232件中 61 - 70件表示
  • 足利基氏

    足利基氏から見たはしか麻疹

    正平22年/貞治6年(1367年)に死去、享年28。死因ははしかと伝わる。『難太平記』は自殺の可能性をほのめかすが、あくまで伝聞で真相は分からないとしている。同年12月7日には兄義詮も亡くなっている。足利基氏 フレッシュアイペディアより)

  • 遅発性ウイルス

    遅発性ウイルスから見た麻疹麻疹

     1892年に最初の濾過性の病原体が発見されている。1927年頃にウイルスと用語が統一された様である。数十の疾患をウイルス性と列挙する総説も当時すでにあった。この間、動物の感染実験、物理・化学的な性質、培養、免疫、発癌性など、困難な時代と思われるが、研究がかさねられた。当時の、ウイルスの定義は、濾過性と光学顕微鏡で見ることができないの二点である。実態をとらえてはいないが、細胞中でウイルスが増殖し、細胞が膨張し、核が分裂し、封入体などを形成するなどの組織の異常(病理)が判明していた。1940年には電子顕微鏡による観察が始められた(当時の基準でのウイルスであって、厳密にはファージかもしれない)。この時代背景の中で、J.Cuilleのスクレイピーの伝達実験(1936年)から、1954年にB.シガードソン(Bjoern Sigurdsson)が病原体として、遅発性ウイルスを予想した。さらに、1959年、W.J.Hadlowが、スクレイピーとクールー病(KURU)の海綿状態の類似性につき論文を発表した。この前後、進行性の神経難病の組織を高等哺乳類に接種する実験が行われていたが、いずれも不成功であった。しかし1966年、ガジュセックGajdusekにより、チンパンジーに、クールー病(KURU)を接種して発病した報告がなされ、遅発性ウイルス感染症であると提唱した。1968年には、C.J.Gibbsによりクロイツフェルト・ヤコブ病のチンパンジーへの伝達が報告されている。その後、感染組織の海綿状態を共通項として、一連の疾患の伝達が成功する。しかし、後にプリオン病としてまとめられて独立した。これらに平行して亜急性硬化性全脳炎(SSPE)の研究で、ウイルスとしては比較的大型の麻疹ウイルスの存在が、1963年に電子顕微鏡で感染組織に証明された。その後、遅発性ウイルスの代表的存在となり、神経難病との関連が論じられた時期もあった。しかし、その後は、ウイルス感染症の特殊例としての扱いになった。遅発性ウイルス フレッシュアイペディアより)

  • ニューカッスル病

    ニューカッスル病から見た麻疹麻疹

    病原体であるニューカッスル病ウイルス(Newcastle disease virus:NDV)は1本鎖-鎖RNAウイルスで、はしかウイルス、おたふくかぜウイルス、ジステンパーウイルス、センダイウイルスなどとともにパラミクソウイルス科に分類される。ニューカッスル病 フレッシュアイペディアより)

  • モルビリウイルス属

    モルビリウイルス属から見た麻疹麻疹

    モルビリウイルス属(Genus Morbillivirus)とはモノネガウイルス目パラミクソウイルス科パラミクソウイルス亜科に属するRNAウイルスの1属。15.7~15,9kbのマイナス一本鎖RNAをゲノムに持つ。モルビリウイルス属に属する多くのウイルスが牛疫や麻疹、犬ジステンパーのような高い伝染力を有する疾病を引き起こす。しかし、当該属のウイルス特性として、(1)限られた宿主に感染、(2)血清型が単一である、などの理由によりワクチン接種による感染抑制や感染動向調査が容易である。従って流行を効果的に制御できる。モルビリウイルス属 フレッシュアイペディアより)

  • 善六

    善六から見たはしか麻疹

    しかし翌日の3月8日、イルクーツクから200kmほど行った場所で左太夫と清蔵の2人が乗り物酔いのために脱落した。2人は回復次第、別便で追及することになり、一行は再びペテルブルクに向けて出発した。馬車は昼夜を問わず走り続け、1日に130km?140km走った。一行はクラスノヤルスク、トムスク、エカテリンブルクを過ぎ、ペルミに着いた。しかし、この町で銀三郎がはしかのような病気に罹ってしまい、病状の悪化からとても旅を続けられる状態ではなくなったため、銀三郎はペルミの病院に入院し、一行は先を急ぐことになった。善六 フレッシュアイペディアより)

  • ボウイ郡 (テキサス州)

    ボウイ郡 (テキサス州)から見た麻疹麻疹

    農耕を行うカドー・ミシシッピ文化は紀元前1500年頃、後期アルカイック紀にまで遡ることができる。1541年、スペイン人エルナンド・デ・ソトの遠征隊はインディアンとの暴力的な遭遇になった。スペインとフランスの伝道師が天然痘、麻疹性マラリア、インフルエンザなどの疫病を持ち込み、カド族はそれに対して何の免疫も無かった。最終的にこれらの疫病やオーセージ族との問題もあって、カド族はその居留地を棄てることを強いられた。この地域の入植者は19世紀にいたショーニー族、デラウェア族、キカプー族と平和的な関係を築いた。ボウイ郡 (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

  • フリーストーン郡 (テキサス州)

    フリーストーン郡 (テキサス州)から見た麻疹麻疹

    フリーストーン郡となった地域では、紀元前200年頃にカド族ミシシッピ文化の中で農耕を行っていたキチャイ・バンドの形跡が確認されている。1541年、エルナンド・デ・ソトの遠征は暴力を伴うインディアンとの遭遇になった。スペイン人とフランス人の伝道師達が、カド族には免疫が無かった天然痘、麻疹、マラリア、インフルエンザなどの疫病を持ち込むことになった。最終的にカド族は居留地に強制移住させられた。フリーストーン郡 (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

  • アル・ラーズィー

    アル・ラーズィーから見た麻疹麻疹

    『天然痘と麻疹の書』(Kitab fi al-jadari wa-al-hasbah)では麻疹と天然痘について記述し、ヨーロッパに大きな影響を与えた。アル・ラーズィー フレッシュアイペディアより)

  • 高橋理明

    高橋理明から見た麻疹麻疹

    1978年(昭和53年) - 大阪大学微生物病研究所麻疹部門教授高橋理明 フレッシュアイペディアより)

  • V-K☆カンパニー

    V-K☆カンパニーから見た麻疹麻疹

    7人兄弟の末っ子で坂浦は実兄。ひどい病弱で、病気が治らないうちに無理をしたため、はしかにかかる。V-K☆カンパニー フレッシュアイペディアより)

232件中 61 - 70件表示

「はしか」のニューストピックワード