194件中 31 - 40件表示
  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見たdai

    原作の音源を多用しているのが特徴である。そのため、アニメ・PS2版などの音が付くメディア化作品の中では、一番原作の雰囲気に近いと言える。daiのアルバムオリジナル曲が使用されることもある。ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見た鈴木次郎

    ひぐらしのなく頃に 祟殺し編(作画:鈴木次郎 月刊Gファンタジー連載)全2巻ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見た鈴羅木かりん

    ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編(作画:鈴羅木かりん ガンガンパワード連載)全2巻ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見た東浩紀

    哲学者・批評家の東浩紀は本作品の物語の構造が美少女ノベルゲームのそれと類似していることを指摘している。第1話の結末において、多くの謎を抱えたまま主人公は死にいたる。しかし、第2話では事件発生前から物語がはじまる。主人公も生きて登場し、第1話と異なる展開を見せる。同じ場所、同じ時間での異なる物語は第4話を除いて繰り返され、(第4話では主人公が違う。)あたかもゲームのプレイヤーが「バッドエンドを回避すべく、以前とは異なる選択肢を選んで再挑戦した」かのように物語が進行していく。読者はささいな違いにより異なる結末を迎える物語を見比べることで、推理の手掛かりを得ていく。事件を繰り返すごとに、登場人物の繰り返しへの自覚や、物語への自己言及ともとれる発言があらわになり、物語はメタフィクション化していく。第6話で事件の被害者の一人、古手梨花が自らの死を防ぐために時間を巻き戻していることが示される。第7話ではオヤシロさまが羽入という名の新たな登場人物として読者に紹介される。事件に介入できず、観察者の立場でいる羽入は読者の暗喩ともとれる。最終話では羽入がゲームのプレイヤーのように物語に介入し、幸福な結末へと導いていく。ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見た佳月玲茅

    ひぐらしのなく頃に 昼壊し編(作画:佳月玲茅 ガンガンONLINE連載)全1巻ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見た長谷川洋

    製作:気賀純夫、湯浅昭博、長谷川洋、入江祥雄、安田正樹ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見た太田克史

    2010年9月に、文庫化されることが太田克史のTwitterで明かされた。発売は、講談社の子会社・星海社から11月に創刊予定の星海社文庫から。ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見た方條ゆとり

    ひぐらしのなく頃に 綿流し編(作画:方條ゆとり 月刊ガンガンWING連載)全2巻ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見た中井りか

    園崎魅音・園崎詩音:中井りか(NGT48)ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見たともぞ

    雛見沢停留所 〜ひぐらしのなく頃に原点〜(作画:ともぞ ビッグガンガン連載)ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

194件中 31 - 40件表示