454件中 11 - 20件表示
  • トリスウイスキー

    トリスウイスキーから見た蜂蜜蜂蜜

    トリスハニー(2012年9月18日発売。蜂蜜風味のため、酒税法上はリキュールに分類される。アルコール度数20%)トリスウイスキー フレッシュアイペディアより)

  • 中世料理

    中世料理から見た蜂蜜蜂蜜

    高級料理 (:en:haute cuisine) のようなものが中世後期に発達すると、それがヨーロッパ中の貴族の料理の基準となった。一般的な調味料は柑橘果汁・ワイン・酢と黒コショウ、サフラン、ショウガの組み合わせで、普及していた蜂蜜や砂糖と共に、いろいろな料理に甘酸っぱい味付けをするのに使用された。アーモンドはスープ・シチュー・ソースを濃厚にする材料として特にアーモンドミルクの形で使用された。中世料理 フレッシュアイペディアより)

  • こだわり自然化粧品普及会TOMO

    こだわり自然化粧品普及会TOMOから見たはちみつ蜂蜜

    はちみつを使った化粧品が特徴。美容成分を多く含むがコスト削減により低価格を実現している。こだわり自然化粧品普及会TOMO フレッシュアイペディアより)

  • ラーテル

    ラーテルから見た蜂蜜蜂蜜

    好物の蜂蜜を巡って、ミツオシエ科の小鳥と共生関係にある。ラーテル フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ料理

    ウクライナ料理から見た蜂蜜蜂蜜

    古代以来ウクライナ人の主食はパンであった。キエフ大公国時代の一般的なパンは、小麦粉やライ麦粉など作った酸味のある発酵パンであったが、その他に、ケーキ・カラーチ・コロヴァーイなどの種無しパンや、芥子の実と蜂蜜でこねた甘味のあるパンなど、様々なパンの種類が存在していた。ウクライナ料理 フレッシュアイペディアより)

  • ローヤルゼリー

    ローヤルゼリーから見た蜂蜜蜂蜜

    ローヤルゼリー () あるいはロイヤルゼリーとは、若い働き蜂であるミツバチが花粉や蜂蜜を食べ、体内で分解・合成し、上顎と下顎の咽頭腺や大腮腺から分泌する物質である。女王蜂となる幼虫や、成虫となった女王蜂、さらには若齢幼虫の働き蜂に給餌される食物であり、ミツバチの社会“コロニー”を支えている。ローヤルゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ボツリヌス菌

    ボツリヌス菌から見た蜂蜜蜂蜜

    通常のボツリヌス症と異なり、ボツリヌス菌の芽胞を摂取することにより起こる。芽胞は乳児の体内で発芽し、ボツリヌス毒素を作り出す。原因となる食物はいくつか考えられているが、蜂蜜について因果関係が明白になっている。そのため、1歳未満の乳児に蜂蜜を与えてはならない(1987年10月20日厚生省通達)。芽胞は高温に耐える(下記参照)ため、一般的な加熱調理では蜂蜜中の芽胞の除去は困難である。この中毒が乳児特有である理由として、乳児は成人に比べ腸内細菌叢が未発達であることや、消化管が短いことから、成人では消化管で殺菌されるボツリヌス菌が乳児では腸管まで届いてしまうためと考えられる。ボツリヌス菌 フレッシュアイペディアより)

  • ゲンゲ

    ゲンゲから見た蜂蜜蜂蜜

    ゲンゲの花のミツは、良い「みつ源」になる。蜂蜜の源となる蜜源植物として利用されている。ゲンゲ フレッシュアイペディアより)

  • ミツバチ

    ミツバチから見た蜂蜜蜂蜜

    ミツバチ(蜜蜂)とはハチ目(膜翅目)・ミツバチ科(Apidae)・ミツバチ属(Apis アーピス)に属する昆虫の一群で、花の蜜を加工して巣に蓄え蜂蜜とすることで知られている。世界に9種が知られ、とくにセイヨウミツバチは全世界で養蜂に用いられており24の亜種が知られている。ミツバチ フレッシュアイペディアより)

  • ソバ

    ソバから見た蜂蜜蜂蜜

    食用とされるのは実ばかりではなく、幼い茎や葉は、スプラウト(新芽野菜)としてサラダの材料などとしても食用となる。このため、家庭でソバを栽培した時などは、間引きを行った時に、間引いたソバを野菜として利用することもある。また、ソバは蜂蜜の蜜源植物としても知られている。ソバの花からは黒色で鉄分が多く独特の香りを持つ蜂蜜が得られる。さらに食用以外にも利用され、ソバの実の殻(果皮)は比較的簡単に取ることが可能であり、これを蕎麦殻と呼ぶ。ソバ フレッシュアイペディアより)

454件中 11 - 20件表示

「はちみつ」のニューストピックワード

  • 2頭譲渡

  • (初日の来年)1月20日でおしまいではない。

  • 普通は野党第1党も第2党も反対している議員立法を強権的なやり方で進めるということはない。