85件中 11 - 20件表示
  • 麻疹

    麻疹から見た百日咳

    神奈川県横浜市や大和市、藤沢市に点在する鯖神社(左馬神社、佐婆神社とも言う)を一日で巡る「七さば巡り」を行うと、はしかや百日咳の病除けになるという。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た片親

    流行しているウイルスの型は、数年毎に変化している。国立感染症研究所によると2008年までは、いわゆる土着株の遺伝子型D5型(バンコク型)が流行していたが、2009年からは日本国外由来のD9型やD8型が検出された。2011年以降はD4型、D9型、D8型、G3型が検出されD5型は検出されず、流行株の推移は、日本国外の流行地であるヨーロッパ、東南アジア等を反映している。2014年以降は、B3型が最も多く、次いでD9型、D8型が検出されている。日本国内で2012年に生じた麻疹の小規模な集団感染を解析した研究者によれば、発症した子供の多くの保護者は「片親」「外国籍を有し日本語の案内を読めない」などの社会的なハンディキャップがあり、またワクチン接種歴が無い場合が多かったとしている。また、第1期接種の対象は1歳児とされているため、定期接種の対象から外れている0歳児をどのように守るのかが課題となると問題提起している。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た風疹

    風疹(3日はしかとも呼ばれる)麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見たアワビ

    愛知県や三重県では、アワビの貝殻を入口などにつるして、はしか除けをしたという。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た国際連合児童基金

    WHO/UNICEFにおいて、日本を含む西太平洋地域での麻疹排除の目標時期を2012年に設定された事を受け、国内の麻疹を2012年までに排除する事となった。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た子供

    流行しているウイルスの型は、数年毎に変化している。国立感染症研究所によると2008年までは、いわゆる土着株の遺伝子型D5型(バンコク型)が流行していたが、2009年からは日本国外由来のD9型やD8型が検出された。2011年以降はD4型、D9型、D8型、G3型が検出されD5型は検出されず、流行株の推移は、日本国外の流行地であるヨーロッパ、東南アジア等を反映している。2014年以降は、B3型が最も多く、次いでD9型、D8型が検出されている。日本国内で2012年に生じた麻疹の小規模な集団感染を解析した研究者によれば、発症した子供の多くの保護者は「片親」「外国籍を有し日本語の案内を読めない」などの社会的なハンディキャップがあり、またワクチン接種歴が無い場合が多かったとしている。また、第1期接種の対象は1歳児とされているため、定期接種の対象から外れている0歳児をどのように守るのかが課題となると問題提起している。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た遺伝子

    かつての日本ではカタル期や発疹期に現れる特有の臨床症状のみで診断することが多く行われていたが、後述の「2012年の麻疹排除計画」開始以降は、実験室内診断を重要視し「IgM抗体検査」或いは「遺伝子検査」が推奨されている。しかし、IgM抗体検査では伝染性紅斑の罹患に伴う血清中の麻疹ウイルスIgM抗体の陽転化が報告されていることから、可能な限り遺伝子検査を行うよう厚生労働省は通知を行った。麻疹ウイルスはA〜Hの8クレード、24の遺伝子型に分類され、遺伝子型によって麻疹患者の疫学リンクが明確になり、感染地域の推定にも役立つ。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見たメルクマニュアル

    はしか メルクマニュアル麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た伝染病

    麻疹ウイルスによる。感染経路は空気感染・飛沫感染・接触感染と多彩。ウイルスは世界保健機関 (WHO) の分類により現在AからHの8群、22遺伝子型に分類されている。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た日本

    紀元前3000年頃の中近東地域が最初の流行地であったと考えられている。日本では、平安時代以後度々文献に登場する疫病の一つ「あかもがさ(赤斑瘡/赤瘡)」は今日の「麻疹」に該当するという件が通説である。江戸時代には13回の大流行が記録されており、1862年の流行では江戸だけで、約24万人の死者が記録されている。麻疹 フレッシュアイペディアより)

85件中 11 - 20件表示

「はしか」のニューストピックワード