454件中 81 - 90件表示
  • ヒドロキシメチルフルフラール

    ヒドロキシメチルフルフラールから見た蜂蜜蜂蜜

    ヒドロキシメチルフルフラールは、糖や炭水化物の熱分解により生成される、分子式C6H6O3の有機化合物である。HMFと略記される。HMFは牛乳やフルーツジュース、蒸留酒や蜂蜜などの食品を加熱すると微量ながら生成することが知られている。またたばこにも含まれていることが近年の研究から明らかとなった。ヒドロキシメチルフルフラール フレッシュアイペディアより)

  • スラトコ

    スラトコから見た蜂蜜蜂蜜

    スラトコには、伝統的な西ヨーロッパのジャムには通常入らない様々な材料が使われることがある。たとえば、東方ユダヤ人の料理法として、蜂蜜で煮たハツカダイコンが用いられることがある。また、ニンジンやテーブルビートが用いられることもある。スラトコ フレッシュアイペディアより)

  • 塩あんびん

    塩あんびんから見た蜂蜜蜂蜜

    両面をフライパンで焼き、蜂蜜をかけて食べる。塩あんびん フレッシュアイペディアより)

  • 血液型別 オンナが結婚する方法♪

    血液型別 オンナが結婚する方法♪から見た蜂蜜蜂蜜

    権田原の一人娘で小学校4年生。2月26日生まれのAB型。彼女の母親がカレーを作っている途中、隠し味の蜂蜜を買いに行った帰りに事故に遭ったため、一時はカレーの匂いを嗅いだだけでも泣き出していた。だが現在はカレー嫌いはなくなっているようである。年頃なためか、いつまでも子ども扱いしている父親を疎ましく感じているが、本当は照れくさく思っていて、幸恵に対する思いも密かに知っている。幸恵の呼び方は最初「さっちゃん先生」だったが、のちに父親と同じ「さっちゃん」に変わっている。血液型別 オンナが結婚する方法♪ フレッシュアイペディアより)

  • クリームティー

    クリームティーから見た蜂蜜蜂蜜

    ジャムは通常イチゴジャムであるが、マーマレードや蜂蜜等が使用されることもある。多くの場合、クロテッドクリームはかなり多量につけて食べる。クロテッドクリームとバターを併用したり、また特にクロテッドクリームの入手が困難などの理由で、クロテッドクリームを使用せずバターで代用する例もある。クリームティー フレッシュアイペディアより)

  • パーネ・カラザウ

    パーネ・カラザウから見た蜂蜜蜂蜜

    パーネ・カラザウはそのままか、水、ワイン、またはソースでしめらせ、やわらかくして食べる。 羊飼いはパーネ・カラザウを皿にようにしておかずをのせて食べることもある。乾いたパーネ・カラザウは砕いてパスタや米のようにスープに入れて煮たり、マッツァー粉のように粉にして、小麦粉の代用とすることもできる。砕いたパーネ・カラザウを油で揚げて、塩味や甘いフリッターを作ることもある。最近では、オリーブ・オイルと塩を少量ふりかけてオーブンで焼いた、ブルスケッタのような食べ方に人気が出ている。パーネ・カラザウをブイヨンでもどして上にトマトソースをのばし、ポーチドエッグをのせると、パーネ・フラッタウ(pane frattau)と呼ばれる。果物やホイップクリーム、蜂蜜をかけてデザートとして食べることもある。パーネ・カラザウ フレッシュアイペディアより)

  • もみじ饅頭

    もみじ饅頭から見た蜂蜜蜂蜜

    焼饅頭の一種である。小麦粉・卵・砂糖・蜂蜜を原料とするカステラ状の生地で餡を包み、モミジの葉をかたどった型に入れて焼き上げる。餡はこしあんが基本で、製法についてはどの製造元でもほぼ同一である。もみじ饅頭 フレッシュアイペディアより)

  • 一村一品運動

    一村一品運動から見た蜂蜜蜂蜜

    旧豊後高田市:白ねぎ、スイカ、高田魚市場の地魚あげ、豊後牛、蜂蜜、高田風味一村一品運動 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカナイズドミツバチ

    アフリカナイズドミツバチから見た蜂蜜蜂蜜

    アフリカナイズドミツバチは蜂蜜よりもむしろ、樹脂の一種プロポリスを多く集める特性があり、これが健康食品として注目され、ブラジルではこのハチの利用が広がっている。ブラジルでは、アフリカナイズドミツバチは、殺し屋バチと呼ばれている。ブラジルでは一部の人の間で、セイヨウミツバチの働きバチがエサ取りに出ている隙に、アフリカナイズドミツバチの女王蜂が元の女王を殺し、コロニーを丸ごと乗っ取ると信じられている。もっとも、この伝説を裏付ける実験的事実は無い。この性質を持つケープミツバチの話と混同しているのかもしれない。アフリカナイズドミツバチ フレッシュアイペディアより)

  • ヴェーデル

    ヴェーデルから見たはちみつ蜂蜜

    1851年にドイツ人移民1世のカロル・エルネスト・ヴェーデル(ドイツ語:カール・エルネスト・ヴェーデル)(1813-1902)によってワルシャワで創業。当時の本店および工場は「ミォドーヴァ(はちみつ)通り」にあった。ヴェーデルとその製品は中央ヨーロッパと東ヨーロッパのほとんどの地域で定着した。ヴェーデルのロゴはカロル・ヴェーデルのサイン。カロルの息子エミール・アルベルト・フリデリック・ヴェーデル(1841-1919)は西ヨーロッパでキャンディーとチョコレートの製造を修行し、化学の博士号を取得したのちポーランドに戻り父の事業を受け継ぐ。カロルは息子エミールの名前を社名(E.Wedel)にしていた。(このような社名のつけ方の例はポーランドではほかに「クルフカ」生キャラメルの「L. ポモルスキ少佐と彼の息子のキャンディ社」にもみられる。)ヴェーデル フレッシュアイペディアより)

454件中 81 - 90件表示

「はちみつ」のニューストピックワード