前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示
  • nimoca

    nimocaから見たはやかけんはやかけん

    2010年(平成22年)3月13日から、SUGOCA(JR九州)、はやかけん(福岡市地下鉄)、Suica(JR東日本・東京モノレール・東京臨海高速鉄道他)との、各カードがそれぞれ本対応している鉄道路線(西鉄は貝塚線を含む全線)と西鉄バス・昭和バスの導入車両が相互利用の対象となる。nimoca フレッシュアイペディアより)

  • Suica

    Suicaから見たはやかけんはやかけん

    PASMO・Kitaca・TOICA・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけんと相互利用が可能である(2012年4月時点)。Suica フレッシュアイペディアより)

  • ICOCA

    ICOCAから見たはやかけんはやかけん

    ICOCAは下記のJR西日本の近畿圏エリアの281駅と、岡山・広島エリアの135駅のほか、ICOCAを販売している近鉄・京阪を含めたPiTaPaエリアの各事業者、広島地区のPASPYを導入している各事業者に加え、Suica導入6社の利用可能駅(首都圏・仙台・新潟地区の東日本旅客鉄道(JR東日本)・東京モノレール・東京臨海高速鉄道・埼玉新都市交通・仙台空港鉄道・伊豆急行)、東海旅客鉄道(JR東海)のTOICAエリア、九州旅客鉄道(JR九州)のSUGOCAエリア(一部をのぞく)でも利用できる。なお、綾瀬駅 - 北千住駅間はJR東日本線としてICOCAが利用できる。ただし、Suicaが導入されている事業者のうち、ジェイアールバス関東では利用できない。また、2013年3月23日から、現在利用可能なエリア(PiTaPa、SUICA、TOICA、SUGOCAなどの利用可能エリア)に加え、nimoca、はやかけん、manaca、PASMO、Kitaca等との相互利用が始まるため、関東、中京、九州地区の地下鉄や私鉄、及び、北海道地方のJR線の一部でも使用が可能になる(一部に相互利用できない事業者もある)。ICOCA フレッシュアイペディアより)

  • TOICA

    TOICAから見たはやかけんはやかけん

    なお、manacaとの電子マネーの相互利用については、2013年3月23日 より開始する予定としている(manacaとSuica・ICOCA・SUGOCA、PASMO・Kitaca・nimoca・はやかけんの交通利用と電子マネーの相互利用も同時に開始する予定)。TOICA フレッシュアイペディアより)

  • SUGOCA

    SUGOCAから見たはやかけんはやかけん

    他のICカード乗車券との相互利用については、JR九州と導入当初からSuicaを導入しているJR東日本、nimocaを導入している西日本鉄道(西鉄)、はやかけんを導入している福岡市交通局の4事業者で準備作業が進められ、JRグループ2010年春のダイヤ改正に合わせて、2010年3月13日より乗車券機能・電子マネー機能ともに相互利用を開始した。SUGOCA フレッシュアイペディアより)

  • Suicaショッピングサービス

    Suicaショッピングサービスから見たはやかけんはやかけん

     一方、ICカード乗車券を発行する鉄道事業者間では連携を強化しており、2008年3月18日に西日本旅客鉄道(JR西日本)の『ICOCA電子マネー』と、翌2009年3月14日から北海道旅客鉄道(JR北海道)のKitacaとの相互利用を開始した。さらに、2010年3月13日東海旅客鉄道(JR東海)のTOICA及び九州旅客鉄道(JR九州)のSUGOCA・西日本鉄道のnimoca・福岡市交通局のはやかけんと、それぞれの電子マネー機能の相互利用を開始した事で、鉄道系電子マネーの相互利用可能エリアが首都圏・仙台・新潟各地区から東海・関西・山陽・札幌・北部九州の各地区まで拡大した。PASMOの電子マネーとの相互利用も行われており、これを加えた場合、さらに対応店舗や取り扱い件数は増える事になる。Suicaショッピングサービス フレッシュアイペディアより)

  • 博多駅

    博多駅から見たはやかけんはやかけん

    7日 - 福岡市交通局がICカードはやかけんの利用を開始(地下鉄利用のみ)。博多駅 フレッシュアイペディアより)

  • PASMO

    PASMOから見たはやかけんはやかけん

    PASMO協議会(PASMO)と北海道旅客鉄道(JR北海道、Kitaca)、東日本旅客鉄道(JR東日本、Suica)、東海旅客鉄道(JR東海、TOICA)、西日本旅客鉄道(JR西日本、ICOCA)、九州旅客鉄道(JR九州、SUGOCA)、名古屋市交通局・名古屋鉄道(manaca/2011年2月11日導入)、スルッとKANSAI協議会(PiTaPa)、福岡市交通局(はやかけん)、西日本鉄道(nimoca)は、それぞれが発行するICカード乗車券の相互利用開始の検討を始めた。2010年(平成22年)内にも検討会を立ち上げ、その後2013年(平成25年)3月23日からの相互利用実施が決定した。全国でのIC乗車券相互利用開始にあたり、全国相互利用サービスのシンボルマークが併せて制定され、「IC」を図案化したマークが制定された。。PASMO フレッシュアイペディアより)

  • 筑肥線

    筑肥線から見たはやかけんはやかけん

    また、姪浜駅 - 唐津駅間は唐津線唐津駅 - 西唐津駅間と合わせてIC乗車カード「SUGOCA」の利用エリアに含まれており、相互利用可能な「はやかけん」を採用している福岡市地下鉄線と通しで利用可能となっている。同じくSUGOCAと相互利用可能なnimoca、Suicaも利用できるが、2011年3月5日よりSUGOCAと相互利用を開始したTOICA・ICOCAに関しては当線においては利用できない。筑肥線 フレッシュアイペディアより)

  • 姪浜駅

    姪浜駅から見たはやかけんはやかけん

    2009年(平成21年)3月7日 - ICカードはやかけんの利用開始(当初の1年間は福岡市地下鉄のみの対応となった)。姪浜駅 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示