前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
166件中 1 - 10件表示
  • Miss International Queen

    Miss International Queenから見たはるな愛はるな 愛

    Miss International Queen(ミス・インターナショナル・クイーン)は、タイ王国パタヤ市にあるニューハーフ・シアター、Tiffany's Show Pattaya Co.,Ltd.が主催する、世界のニューハーフに参加を募って開催される、ニューハーフのビューティーコンテストの世界大会である。2004年に第1回大会が開催され、例年10月の最終金曜日または11月の第1金曜日に本選が開催される(2008年大会はタイの政情不安のために中止)。2009年大会は日本人出場者のはるな愛が優勝者となる。Miss International Queen フレッシュアイペディアより)

  • おネエ★MANS

    おネエ★MANSから見たはるな愛はるな 愛

    はるな愛 (2008年10月14日 - )おネエ★MANS フレッシュアイペディアより)

  • 和田耕冶

    和田耕冶から見たはるな愛はるな 愛

    はるな愛が大阪のショーパブで働いていた頃、和田医師が病院のスタッフと共に打ち上げに訪れたのが最初出会い。和田耕冶 フレッシュアイペディアより)

  • ネクストプリンセス

    ネクストプリンセスから見たはるな愛はるな 愛

    ナレーションははるな愛(女)が大西賢示(男)のモードと使い分けているネクストプリンセス フレッシュアイペディアより)

  • あらびき団

    あらびき団から見たはるな愛はるな 愛

    以前は『エンタの神様』出演者養成番組(非公式)、25歳フリーターに向けての番組と紹介されており、はるな愛、モンスターエンジン、みっちー、カノン、どぶろっく、アイヒマンスタンダード、ガリガリガリクソン、ダブルネームなどが実際に『エンタの神様』に進出している(鳥居みゆき、エハラマサヒロもあらびき団出演後エンタに出演しているがこれらの芸人はR-1ぐらんぷりや『爆笑レッドカーペット』等で人気が出て出演したため対象外)。しかし、『エンタの神様』が2010年3月をもって終了したため、ライト東野の一声で今後は『世界の果てまでイッテQ!』養成番組(非公式)とされた。放送時間の移動した2010年4月からは、あらびきパフォーマーによるロケ企画が開始したが、数回で自然消滅した。あらびき団 フレッシュアイペディアより)

  • キキミミ!

    キキミミ!から見たはるな愛はるな 愛

    『あっぷ&UP!』で司会を務めた増田英彦が引き続き木・金の司会、増田の相方でコーナーレギュラーだった岡田圭右が月 - 水の司会を担当。岡田のパートナーをはるな愛とMEGUMIが隔週で、増田のパートナーをクワバタオハラがそれぞれ務める。くわばたりえは第一子出産後、当番組が初のテレビレギュラー出演となった。この他、松竹芸能所属のタレントを中心に、『あっぷ&UP!』から引き続きレギュラー出演するが、吉本興業所属のタレントは出演しない。またゲストを除き、司会のますだおかだと水曜日のコーナー担当・関西ジャニーズJr.以外のスタジオ出演者は女性で構成されるのが特徴。番組は『あっぷ&UP!』のコーナー企画を一部引き継ぐ形でVTRコーナーを随所に交えながら、女性に役立つ旬なニュースをはじめ、美容やエンタメに関する情報を届ける内容となっている。但し、松竹芸能は当番組の制作には参加していない。キキミミ! フレッシュアイペディアより)

  • バリバラ〜障害者情報バラエティー〜

    バリバラ〜障害者情報バラエティー〜から見たはるな愛はるな 愛

    アイちゃん(声:はるな愛バリバラ〜障害者情報バラエティー〜 フレッシュアイペディアより)

  • 第61回NHK紅白歌合戦

    第61回NHK紅白歌合戦から見たはるな愛はるな 愛

    ポルノグラフィティの歌唱途中に歌詞を間違えるハプニングが発生。最後に「歌詞間違えました〜!」と謝罪した。中村美律子の歌唱時にははるな愛、TOKIO、ウタ♪ウッキーがサポートし、ゲスト審査員はウタ♪ウッキーの形をしたパペットをはめていた(女性は赤色のウー♪、男性は白色のター♪)。第61回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本お笑い史

    日本お笑い史から見たはるな愛はるな 愛

    ネタ番組や賞レースにおけるお笑い芸人のネタの持ち時間は4分〜5分程度が一般的であるが、2000年代中期から後期にかけて、1分〜2分程度の短いネタを矢継ぎ早に披露するネタ番組が登場するようになった。ネタ時間を短くすることによって放送時間内により多くの芸人がネタを披露することができるのがこれらの番組の特徴である。このショートスタイルを「お笑い革命」と名打って2007年に放送開始されたのがフジテレビ系列『爆笑レッドカーペット』である。2007年10月に放送開始されたTBS『あらびき団』も同様のショートスタイルの体裁をとっており、他のネタ番組とは趣を異にしている。これらに先駆けて放送されていた『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)内のコーナー「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」や『ウンナン極限ネタバトル! ザ・イロモネア 笑わせたら100万円』(TBS)なども含め、このショートスタイルお笑い番組を通じてエド・はるみ、世界のナベアツ、柳原可奈子、鳥居みゆき、博多華丸・大吉、山本高広、渡辺直美、はるな愛などが知名度を高めた。日本お笑い史 フレッシュアイペディアより)

  • ハピくるっ!

    ハピくるっ!から見たはるな愛はるな 愛

    関西テレビでは、2009年4月から『アップ&UP!』→『あっぷ&UP!』や『キキミミ!』といった平日午後のローカル情報番組を放送していたが、2011年10月3日から番組名を『ハピくるっ!』と改めて梃入れを図る。出演者は『キキミミ!』から引き続き、岡田圭右(ますだおかだ)、木本武宏(TKO)、はるな愛、増田英彦(ますだおかだ)、クワバタオハラが起用される。ハピくるっ! フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
166件中 1 - 10件表示