93件中 71 - 80件表示
  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た彦根簡易裁判所

    2007年11月、ひこにゃんのキャラクターデザインを担当したもへろん(以下「原案者」)が彦根市(以下「市」)と400年祭実行委員会(以下「委員会」)に対し、キャラクターの使用中止を求める民事調停を彦根簡易裁判所(以下「彦根簡裁」)に申し立てた。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見たキャッフィー

    5月17日 - 大津地方裁判所で裁判員制度をおおつ光ルくん・キャッフィーらとPR。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た流行

    「国宝・彦根城築城400年祭」のキャンペーンやグッズ等で登場し、その「ゆるさ」が話題を呼んだ。近年の「ゆるキャラ」ブームの火付け役として知られている。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た荏原郡

    江戸郊外武蔵国荏原郡世田ヶ谷村(現・東京都世田谷区豪徳寺)の豪徳寺で、彦根藩の2代目藩主・井伊直孝がにわか雨にあって大木の下で雨宿りをしていた際に、手招きをする白猫を見て近寄ったところ、直後に大木に雷が落ちた。この白猫のおかげで難を逃れたと感じた直孝は感謝し、のちに豪徳寺を井伊家の菩提寺とした。この白猫の伝説、いわゆる「招き猫発祥伝説」のひとつを元に想起された。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た開国博Y150

    4月26日-9月27日 - 「開国博Y150」に井伊直弼との関係で時々登場。同博覧会中に開催されたヨコハマカーニバルや彦根市物産会にも参加した。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見たインターネット

    経済的な利用方法として、キャラクターを使用する際に通常必要な著作権使用料を当初無料の許可制にすることで個人・企業を問わず広く参加でき、築城400年祭を盛り上げる効果を狙うという新しい試みが行われた。著作権使用料を無料にすることで小規模企業を含めた様々な企業が参加し、イベントを通じて地域おこしを図る試みとして経済界からも注目された。ひこにゃんグッズとしては、普段は目につきにくい伝統工芸品の銅細工を始め、彦根の特産品や菓子など、様々な商品が閉幕後も販売され、観光客などに喜ばれている。さらに、全国的な認知を得てインターネットなどでも商品が販売された。反面、築城400年祭自体の認知度が「ひこにゃん」に追いついていかなかったという課題も発生した。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た

    江戸郊外武蔵国荏原郡世田ヶ谷村(現・東京都世田谷区豪徳寺)の豪徳寺で、彦根藩の2代目藩主・井伊直孝がにわか雨にあって大木の下で雨宿りをしていた際に、手招きをする白猫を見て近寄ったところ、直後に大木にが落ちた。この白猫のおかげで難を逃れたと感じた直孝は感謝し、のちに豪徳寺を井伊家の菩提寺とした。この白猫の伝説、いわゆる「招き猫発祥伝説」のひとつを元に想起された。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見たイナバウアー

    モチバウアー(イナバウアーのパロディ)ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た菩提寺

    江戸郊外武蔵国荏原郡世田ヶ谷村(現・東京都世田谷区豪徳寺)の豪徳寺で、彦根藩の2代目藩主・井伊直孝がにわか雨にあって大木の下で雨宿りをしていた際に、手招きをする白猫を見て近寄ったところ、直後に大木に雷が落ちた。この白猫のおかげで難を逃れたと感じた直孝は感謝し、のちに豪徳寺を井伊家の菩提寺とした。この白猫の伝説、いわゆる「招き猫発祥伝説」のひとつを元に想起された。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た着ぐるみ

    5月25日 - 彦根市役所にて、報道陣にひこにゃん着ぐるみがお披露目。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

93件中 71 - 80件表示

「ひこにゃん」のニューストピックワード