171件中 31 - 40件表示
  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見たともひ

    講談社BOX刊。本編のシナリオを基に全面改稿し、小説化した作品。原作者・竜騎士07本人の執筆で、出題編が2007年8月より毎月1冊ペースで刊行され(全7巻)、解答編が2008年5月より毎月1冊ペースで刊行された(全9巻)。その後、2009年3月に単巻で『ひぐらしのなく頃に礼』が発売された。イラストはともひ。祭囃し編(下)までの時点で、売り上げは累計で約80万部である。ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見た桃山ひなせ

    ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編(作画:桃山ひなせ 月刊Gファンタジー連載)全6巻ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見た鈴木次郎

    ひぐらしのなく頃に 祟殺し編(作画:鈴木次郎 月刊Gファンタジー連載)全2巻ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見た東浩紀

    哲学者・批評家の東浩紀は本作品の物語の構造が美少女ノベルゲームのそれと類似していることを指摘している。第1話の結末において、多くの謎を抱えたまま主人公は死にいたる。しかし、第2話では事件発生前から物語がはじまる。主人公も生きて登場し、第1話と異なる展開を見せる。同じ場所、同じ時間での異なる物語は第4話を除いて繰り返され、あたかもゲームのプレイヤーが「バッドエンドを回避すべく、以前とは異なる選択肢を選んで再挑戦した」かのように物語が進行していく。読者はささいな違いにより異なる結末を迎える物語を見比べることで、推理の手掛かりを得ていく。事件を繰り返すごとに、登場人物の繰り返しへの自覚や、物語への自己言及ともとれる発言があらわになり、物語はメタフィクション化していく。第6話で事件の被害者の一人、古手梨花が自らの死を防ぐために時間を巻き戻していることが示される。第7話ではオヤシロさまが羽入という名の新たな登場人物として読者に紹介される。事件に介入できず、観察者の立場でいる羽入は読者の暗喩ともとれる。最終話では羽入がゲームのプレイヤーのように物語に介入し、幸福な結末へと導いていく。ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見た佳月玲茅

    ひぐらしのなく頃に 昼壊し編(作画:佳月玲茅 ガンガンONLINE連載)全1巻ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見たともぞ

    雛見沢停留所 〜ひぐらしのなく頃に原点〜(作画:ともぞ ビッグガンガン連載)ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見た影崎由那

    ひぐらしのなく頃に 心癒し編(作画:影崎由那 コンプエース連載)ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見たアーケードゲーム

    AQインタラクティブ開発の麻雀ゲーム。ひぐらしのアーケードゲーム化は今作が初となる。2009年初夏稼働。また、2009年11月12日にPSP用ソフトとして移植作が発売。オリジナルモードなども追加。ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見たPlayStation Portable

    同人サークル黄昏フロンティアは、本編のキャラクターが戦う2on2アクションゲームの『ひぐらしデイブレイク』を公表した。後にPSPに移植された。ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

  • ひぐらしのなく頃に

    ひぐらしのなく頃にから見たiPhone

    auによる『EZアプリ』、ソフトバンクモバイルによる『S!アプリ』(3G対応機種のみ)、NTTドコモによる『iアプリ』(FOMA90xシリーズ)でそれぞれ携帯アプリ版が配信されている。また、Appleによる『App Store』でiPhone/iPod touch用も配信されている。ひぐらしのなく頃に フレッシュアイペディアより)

171件中 31 - 40件表示

「ひぐらしのなく頃に」のニューストピックワード