151件中 41 - 50件表示
  • 草野本家

    草野本家から見た雛祭り雛祭り

    日本の雛祭りイベントの発祥の地ともいわれる。草野本家 フレッシュアイペディアより)

  • 采女装束

    采女装束から見た雛人形雛祭り

    髪上具(かみあげのぐ):雛人形の髪飾りでおなじみの平額・釵子・櫛のワンセット。采女装束の場合は心葉という梅の枝と「日陰の糸」という顔の横に下げる糸状の髪飾りを装着する。采女装束 フレッシュアイペディアより)

  • いがまんじゅう

    いがまんじゅうから見た雛祭り雛祭り

    愛知県三河地方に伝わる和菓子。雛祭りの菓子として使われる。米粉で作った餅であんを包み、赤・黄・緑の3色に着色されたもち米を色別に乗せて蒸したものが一般的。いがまんじゅう フレッシュアイペディアより)

  • 安藤桂甫

    安藤桂甫から見た雛人形雛祭り

    安藤 桂甫(あんどう けいほ、1923年1月24日 - )は雛人形作家。桂甫作安藤人形店店主。本名、安藤忠男。京都府生まれ。1943年、立命館大学専門部経済科卒業と同時に学徒出陣。太刀洗陸軍飛行学校に入隊。終戦後、父・先代桂甫に師事し、人形作りの道へ。安藤桂甫 フレッシュアイペディアより)

  • 模型

    模型から見た雛人形雛祭り

    現存するものを模して所有することで精神的な支えとなるもの。人の形をした模型は人形と別称する。「こけし」「雛人形」「スカラベのお守り」模型 フレッシュアイペディアより)

  • 吊るし飾り

    吊るし飾りから見たひな人形雛祭り

    吊るし飾り(つるしかざり)は伝統工芸の一種。雛祭りの際に、糸の先に布製の人形などを吊るしてひな人形とともに飾る。インテリアとして、折り紙やビーズを糸の先につけて飾った物を吊るし飾りと呼ぶ場合もある。吊るし飾り フレッシュアイペディアより)

  • 吊るし飾り

    吊るし飾りから見た雛祭り雛祭り

    吊るし飾り(つるしかざり)は伝統工芸の一種。雛祭りの際に、糸の先に布製の人形などを吊るしてひな人形とともに飾る。インテリアとして、折り紙やビーズを糸の先につけて飾った物を吊るし飾りと呼ぶ場合もある。吊るし飾り フレッシュアイペディアより)

  • 日立風流物

    日立風流物から見た雛壇雛祭り

    大きな山を背にした城郭の形を模した六層構造を持ち、第一層は囃子方や作者が乗り込む部分である。山車の正面の第二層から上を「館」と呼び、五層の唐破風造りになっている。「館」の第二層は大手門と呼ばれ、手前に倒れる構造になっている。第三層から第六層までは昇降機構(カグラサンと呼ばれる)によってせり上がった後に左右に開いて、大きな逆三角形をした五段の雛壇となり、操り人形芝居の舞台となる。日立風流物 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁町

    真壁町から見た雛祭雛祭り

    茨城県西部に位置し、地元で産出する真壁御影石による石材加工業と農業が盛んな町である。歴史は古く、真壁氏が本拠として真壁城を築いたことに始まり、後に佐竹氏の家臣となった真壁氏が氏幹の代に出羽国秋田に移った後、浅野長政が隠居料として同地などを拝領し真壁藩を立藩。浅野長重の代に笠間藩へ加増移封された後も陣屋がおかれた。陣屋があったところを中心として、市街地には古い町並みが広がっており、文化庁登録文化財の数は100を軽く超える。また、各家や商店などでは2003年から町おこしによる雛祭が行われることで知られる。町南部にある筑波山は、県内でも観光地として有名である。真壁町 フレッシュアイペディアより)

  • 日本土鈴館

    日本土鈴館から見たおひな様雛祭り

    やすらぎ館 - おひな様、天神様を中心にした土人形、張り子、郷土玩具などの展示。日本土鈴館 フレッシュアイペディアより)

151件中 41 - 50件表示

「ひな祭り」のニューストピックワード