179件中 21 - 30件表示
  • フレッツ

    フレッツから見た番号ポータビリティ

    固定電話相当の品質を確保した一般の固定電話番号形態のため従来の固定電話からの番号ポータビリティ(移行)が可能である反面、050番号のIP電話のように通話料無料でかけられるケースはない。また市内局番も従来のものとは異なり、収容局によらない番号帯となる(一般加入電話ないしはINSネット64等から移行した場合は、以前の番号を維持可能。移行後に設置場所を移転(引越など)する場合は同一収容局内で一般加入電話の同じ市内局番で移行可能なエリアに限り、同一番号で移行可能となる場合もある)。なお収容局によらない市内局番を利用するため、設置場所移転を伴わない形でひかり電話から一般加入電話ないしはINSネット64等に変更する場合は番号ポータビリティができず変更を余儀なくされる場合がある。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たFM放送

    光ファイバーケーブルのIP通信に利用しない帯域へ「地上アナログテレビ放送」、「地上デジタルテレビジョン放送」、「BSデジタル放送」、「東経110度CS放送」、「FM放送」、「専門チャンネル」を混合伝送し契約者宅のテレビで視聴出来る(マンションについてはNTT東日本地域で光配線方式の場合のみ)。視聴にはフレッツ光の基本料のほか、伝送サービス料が月額472.5円、これに伝送元サービスの料金210円〜(いずれも税込)がかかる。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た不正アクセス

    対応ルータ機器上において、コンピュータウイルスや不正アクセス等の検出・除去をする。2008年(平成20年)3月31日をもってサービス提供を終了。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たブロードバンドインターネット接続

    スタートダッシュにより急速に普及したものの、IP接続サービス開始時点の1999年後半より大都市圏の一部においては、既にCATVインターネットや東京めたりっく通信などのADSLといった非NTT系事業者による民生向けブロードバンドの展開が始まっていた。そして2000年12月26日からはNTTも「フレッツADSL」による民生向けブロードバンド通信に参入したことにより、各ブロードバンドのサービスエリアが拡大した2002年以降、料金と速度による費用対効果の面で優位性を失ったため利用者は大幅に減少することになる。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たインターネットカフェ

    フレッツ・スポットが利用できるインターネットカフェ「フレッツ・スポット café」も展開されている。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た総務省

    「ひかり電話」の度重なる障害発生を受け総務省がNTT東西とエヌ・ティ・ティ エムイーに対し、電気通信サービスの事故・障害対策の総点検を実施するよう要請。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たビデオ・オン・デマンド

    ブロードバンド映像サービスはフレッツ網を利用した動画などの配信サービスであるがフレッツ・オンデマンドとは異なり、専用のSTBをユーザ宅に別途設置しテレビ上で映像を再生させるCATV類似のサービスである(IP放送《IPテレビ》、VOD)。また動画配信ネットワークの提供や料金回収はISPが行い、フレッツは単に中継サービスを提供する。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たOCN

    定額制・常時接続の民生向サービスとしては、専用線接続のOCNエコノミーが先行提供されていたが、フレッツ・ISDNの料金はサービスイン当初でタイプ1が4500円(試験サービス時代は8000円)・タイプ2が2500円と低廉価であり、フレッツ・ISDNの接続環境(サービスエリア内のISDN回線・対応ターミナルアダプタ)を用意すれば利用できること、OCN以外の各ISPがフレッツ・アイ用のアクセスポイントを開設したことから、2001年1月時点で50万回線、同年8月時点で100万回線契約を突破することになった。なお、2001年に幾度か値下げが行われ、同年12月1日よりタイプ1の料金が現行の2940円となっている。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たスマートフォン

    無線接続の疎通と同時にプライベートIPアドレスが付与されるいわゆる「公衆無線LAN」のサービスとは違い、無線接続を介したPPPoE接続が必要になる。従って、PPPoEが実装されていない携帯端末(Androidスマートフォン、アップルのiOS搭載端末、任天堂のニンテンドーDSなど)ではアクセスできないが、これらの機種ではバッファロー製のモバイルルーターDWR-PG及びドコモブランド版のBF-01B、NTT東日本・NTT西日本がレンタル提供している光ポータブルを使用することで接続可能となる。プレイステーション・ポータブルや、Windows Mobile OSの搭載されている端末などではフレッツ・スポット接続ツールを使用することによりアクセス可能である。ただし将来的な計画ではPPPoE非対応機種の利便性を考え、PPPoEに変わるユーザー認証システムの導入を検討している。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た検索サイト

    現在のフレッツシリーズの先駆けとなる「ISDN網によるIP接続サービス」の開始に当たり、当初検討されていた名称は「フレッシュI(アイ)」であったが、当時は検索サイトとして名を馳せていたポータルサイトの「フレッシュアイ」と紛らわしいため、「フレッツ・アイ(ロゴ表記はFLET’S・Isdn)」と造語したのが初出である(→後項参照)。サービス開始後しばらくはADSLやFTTH等のフレッツ系サービスがまだ存在しなかったため、フレッツ・ISDNを単に「フレッツ」と略称することもあった。フレッツ フレッシュアイペディアより)

179件中 21 - 30件表示

「ひかり電話」のニューストピックワード