、マネケネク族など4部族が居た。ヨーロッパ人の渡来後、50年後にはこれら先住民族はヨーロッパ人によってもたらされた感染症である天然痘や麻疹、略奪行為によって350人にまで減っている。州都であるウシュアイアは先住民の言葉で「湾に面して終わり」を意味している。ティエラ・デル・フエゴ州 フレッシュアイペディアより)

  • カフジ=ビエガ国立公園

    カフジ=ビエガ国立公園から見たはしか麻疹

    カフジ=ビエガ国立公園では、ゴリラを観察するための団体観光が許可されており、多くの観光客が訪れた。その結果、風邪、はしかなどの病気や、人間を対象としていた寄生虫類が持ち込まれる結果になり、罹患し死に至るゴリラが続出した。カフジ=ビエガ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 亜急性硬化性全脳炎

    亜急性硬化性全脳炎から見た麻疹麻疹

    亜急性硬化性全脳炎の発症者は、その9割以上が14歳以下の小児である。既述の通り、原因となるSSPEウイルスは中枢神経系へ感染後に変異を起こした麻疹ウイルスである。したがって、通常は麻疹の罹患者の中のごく一部の者が、数年後に亜急性硬化性全脳炎を発症するという経過をたどる。麻疹に感染してから亜急性硬化性全脳炎を発症するまでの潜伏期間は2年から10年程度と考えられており、その発症頻度は10万人に1.7人程度(麻疹罹患者の0.0017 %程度亜急性硬化性全脳炎 フレッシュアイペディアより)

  • 鯖神社

    鯖神社から見た麻疹麻疹

    古来から7社の鯖神社に参拝し(7社がどの鯖神社を指すかは文献により異なる)息災を祈る「七さば巡り」「七さばまいり」なる風習があったことで知られる。一日でこの七左馬をお参りすることで疱瘡、麻疹(はしか)、百日咳などの悪病除けになるという。「サバ参り」あるいは「相模七左馬」とも言う。鯖神社 フレッシュアイペディアより)

  • ミドル・パッセージ

    ミドル・パッセージから見た麻疹麻疹

    奴隷たちはあまりにもぎゅうぎゅう詰めに押し込まれており、大小便の処理すらも行われなかったため、病気は瞬く間に蔓延した。もっとも一般的な病気は、赤痢、壊血病、天然痘、梅毒、麻疹であった。ミドル・パッセージで大勢の奴隷が病気のために死亡したが、移送距離が長ければ長いほど死亡する人数は増えた。また、多くの奴隷が食欲不振に陥った。ミドル・パッセージ フレッシュアイペディアより)

  • ガルカイヨ

    ガルカイヨから見た麻疹麻疹

    2009年6月には栄養状態の悪化から、はしかなどの伝染病が広がっている。ガルカイヨ フレッシュアイペディアより)

  • ナポレオン・ルイ・ボナパルト

    ナポレオン・ルイ・ボナパルトから見た麻疹麻疹

    その後、イタリアでカルボナリに参加していたが、オーストリアの官憲から逃れて潜伏中の1831年3月17日に、麻疹のため死去した。ナポレオン1世の唯一の嫡出子ナポレオン2世に1年先立つ死だった。イル=ド=フランスのサン=ルー=ラ=フォレに葬られている。ナポレオン・ルイ・ボナパルト フレッシュアイペディアより)

  • エカテリーナ・ダーシュコワ

    エカテリーナ・ダーシュコワから見た麻疹麻疹

    2歳の時に母マルファが亡くなり、ダーシュコワは叔父ミハイルの屋敷で養育され、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ラテン語、音楽、絵画に関して高い教育を受けた。若い頃から男勝りの才能と性格を発揮し、これが彼女の非凡な一生を形成した。12歳の時、麻疹にかかり郊外の別荘に隔離され、読書に没頭するようになる。数学を好んだ他、ベール、モンテスキュー、ヴォルテール、ヘルヴェティウス(w:Claude Adrien Helvétius)らの著作を好んで読み耽った。少女時代に宮廷に参内を許され、皇太子妃エカテリーナ・アレクセーエヴナ大公妃(後のエカテリーナ2世)と出会い、その一党の主要な一員となった。1752年2月、16歳を迎える前にリューリク朝以来の伝統を誇る名門貴族のミハイル・ダーシュコフ公爵と結婚し、モスクワに移った。二人の間には、長男ミハイル、長女アナスタシア、次男パーヴェルの二男一女が生まれた。1762年、サンクトペテルブルクに移る。エカテリーナ・ダーシュコワ フレッシュアイペディアより)

  • 藤原嬉子

    藤原嬉子から見た麻疹麻疹

    寛仁2年(1018年)、尚侍に任官。同3年(1019年)着裳、従三位に叙される。同5年(1021年)、兄頼通の養子として皇太弟敦良親王(後朱雀天皇)に入内。万寿2年(1025年)8月3日、王子(親仁親王、後冷泉天皇)を出産するが、赤斑瘡(あかもがさ、麻疹の一種)でわずか2日後に薨去。享年19。同29日正一位を追贈。寛徳2年(1045年)、後冷泉天皇即位に伴い皇太后を追贈される。藤原嬉子 フレッシュアイペディアより)

232件中 51 - 60件表示