51件中 31 - 40件表示
  • 麻疹

    麻疹から見た気管支炎

    細菌の二次感染によるもの(中耳炎、細菌性肺炎、気管支炎、結核の悪化)麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た肺炎

    麻疹ウイルスによるもの(中耳炎、ウイルス性肺炎(間質性肺炎)、細気管支炎、仮性クループ)麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た予防接種

    予防策として唯一の方法は、幼児期のワクチン予防接種である。罹患したことのある人、ワクチン接種を行った人は終生免疫を獲得するとされていたが、ワクチン接種を行っていても十分な抗体価を得られない場合や、野生株の麻疹ウイルスの曝露がないまま長時間を経過することによって抗体価が低下した場合、麻疹を発症することがある。このような場合は典型的な麻疹の経過をとらず、種々の症状が軽度であったり、経過が短かったりすることが多い(修飾麻疹)。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た亜急性硬化性全脳炎

    亜急性硬化性全脳炎(subacute sclerosing panencephalitis、略称:SSPE)麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た中耳炎

    麻疹ウイルスによるもの(中耳炎、ウイルス性肺炎(間質性肺炎)、細気管支炎、仮性クループ)麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た抗体

    免疫賦活薬イノシンプラノベクスは抗ウイルス作用を示す。麻疹患者に接触後72時間以内の免疫グロブリン製剤の投与が、麻疹発症を予防するか、あるいは症状を軽減させることが認められている。しかしながら血液製剤であるため、適応は原則として、ワクチン未接種の乳幼児や免疫不全患者など、ハイリスク患者に限られる。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た学校感染症

    学校保健安全法による第2種学校感染症に指定。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た修飾麻疹

    麻疹には、症状の出現する順序や症状の続く期間に個人差が少ないという特徴がある。ただし、免疫のある患者では、非典型的で軽症な経過をとることがある(修飾麻疹)。ワクチン接種歴により軽く済むといわれる。麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見たウイルス

    麻疹(ましん、、痲疹とも)は、ウイルス感染症の一種。伝染力が非常に強く、世界保健機関WHOの推計によれば、2004年の全世界の患者数は約40万人で、東南アジア、中近東、アフリカで多く発生している。「麻疹」と書いてはしかとも読み、日本では一般にはこちらの方が知られている。近年は「疹」の字が常用漢字でないため「麻しん」とも書かれる麻疹 フレッシュアイペディアより)

  • 麻疹

    麻疹から見た疫病

    紀元前3000年頃の中近東地域が最初の流行地であったと考えられている。日本では、平安時代以後度々文献に登場する疫病の一つ「あかもがさ(赤斑瘡/赤瘡)」は今日の「麻疹」に該当するというのが通説である。江戸時代には13回の大流行が記録されており、1862年の流行では江戸だけで、約24万人の死者が記録されている。麻疹 フレッシュアイペディアより)

51件中 31 - 40件表示

「はしか」のニューストピックワード