210件中 31 - 40件表示
  • フレッツ

    フレッツから見た番号ポータビリティ

    固定電話相当の品質を確保した、一般の固定電話番号形態のため、従来の固定電話からの番号ポータビリティ(移行)が可能である反面、050番号のIP電話のように通話料無料でかけられるケースはない。また市内局番も従来のものとは異なり、収容局によらない番号帯となる(一般加入電話ないしはINSネット64等から移行した場合は、以前の番号を維持可能。移行後に設置場所を移転(引越など)する場合は同一収容局内で一般加入電話の同じ市内局番で移行可能なエリアに限り、同一番号で移行可能となる場合もある)。なお収容局によらない市内局番を利用するため、設置場所移転を伴わない形でひかり電話から一般加入電話ないしはINSネット64等に変更する場合は、番号ポータビリティができず、変更を余儀なくされる場合がある。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た不正アクセス

    対応ルータ機器上において、コンピュータウイルスや不正アクセス等の検出・除去をする。2008年(平成20年)3月31日をもってサービス提供を終了。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た総務省

    「ひかり電話」の度重なる障害発生を受け総務省がNTT東西とエヌ・ティ・ティ エムイーに対し、電気通信サービスの事故・障害対策の総点検を実施するよう要請。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たひかりTV

    ひかりTV(NTTぷらら) - 2008年3月に4th MEDIA、オンデマンドTV、OCNシアターを統合。NGNの閉域通信を利用しているため、フレッツ提携ISPとの接続契約が無くても視聴できる。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た日本における携帯電話

    ちなみに、ひかり電話自体はマイラインの対象外であるが、携帯電話宛の通話の際、一般の加入電話とは異なり、00XXを頭につけた通話も同様に出来無いものの、NTT東日本エリアの場合、自動的に一般加入電話(INSネット64を含む)で、0036を付加した場合と同じ料金体系が適用される。したがって、各携帯電話オペレータが個々に設定した固定電話発信時の通話料は、ひかり電話からの通話の場合は適用外となる。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たドラえもん

    ドラえもん(フレッツ光)フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た検索サイト

    現在のフレッツシリーズの先駆けとなる「ISDN網によるIP接続サービス」の開始に当たり、当初検討されていた名称は「フレッシュI(アイ)」であったが、当時は検索サイトとして名を馳せていたポータルサイトの「フレッシュアイ」と紛らわしいため、「フレッツ・アイ(ロゴ表記はFLET’S・Isdn)」と造語したのが初出である(→後項参照)。サービス開始後しばらくはADSLやFTTH等のフレッツ系サービスがまだ存在しなかったため、フレッツ・ISDNを単に「フレッツ」と略称することもあった。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た日本のIP電話

    (0AB - J)番号のIP電話サービス全般に関しては、日本のIP電話の項を参照。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たテレビ受像機

    ブロードバンド映像サービスはフレッツ網を利用した動画などの配信サービスであるがフレッツ・オンデマンドとは異なり、専用のSTBをユーザ宅に別途設置しテレビ上で映像を再生させるCATV類似のサービスである(IP放送《IPテレビ》、VOD)。また動画配信ネットワークの提供や料金回収はISPが行い、フレッツは単に中継サービスを提供する。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た大阪市

    2000年(平成12年)12月26日に「光・IP通信網サービス(仮称)」として一部の東京都区部及び大阪市で試験サービスを開始し、その後数ヶ月間の期間を経てから2001年(平成13年)8月1日に「Bフレッツ」として光ファイバーを用いた通信サービスを本格的に開始した。フレッツ フレッシュアイペディアより)

210件中 31 - 40件表示