前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
454件中 1 - 10件表示
  • セイヨウミツバチ

    セイヨウミツバチから見た蜂蜜蜂蜜

    セイヨウミツバチ(西洋蜜蜂、学名: )はミツバチの一種である。属名である は「ミツバチ」に対応するラテン語である。そして種小名の は「蜂蜜」を意味する と「運ぶ」を意味する から成る。それ故学名は「蜂蜜を運ぶミツバチ」を意味する。学名は1758年にカール・フォン・リンネによって命名された。しかし後にこのハチが運ぶのは蜂蜜ではなく花蜜であると理解されたために、以降の出版物には (蜂蜜を作るハチ)と記載された。しかし国際動物命名規約のシノニムの決まりに従って、先につけた名前が優先順位をもつこととなった。セイヨウミツバチ フレッシュアイペディアより)

  • 蜂群崩壊症候群

    蜂群崩壊症候群から見た蜂蜜蜂蜜

    蜂蜜や花粉といった食料は備蓄されたままである。そのため、これらがごく短時間のうちに他の蜂に奪われることはない(盗蜂は容易に起きない)。また食料が備蓄されていれば、蜂の巣を襲う天敵(蜂にとっては害虫)例えば、ハチノスツヅリガやケシキスイからの攻撃も巣に籠もることで防御できるため、敵による攻撃も考えにくい。蜂群崩壊症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 菓子

    菓子から見た蜂蜜蜂蜜

    約1万年前の壁画に蜂蜜の採取と思われる絵があり、人は有史以前から蜂蜜や果物などの甘味を求めていた。また、身体維持に欠かせない塩分は、その必要性から塩味といったおいしさとして認識されていた。様々な穀物を粉にし、それを練って火にかけるという初歩的な調理が行われるようになってからは、食物に対して栄養を求めるだけでなく、甘味や塩味をより楽しむ事が求められるようになり、そういった味覚への追求が菓子を創造する原動力になったとも考えられている。菓子 フレッシュアイペディアより)

  • レープクーヘン

    レープクーヘンから見た蜂蜜蜂蜜

    レープクーヘン () は、蜂蜜・香辛料、またはオレンジ・レモンの皮やナッツ類を用いて作ったケーキの一種で、ドイツを中心に中央ヨーロッパ各地で作られている。プフェッファークーヘンともいう。ドイツではクリスマスに飾ることで知られ、特に家の形をしたものはホイスヒェン 、プフェッファークーヘンハウス と呼ばれる。レープクーヘン フレッシュアイペディアより)

  • オルチャータ

    オルチャータから見た蜂蜜蜂蜜

    オルチャータ(スペイン語:horchata、orchata、バレンシア語:orxata)とは、キハマスゲ(Cyperus esculentus)の地下茎の汁もしくは代用として米などを主原料として、砂糖や蜂蜜、スパイス等を原料とする飲料。オルチャータ フレッシュアイペディアより)

  • アイリッシュ・ミスト

    アイリッシュ・ミストから見た蜂蜜蜂蜜

    アイリッシュ・ミスト()とは、1948年にアイルランドのタラモアのウィスキー蒸留業者ウイリアムズ家によって開発されたとされる、リキュールの1種である。ウイリアムズ家は、当時タラモア・デュー(「タラモアの滴り」という意味)と言う銘柄のウィスキーを販売していた。アイリッシュ・ミストは、そのウィスキー販売会社の子会社によって生産が開始されたが、アイリッシュ・ミストが好評だったため、1954年にリキュール製造に専念した。アイリッシュ・ウイスキーに10種類以上のハーブの抽出エキスと蜂蜜を加えることにより製造される。アルコール度数は35度、エキス分は21%。アイリッシュ・ミスト フレッシュアイペディアより)

  • ローマの料理

    ローマの料理から見た蜂蜜蜂蜜

    最初はエンメル麦(小麦と近い関係にある穀物)で作られた平らで丸いパンが少量の塩とともに食べられていた。上流階級では、卵や、チーズ、蜂蜜も食べられ、牛乳や果物も添えられた。帝政期に入り、紀元頃になると、小麦で作られたパンが導入され、時とともにますます多くの焼き物がこのエンメル麦パンから置き換わっていった。パンはワインに浸けられて、オリーブやチーズやラッカー、ブドウとともに食べられることもあった。ローマの料理 フレッシュアイペディアより)

  • くまのプーさん 完全保存版

    くまのプーさん 完全保存版から見た蜂蜜蜂蜜

    特徴:蜂蜜が大好物。家には「ミスター・サンダース」と書かれた表札がある。くまのプーさん 完全保存版 フレッシュアイペディアより)

  • マレーグマ

    マレーグマから見た蜂蜜蜂蜜

    食性は雑食で、トカゲ、鳥類やその卵、小型哺乳類、昆虫類(シロアリや蜂の巣および蜂蜜)、果実(カカオやヤシ)、若芽や根等を食べる。インドネシア語名はBeruang Maduで、「蜂蜜熊」の意。その強力な顎は堅果を割ってこじ開けることもできる。通常は直接口で食べるが、昆虫類は長い舌で絡めとって食べる。マレーグマ フレッシュアイペディアより)

  • チョンタドゥーロ

    チョンタドゥーロから見た蜂蜜蜂蜜

    広く分布する植物であるが、それぞれの地域で食料として先住民族の時代から利用されてきた。果実は色および形がカキに似ているが、繊維質が多く、カボチャやサツマイモのような食感がある1。塩漬けや蜂蜜などをかけて生で食されることが多く、砂糖煮、蜂蜜漬け、菓子の材料、ゼリー、粉等にも加工される。また、食用油を絞ることが出来る。チョンタドゥーロ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
454件中 1 - 10件表示

「はちみつ」のニューストピックワード