210件中 51 - 60件表示
  • フレッツ

    フレッツから見たエヌ・ティ・ティ エムイー

    「ひかり電話」の度重なる障害発生を受け総務省がNTT東西とエヌ・ティ・ティ エムイーに対し、電気通信サービスの事故・障害対策の総点検を実施するよう要請。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たフレッシュアイ

    現在のフレッツシリーズの先駆けとなる「ISDN網によるIP接続サービス」の開始に当たり、当初検討されていた名称は「フレッシュI(アイ)」であったが、当時は検索サイトとして名を馳せていたポータルサイトの「フレッシュアイ」と紛らわしいため、「フレッツ・アイ(ロゴ表記はFLET’S・Isdn)」と造語したのが初出である(→後項参照)。サービス開始後しばらくはADSLやFTTH等のフレッツ系サービスがまだ存在しなかったため、フレッツ・ISDNを単に「フレッツ」と略称することもあった。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たケイ・オプティコム

    2014年3月14日の総務省の発表によれば2013年末の段階で、フレッツ光によるFTTHの契約件数は日本国内のFTTHの契約件数2,502万件のうち71.4%のシェアがある。FTTHのNTTによる寡占化が問題視されているものの、実際にはNTT西日本営業地域では、30府県中2県でNTT西日本のシェアが50%を下回っており、滋賀県に至っては電力系事業者のケイ・オプティコム(関西電力系)の後塵を拝している。2016年前後になると、スマートフォンそのものの伸長、モバイルWiMAXなどの無線系通信サービスの伸長、競合FTTH事業者のサービス拡大により、契約件数が伸び悩んでいる。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たプロントコーポレーション

    スターバックスコーヒー、ドトールコーヒー、エクセルシオールカフェ、ロッテリア、バーガーキング、モスバーガー、ファーストキッチン、ケンタッキーフライドチキン、タリーズコーヒー、プロント、サンマルクカフェ、ガストなどに使えるアクセスポイントが多い。そのほか空港、地下鉄、JR、私鉄駅構内などで利用ができる。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た東京めたりっく通信

    スタートダッシュにより急速に普及したものの、IP接続サービス開始時点の1999年後半より大都市圏の一部においては、既にCATVインターネットや東京めたりっく通信などのADSLといった非NTT系事業者による民生向けブロードバンドの展開が始まっていた。そして2000年12月26日からはNTTも「フレッツADSL」による民生向けブロードバンド通信に参入したことにより、各ブロードバンドのサービスエリアが拡大した2002年以降、料金と速度による費用対効果の面で優位性を失ったため利用者は大幅に減少することになる。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た東日本電信電話

    フレッツ(FLET'S)は、NTT東日本およびNTT西日本のフレッツ網へのアクセスを提供するサービスである。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たダイバーシティメディア

    ダイバーシティメディア&フレッツ光(ダイバーシティメディア) - 山形県フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たファーストキッチン

    スターバックスコーヒー、ドトールコーヒー、エクセルシオールカフェ、ロッテリア、バーガーキング、モスバーガー、ファーストキッチン、ケンタッキーフライドチキン、タリーズコーヒー、プロント、サンマルクカフェ、ガストなどに使えるアクセスポイントが多い。そのほか空港、地下鉄、JR、私鉄駅構内などで利用ができる。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た愛媛CATV

    愛媛CATV&フレッツ光(愛媛CATV) - 愛媛県フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たロッテリア

    スターバックスコーヒー、ドトールコーヒー、エクセルシオールカフェ、ロッテリア、バーガーキング、モスバーガー、ファーストキッチン、ケンタッキーフライドチキン、タリーズコーヒー、プロント、サンマルクカフェ、ガストなどに使えるアクセスポイントが多い。そのほか空港、地下鉄、JR、私鉄駅構内などで利用ができる。フレッツ フレッシュアイペディアより)

210件中 51 - 60件表示