172件中 51 - 60件表示
  • パタゴン

    パタゴンから見た麻疹麻疹

    パタゴニア以外のインカ帝国など南米各地の人々は16世紀中にはヨーロッパ人の激しい簒奪に遭い殺され、その支配下におかれ衰弱していったが、辺境で農業に向かないパタゴニアにヨーロッパ人が進出してくるのは少し先であった。18世紀半ばスペインへの対抗勢力であるチリのマプチェ族(アラウカノ族)がパタゴニアに勢力を伸ばし、テウェルチェ族はその文化にも影響を受け(アラウカノ化)ていき(テウェルチェの名自体がマプチェ語に由来するものである)勢力も衰えていった。さらにヨーロッパ人が大陸から持ち込んだ天然痘やチフス、麻疹などの伝染病はインカをはじめ免疫を持たなかった南アメリカの諸民族を甚だしく減少させたが、ヨーロッパ人の持ち込んだ伝染病に免疫を持たなかった点はテウェルチェ族についても同様であり疾病で人数を減らしている。パタゴン フレッシュアイペディアより)

  • エカテリーナ・ダーシュコワ

    エカテリーナ・ダーシュコワから見た麻疹麻疹

    2歳の時に母マルファが亡くなり、ダーシュコワは叔父ミハイルの屋敷で養育され、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ラテン語、音楽、絵画に関して高い教育を受けた。若い頃から男勝りの才能と性格を発揮し、これが彼女の非凡な一生を形成した。12歳の時、麻疹にかかり郊外の別荘に隔離され、読書に没頭するようになる。数学を好んだ他、ベール、モンテスキュー、ヴォルテール、ヘルヴェティウス(w:Claude Adrien Helvétius)らの著作を好んで読み耽った。少女時代に宮廷に参内を許され、皇太子妃エカテリーナ・アレクセーエヴナ大公妃(後のエカテリーナ2世)と出会い、その一党の主要な一員となった。1752年2月、16歳を迎える前にリューリク朝以来の伝統を誇る名門貴族のミハイル・ダーシュコフ公爵と結婚し、モスクワに移った。二人の間には、長男ミハイル、長女アナスタシア、次男パーヴェルの二男一女が生まれた。1762年サンクトペテルブルクに移る。エカテリーナ・ダーシュコワ フレッシュアイペディアより)

  • マーカス・ホィットマン

    マーカス・ホィットマンから見た麻疹麻疹

    インディアンの領地内に白人開拓者が流入することで、1847年の麻疹の重大な流行などインディアンにとって新しい病気をもたらした。インディアンはこれらの新しい病気に免疫が無く、限られた健康習慣のために高い致死率となり、子供達が非常に多く死んでいった。ホイットマンが熱心に改宗を勧めることと、多くの白人患者は快復させたことで、インディアン達はホイットマンがインディアンの患者を死なせているという考え方が育っていった。マーカス・ホィットマン フレッシュアイペディアより)

  • SEIRモデル

    SEIRモデルから見たはしか麻疹

    数値計算によって得られる解は水痘、はしかなどの実際の感染症流行を定性的には再現し、またその振る舞いはカオス的である。SEIRモデル フレッシュアイペディアより)

  • メキシコの歴史

    メキシコの歴史から見た麻疹麻疹

    1492年にクリストーバル・コロンがアメリカ大陸を「発見」すると、ヨーロッパ人によるアメリカ大陸の征服が始まった。1519年にスペイン人エルナン・コルテスがメキシコに上陸すると、スペイン人をアステカの神ケツァルコアトルと思った皇帝モクテスマ2世はスペイン人たちを招きいれた。1520年に先住民の反乱がおきると一時撤退するが、アステカ帝国に圧迫されていたトラスカラ王国の助けを得て反撃。一方のアステカ人はスペイン人の持ち込んだ麻疹や天然痘に苦しみ、スペイン人への抵抗は困難を極めた。モクテスマの甥である皇帝クアウテモックは首都から船で脱出しようとしたところをコルテス軍につかまり、1521年8月31日、アステカ帝国は滅亡した。メキシコの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ビーバー (アラスカ州)

