51件中 11 - 20件表示
  • 麻疹

    麻疹から見たWHO

    麻疹(ましん、、痲疹とも)は、ウイルス感染症の一種。伝染力が非常に強く、世界保健機関WHOの推計によれば、2004年の全世界の患者数は約40万人で、東南アジア、中近東、アフリカで多く発生している。「麻疹」と書いてはしかとも読み、日本では一般にはこちらの方が知られている。近年は「疹」の字が常用漢字でないため「麻しん」とも書かれる麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た伝染病

    麻疹ウイルスによる。感染経路は空気感染・飛沫感染・接触感染と多彩。ウイルスは世界保健機関(WHO)の分類により現在AからHの8群、22遺伝子型に分類されている。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見たアメリカ合衆国

    アメリカでは1970年代後期より麻疹ワクチンの徹底した導入により2000年に麻しんが排除され、2002年以降の患者数は100人未満となりその多くは輸入症例となり、メディカルスクールの学生の実地教育にも事欠くほどに患者が減少したといわれている。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見たブースター効果

    流行株の変異によって、ワクチンで獲得した抗体での抑制効果が低くなることが懸念されている。また、ワクチンによる獲得免疫の有効期間は約10年とされるが、ブースター効果による追加免疫が得られず、抗体価の低下(減衰)により再感染することもある。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た日本

    紀元前3000年頃の中近東地域が最初の流行地であったと考えられている。日本では、平安時代以後度々文献に登場する疫病の一つ「あかもがさ(赤斑瘡/赤瘡)」は今日の「麻疹」に該当するというのが通説である。江戸時代には13回の大流行が記録されており、1862年の流行では江戸だけで、約24万人の死者が記録されている。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た間質性肺炎

    麻疹ウイルスによるもの(中耳炎、ウイルス性肺炎(間質性肺炎)、細気管支炎、仮性クループ)麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た麻疹ウイルス

    麻疹ウイルスによる。感染経路は空気感染・飛沫感染・接触感染と多彩。ウイルスは世界保健機関(WHO)の分類により現在AからHの8群、22遺伝子型に分類されている。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た脳炎

    この病気は麻疹に感染後7?10年してから知能障害や運動障害が発症し、ゆっくりと進行する予後不良の脳炎である。麻疹に罹患した人の数万人に一人が発症するといわれている。まれに予防接種でも発症することがある。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た鯖神社

    神奈川県横浜市や大和市、藤沢市に点在する鯖神社(左馬神社、佐婆神社とも言う)を一日で巡る「七さば巡り」をおこなうと、はしかや百日咳の病除けになるという。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見たMRワクチン

    麻疹・成人麻疹の流行により麻疹ワクチン・MRワクチンの需要が急増し、定期接種ワクチンが前年よりMRワクチンに移行された影響も重なり全国的にワクチン在庫が不足する事態が生じた。麻疹ワクチン・MRワクチンは1歳?2歳未満・小学校就学前の1年間を定期接種により優先され、それ以外の世代では緊急接種を除きワクチン接種の前に抗体検査を行うことが推奨されたが、それにより一時的に検査試薬が不足する事態を招いた。麻疹 フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示

「はしか」のニューストピックワード