93件中 81 - 90件表示
  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た世田谷区

    江戸郊外武蔵国荏原郡世田ヶ谷村(現・東京都世田谷区豪徳寺)の豪徳寺で、彦根藩の2代目藩主・井伊直孝がにわか雨にあって大木の下で雨宿りをしていた際に、手招きをする白猫を見て近寄ったところ、直後に大木に雷が落ちた。この白猫のおかげで難を逃れたと感じた直孝は感謝し、のちに豪徳寺を井伊家の菩提寺とした。この白猫の伝説、いわゆる「招き猫発祥伝説」のひとつを元に想起された。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た特別住民票

    11月9日 - 彦根市へ特別住民登録の手続きをし、特別住民票の交付を受ける。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た上洛

    デザインしたのは大阪府出身のイラストレーターであるもへろん。他に京都タワーのキャラクター「たわわちゃん」、阪急電鉄の阪急ハイキングキャラクター「ぴょんちゃん&のんちゃん」などをデザインしている。なお、ひこにゃんは2007年2月11日に「上洛」の際、たわわちゃんと会見している。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見たにわか雨

    江戸郊外武蔵国荏原郡世田ヶ谷村(現・東京都世田谷区豪徳寺)の豪徳寺で、彦根藩の2代目藩主・井伊直孝がにわか雨にあって大木の下で雨宿りをしていた際に、手招きをする白猫を見て近寄ったところ、直後に大木に雷が落ちた。この白猫のおかげで難を逃れたと感じた直孝は感謝し、のちに豪徳寺を井伊家の菩提寺とした。この白猫の伝説、いわゆる「招き猫発祥伝説」のひとつを元に想起された。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た井伊氏

    江戸時代に同地にあった彦根藩の2代目藩主・井伊直孝に縁(ゆかり)ある1匹の白猫をモデルとしている。造形的には戦国武士の兜をかぶり、おおよそ3等身で直立二足歩行をする、猫をデフォルメしたキャラクターである。なお、兜は井伊の赤備えとして有名な井伊家の伝来品をモデルとしている。その兜の様式(天衝脇立)は城主のものと同じである。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見たキャンペーン

    「国宝・彦根城築城400年祭」のキャンペーンやグッズ等で登場し、その「ゆるさ」が話題を呼んだ。近年の「ゆるキャラ」ブームの火付け役として知られている。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た白猫

    江戸時代に同地にあった彦根藩の2代目藩主・井伊直孝に縁(ゆかり)ある1匹の白猫をモデルとしている。造形的には戦国武士の兜をかぶり、おおよそ3等身で直立二足歩行をする、猫をデフォルメしたキャラクターである。なお、兜は井伊の赤備えとして有名な井伊家の伝来品をモデルとしている。その兜の様式(天衝脇立)は城主のものと同じである。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た直立二足歩行

    江戸時代に同地にあった彦根藩の2代目藩主・井伊直孝に縁(ゆかり)ある1匹の白猫をモデルとしている。造形的には戦国武士の兜をかぶり、おおよそ3等身で直立二足歩行をする、猫をデフォルメしたキャラクターである。なお、兜は井伊の赤備えとして有名な井伊家の伝来品をモデルとしている。その兜の様式(天衝脇立)は城主のものと同じである。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た中区 (名古屋市)

    2月12日・2月13日 - 愛知県名古屋市中区の中部日本ビルディングで滋賀県の市町を他の滋賀県の御当地ゆるキャラたちとPR。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

  • ひこにゃん

    ひこにゃんから見た東京都

    江戸郊外武蔵国荏原郡世田ヶ谷村(現・東京都世田谷区豪徳寺)の豪徳寺で、彦根藩の2代目藩主・井伊直孝がにわか雨にあって大木の下で雨宿りをしていた際に、手招きをする白猫を見て近寄ったところ、直後に大木に雷が落ちた。この白猫のおかげで難を逃れたと感じた直孝は感謝し、のちに豪徳寺を井伊家の菩提寺とした。この白猫の伝説、いわゆる「招き猫発祥伝説」のひとつを元に想起された。ひこにゃん フレッシュアイペディアより)

93件中 81 - 90件表示