    ビーバー (アラスカ州)から見た麻疹麻疹

    アラスカ州のゴールドラッシュ時の1907年、日本人フランク安田とイヌピアック・エスキモーの妻ネビロと2名のエスキモーは鉱山師トマス・カーターと共に、金鉱を探しにバローから出発した。一行はワイズマンに行き。その後、フランク安田とネビロの2人はシャンダラー地域に行き、シャンダラー川で金を発見する。金の発見後、フランク安田はカーターに報告し、カーターはシャンダラー地域で金の取引ポストを始める。フランク安田は麻疹や天然痘などで壊滅的打撃を受けたポイント・バローのイヌピアック・エスキモーが安住して暮らせる場所を探していた。カーターからユーコン川付近にはムースなど動物がいて狩猟も出来るし、シャンダラー金鉱の交通地点として良いと言われ、ユーコン川沿いにエスキモーの彼らのために村を作ろうと決める。友人のジョージ大島からユーコン川にはビーバーが生息していると聞き、フランク安田は村を作る際に、そのままビーバーと命名した。ビーバーが位置する場所にはエスキモーと対立する、アサバスカ語族のインディアンの居住地の近くだったため、フランク安田は、アサバスカ・インディアンと生活した事があり、アサバスカ語も話せるジョージ大島を通訳に、アサバスカ語族の首長と交渉に当たった。交渉に成功した後の1911年フランク安田はポイント・バローに戻り、妻のネビローやフランク安田夫妻に同調した数百人のエスキモー一団を連れ、ブルックス山脈を越え、ユーコン川沿いの村となるビーバーの場所に辿り着いた。辿り着いたエスキモー達はフランク安田が建てて置いた丸太小屋の家に落ち着いた。ビーバー村はカーターが経営するシャンダラー鉱山の交通拠点として川船に薪を供給し、エスキモーとインディアンの毛皮の取引した。1913年に郵便局が設立され、1920年代初期に第2の取引ポスト場が開かれた。1928年にフランク安田により学校が作られ、滑走路は1930年代に敷設された。エスキモーの他、インディアンや白人が入り込み、村はビーバーの毛皮取引で村は栄え、人口も300人を一時越えたが、村の存在に欠かせない存在であるフランク安田が1942年日系人捕虜強制収容に収容するため連行されると、ビーバー村の人口は若者を中心に激減し村は錆びて行った。1950年代から1970年代の人口は比較的安定していた。1974年に、村民が家畜の株式を持ち、ビーバービレッジ議会は地元の店を購入し、協同組合が発足した。ビーバー (アラスカ州) フレッシュアイペディアより)

  • 萩原静安

    萩原静安から見た麻疹麻疹

    同年4月22日、大坂表で麻疹の流行により、山内豊範の発駕が延期となり、28日となる。萩原静安 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川経忠

    吉川経忠から見た麻疹麻疹

    吉川経倫の長男として生まれる。寛政4年(1792年)、父の隠居により家督を相続する。岩国の財政は経忠の襲封以前から悪化していた。経忠は文武教育を奨励し、敬神崇祖の範を示すことによって土風の刷新を図った。その上で財政の健全化を図り、家老の宮庄親徳と香川景晃らを中心に財政改革を推進した。しかし享和3年(1803年)に38歳の若さで、麻疹の合併症のため死去した。吉川経忠 フレッシュアイペディアより)

  • ましん

    ましんから見た麻疹麻疹

    ましん フレッシュアイペディアより)

  • 松平乗承

    松平乗承から見た麻疹麻疹

    叔父で最後の藩主松平乗秩の養子となる。明治6年(1973年)に養父の死を受けて家督を継ぎ、明治10年(1977年)、大給恒、佐野常民らと博愛社(日本赤十字社の前身)の設立に尽力。明治14年(1881年)に宮内省御用掛となり、明治17年(1884年)7月3日には太政官御用掛に就任、修史館勤務となる。同年12月に第二局に移動となるが、明治18年(1885年)3月麻疹にかかり辞職する。明治20年(1887年)、日本赤十字社に入り、第四回赤十字国際会議にドイツ留学中の森鴎外と出席する。明治23年(1890年)7月10日、貴族院議員となり研究会に属し、大正14年(1925年)7月まで務めた。大正2年(1913年)日本赤十字社副社長に就任し、大正7年(1918年)まで務めた。昭和4年、79歳で没した。松平乗承 フレッシュアイペディアより)

172件中 51 - 60件表示

「はしか」のニューストピックワード