365件中 81 - 90件表示
  • ASAHIネット

    ASAHIネットから見たフレッツフレッツ

    NTT東西の回線を利用した常時接続サービスフレッツ・ADSL、速度タイプは1Mから47Mの全てのフレッツ・ADSLに対応している。イー・アクセス株式会社の回線を利用した常時接続サービス「新超割ADSL」を用意。ASAHIネット フレッシュアイペディアより)

  • 一部帯域保証

    一部帯域保証から見たフレッツフレッツ

    NTT東西がフレッツ普及前にB-ISDNとして本命視していたATM PON()によるGFRこそが、元祖FTTH/FTTBであるとも言える。このサービスは個人向けには存在しないが、法人向けにはメガ・データ・ネッツとして市場動向に遅れながらも実現され、それなりのシェアを今でも確保している。これは、他のATMサービスである、ATMメガリンク、ATM シェアリンク(同じくGFRを使用)、スーパーリレー・セル・リレーなどが大きく勢力を落としているのと異なる。一部帯域保証 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本典子

    坂本典子から見たBフレッツフレッツ

    NTT東日本 BフレッツキャンペーンMC(2006年)坂本典子 フレッシュアイペディアより)

  • 若桜町

    若桜町から見たフレッツフレッツ

    ひかり電話(収容局によらない) 71若桜町 フレッシュアイペディアより)

  • RADIUS

    RADIUSから見たフレッツフレッツ

    ユーザ名文字列を判断して、要求の転送先を変えることができるだろう。たとえば、ユーザ名として電子メールアドレスのように「@」マークとドメイン名を含んだ文字列を使用し、ドメイン名の部分の文字列に従って異なるRADIUSサーバに転送することができるだろう。このような技術は、ISP(インターネット接続サービスプロバイダ)間のローミングや、NTTのフレッツサービスのようなアクセス網提供サービスとISPとの分業など、広く利用されている。上記の例でのドメイン名の部分のように、転送先を判断する根拠とする部分を、一般に「レルム(Realm)」と呼ぶ。RADIUS フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤルアップ接続

    ダイヤルアップ接続から見たフレッツフレッツ

    1999年11月に東西NTTが「IP接続サービス」の試験提供開始により実用化(2000年7月に「フレッツISDN」へ改称し商用化)するが、2000年後半にはADSLが全国主要都市で実用化し始めたことで爆発的には普及せず、ADSLが使えない地域や既にISDNを敷いていたユーザーなどが光ファイバー接続など他のブロードバンド接続へ移行できるまでの間使い続ける格好となった。ダイヤルアップ接続 フレッシュアイペディアより)

  • global bridge HOLDINGS

    global bridge HOLDINGSから見たフレッツ光フレッツ

    なお、インターネット回線に関しては、フレッツ光に限らず、他社の光コラボレーション回線での利用も可能としている。global bridge HOLDINGS フレッシュアイペディアより)

  • 無停電電源装置

    無停電電源装置から見たひかり電話フレッツ

    一方、最近では、コンピュータの停電防止などを目的に、家庭用の無停電電源装置も製造・発売されている。また、光回線終端装置に電源を要する「ひかり電話」(FTTH) においても、停電時の通話不能を回避する手段として有効である。電話会社関連の設備会社も、無停電電源装置を組み合わせたプランを提示している。無停電電源装置 フレッシュアイペディアより)

  • EMOBILE 4G-S

    EMOBILE 4G-Sから見たフレッツ光フレッツ

    また、EMOBILE 4G-S以外のイー・モバイルブランド契約者が本契約に切り替える場合は、解約・新規とほぼ同様の扱いとなり、従来のイー・モバイルブランドでの利用期間はリセットされ、FMCサービスと併用していた場合は、当然にADSLやフレッツ光契約も解除となる。ただし、従来のイー・モバイルブランドの音声契約(EMOBILE LTEデータ契約を含む)からの変更の場合はMNPにて同番移行が可能である。この場合のMNP転出手数料はかからない。逆に、EMOBILE 4G-S以外のイー・モバイルブランドの契約に切り替える場合は、MNP転出手数料がかかる。EMOBILE 4G-S フレッシュアイペディアより)

  • Maximum Transmission Unit

    Maximum Transmission Unitから見たフレッツフレッツ

    MTUの値は利用される通信メディアやカプセル化の有無などによって変わる。たとえばイーサネットでは最大1,500バイト(オクテット)がIP通信に利用できる。PPPoEを使うとカプセル化のために8バイトを使うため、1,492バイトとなる。WANではさらに別の制約が入る場合もあり、たとえばNTT東日本およびNTT西日本が提供するフレッツシリーズのIP網は1,454バイトとなっている。Maximum Transmission Unit フレッシュアイペディアより)

365件中 81 - 90件表示

「ひかり電話」のニューストピックワード