135件中 111 - 120件表示
  • 雛祭り

    雛祭りから見た桜川市

    2月上旬〜3月上旬:真壁のひなまつり  - 茨城県桜川市真壁町雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た有田町

    2月11日〜3月22日:有田雛のやきものまつり - 佐賀県有田町雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た豊田市

    2月上旬〜3月上旬:中馬のおひなさん - 愛知県豊田市雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た上巳

    和暦(太陰太陽暦)の3月の節句(上巳)である3月3日(現在の4月頃)に行われていたが、明治6年(1873年)1月1日の改暦以後は一般的にグレゴリオ暦(新暦)の3月3日に行なう。しかし一部では引き続き旧暦3月3日に祝うか、新暦4月3日に祝う(東北・北陸など積雪・寒冷地に多い)。旧暦では桃の花が咲く季節になるため「桃の節句」となった。雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た楽器

    さらにはお囃子に使う楽器や、家財道具と牛車などの道具を一緒に飾ることもある。上段の写真にあるような五段、七段(七段飾りは高度経済成長期以降、八段飾りはバブル期以降)の檀飾りが多かったが、最近では部屋の大きさに合わせたり雛人形を出し入れしやすいように段数を減らしたものが主流となっている。戦前までの上方・京都や関西の一部では天皇の御所を模した御殿式の屋形の中に男雛・女雛を飾り、その前の階段や庭に三人官女や五人囃子らを並べ、横に鏡台や茶道具、重箱などの精巧なミニチュアなどを飾っていた。雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た年度

    江戸時代雛祭りは「五節句」のひとつとして「祝日として存在した」とされる。しかし、明治6年の新暦採用が「五節句(=雛祭り)」の祝日廃止となって、さらに「国民の祝日」より「皇室の祝日」色が濃くなった。このため、戦後になって新たに祝日を作ろうとする動きが見られるようになる。祝日制定にあたり3月3日の案や、新年度の4月1日の案も出ていたが、最終的には5月5日の端午の節句を祝日(こどもの日)とする案が採用された。北海道・東北をはじめ寒冷で気候の悪い地域の多い時期を避け、全国的に温暖な時期の5月にしたというのが大きな理由のひとつとされる。雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た水無神社

    4月3日:生きびな@水無神社 - 岐阜県高山市雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た吸い物

    この行事に食べられる食品に菱餅、雛あられ、鯛や蛤の料理(吸い物等)、ちらし寿司があり、地方によっては飲み物として白酒、生菓子の引千切がある。雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た福山市

    2月下旬〜3月中旬:鞆町並ひな祭 - 広島県福山市鞆町雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た淡嶋神社

    3月3日:ひな流し@淡嶋神社 - 和歌山市雛祭り フレッシュアイペディアより)

135件中 111 - 120件表示

「ひな祭り」のニューストピックワード