93件中 51 - 60件表示
  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見たスタッフ

    通常はそのまま「ひこにゃん」と呼ばれているが、マスコットでありながら公式ブログで、スタッフに「モチ」呼ばわりされている。理由は、スタッフの知人がひこにゃんを見て「何?あの餅みたいなの」と発言したことがきっかけになっている。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た国宝・彦根城築城400年祭

    2007年(平成19年)に築城400年を迎えた彦根城の記念イベント「国宝・彦根城築城400年祭」のイメージキャラクターとして登場し、全国規模で人気を博した。彦根城のマスコットとしての存続を願う多くの声を受け、イベント終了後も引き続き役割を担うこととなった。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た特別住民

    11月9日 - 彦根市へ特別住民登録の手続きをし、特別住民票の交付を受ける。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た伝統工芸品

    経済的な利用方法として、キャラクターを使用する際に通常必要な著作権使用料を当初無料の許可制にすることで個人・企業を問わず広く参加でき、築城400年祭を盛り上げる効果を狙うという新しい試みが行われた。著作権使用料を無料にすることで小規模企業を含めた様々な企業が参加し、イベントを通じて地域おこしを図る試みとして経済界からも注目された。ひこにゃんグッズとしては、普段は目につきにくい伝統工芸品の銅細工を始め、彦根の特産品や菓子など、様々な商品が閉幕後も販売され、観光客などに喜ばれている。さらに、全国的な認知を得てインターネットなどでも商品が販売された。反面、築城400年祭自体の認知度が「ひこにゃん」に追いついていかなかったという課題も発生した。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た

    江戸時代に同地にあった彦根藩の2代目藩主・井伊直孝に縁(ゆかり)ある1匹の白猫をモデルとしている。造形的には戦国武士のをかぶり、おおよそ3等身で直立二足歩行をする、猫をデフォルメしたキャラクターである。なお、兜は井伊の赤備えとして有名な井伊家の伝来品をモデルとしている。その兜の様式(天衝脇立)は城主のものと同じである。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見たツチノコ

    もちのこ(両腕を体内に隠し、ツチノコ風の見た目になる)ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た赤備え

    江戸時代に同地にあった彦根藩の2代目藩主・井伊直孝に縁(ゆかり)ある1匹の白猫をモデルとしている。造形的には戦国武士の兜をかぶり、おおよそ3等身で直立二足歩行をする、猫をデフォルメしたキャラクターである。なお、兜は井伊の赤備えとして有名な井伊家の伝来品をモデルとしている。その兜の様式(天衝脇立)は城主のものと同じである。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見たマスコットキャラクター

    ひこにゃんは、平成時代の日本のマスコットキャラクターの一つ。滋賀県彦根市のキャラクター。愛称は1,167点の一般公募から選定された。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た江戸

    江戸郊外武蔵国荏原郡世田ヶ谷村(現・東京都世田谷区豪徳寺)の豪徳寺で、彦根藩の2代目藩主・井伊直孝がにわか雨にあって大木の下で雨宿りをしていた際に、手招きをする白猫を見て近寄ったところ、直後に大木に雷が落ちた。この白猫のおかげで難を逃れたと感じた直孝は感謝し、のちに豪徳寺を井伊家の菩提寺とした。この白猫の伝説、いわゆる「招き猫発祥伝説」のひとつを元に想起された。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た豪徳寺 (地名)

    江戸郊外武蔵国荏原郡世田ヶ谷村(現・東京都世田谷区豪徳寺)の豪徳寺で、彦根藩の2代目藩主・井伊直孝がにわか雨にあって大木の下で雨宿りをしていた際に、手招きをする白猫を見て近寄ったところ、直後に大木に雷が落ちた。この白猫のおかげで難を逃れたと感じた直孝は感謝し、のちに豪徳寺を井伊家の菩提寺とした。この白猫の伝説、いわゆる「招き猫発祥伝説」のひとつを元に想起された。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

93件中 51 - 60件表示

「ひこにゃん」のニューストピックワード