174件中 31 - 40件表示
  • よかネットカード

    よかネットカードから見たはやかけんはやかけん

    西鉄・九州旅客鉄道(JR九州)・福岡市交通局では2008年から翌年にかけて従来の磁気カードに代わり、ソニーのFeliCa方式を用いたICカード乗車券を順次導入しており、2008年5月に西鉄が「nimoca」を、翌2009年3月にJR九州が「SUGOCA」、福岡市地下鉄が「はやかけん」を相次いで導入した。2010年3月13日には東日本旅客鉄道(JR東日本)の「Suica」を含めた4者間相互で乗車券機能と電子マネー機能を利用できるようになったほか、2013年3月に全国主要交通機関との間で相互利用範囲が拡大された。よかネットカード フレッシュアイペディアより)

  • 福岡シティループバス「ぐりーん」

    福岡シティループバス「ぐりーん」から見たはやかけんはやかけん

    一回の乗車につき全区間260円(子供・割引は130円)均一。ICカードnimoca(および相互利用しているSUGOCA・はやかけん・Suicaなど)の利用が可能であった。当路線で使用できる一日乗車券「ぐりーんパス」が設定されており、同バスの運行終了と共に発売を終了したが、2015年2月7日に対象エリアが追加され(マリノアシティ福岡とアサヒビール博多工場)設定が復活し、新たに太宰府ライナーバス「旅人」を対象路線に追加した「ぐりーんパス太宰府」が追加設定された。またFUKUOKA OPEN TOP BUS乗車券、SUNQパス、FUKUOKA 体験バス TICKET、FUKUOKA 1DAY PASS、FUKUOKA TOURIST CITY PASSでの利用も可能である。それ以外の西鉄が発行する定期券、一日フリー乗車券、社員証での乗車はできなかった。福岡シティループバス「ぐりーん」 フレッシュアイペディアより)

  • えふカード

    えふカードから見たはやかけんはやかけん

    福岡市地下鉄では、2009年3月7日にICカード「はやかけん」を導入し、2010年3月13日からは、九州旅客鉄道(JR九州)が2009年3月1日から導入している「SUGOCA」、西日本鉄道(西鉄)が2008年5月18日から導入している「nimoca」、東日本旅客鉄道(JR東日本)など6社に導入されている「Suica」との相互利用を開始している。えふカード フレッシュアイペディアより)

  • FeliCaポート

    FeliCaポートから見たはやかけんはやかけん

    データを読むICカードは、FeliCaの技術を利用したSuicaをはじめICOCA、TOICA、PASMO、PiTaPa、nimoca、はやかけん、SUGOCA、Kitaca、おサイフケータイ、eLIOカード、Edyカードが対応している。FeliCaポートだけでは残高確認が出来ず専用のソフトが必要となる。FeliCaポート フレッシュアイペディアより)

  • イオンエブリ

    イオンエブリから見たはやかけんはやかけん

    店舗によってはイオングループで導入している電子マネーWAONやiD・QUICPay・Suica(相互利用が可能な交通系電子マネーを含む)が利用できた。これらの店舗ではWAON・イオンカード利用による各種セール(お客さま感謝デー・お客さまわくわくデーなど)も実施している。また、店頭にイオン銀行ATMが設置されているところもあり、ATMを利用してWAONのチャージもできる。ターミナル駅構内の駅ビルに出店している店舗ではSuica・PASMO・Kitaca・manaca・TOICA・ICOCA・はやかけん・nimoca・SUGOCAのみ利用が可能な箇所も存在した。イオンエブリ フレッシュアイペディアより)

  • 島田市自主運行バス

    島田市自主運行バスから見たはやかけんはやかけん

    伊久身線・相賀線・湯日大津線・田代の郷温泉線で、LuLuCa・PiTaPaに加えて、Suica・PASMO・Kitaca・TOICA・manaca・ICOCA・はやかけん・nimoca・SUGOCAを利用できるようになる。島田市自主運行バス フレッシュアイペディアより)

  • エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業

    エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業から見たはやかけんはやかけん

    交通系(ICOCA、TOICA、SUGOCA、はやかけんなど)※既存カードを利用したチャージはできない。エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業 フレッシュアイペディアより)

  • 直方線

    直方線から見たはやかけんはやかけん

    2013年4月1日より、宮若市コミュニティバスを除く直方線の全路線においてIC乗車券nimocaを導入した。相互利用により、SUGOCAやはやかけんなども利用可能。入れ替わりに回数券「ミックス回数券」は2013年3月31日で発売を終了した。直方線 フレッシュアイペディアより)

  • Kitaca

    Kitacaから見たはやかけんはやかけん

    3月23日 - Kitaca・Suica・TOICA・ICOCA・SUGOCA・PASMO・manaca・PiTaPa・nimoca・はやかけんの相互利用(電子マネーサービスはPiTaPaを除く)開始。交通系 IC カード全国相互利用サービス開始記念Kitaca(2,000円)を札幌駅で限定5,000枚発売。Kitaca フレッシュアイペディアより)

  • バス・市電共通乗車カード

    バス・市電共通乗車カードから見たはやかけんはやかけん

    函館バスは函館市企業局交通部と共同で、2017年3月25日より、ICカード『ICAS nimoca(イカす ニモカ)』(相互利用となっている各種交通系ICカード:Kitaca・Suica・PASMO・TOICA・manaca・ICOCA・PiTaPa・SUGOCA・はやかけんも利用可能)が導入された。。バス・市電共通乗車カード フレッシュアイペディアより)

174件中 31 - 40件表示

「はやかけん」のニューストピックワード