135件中 51 - 60件表示
  • 雛祭り

    雛祭りから見た天皇

    親王(男雛、女雛)はそれぞれ天皇、皇后をあらわす雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た鴻巣市

    割と関東地方に集中した感じはあるが、生産地としては埼玉県のさいたま市岩槻区(以前の埼玉県岩槻市)が有名。また栃木県の佐野市や埼玉県鴻巣市も小規模ながら生産店が存在する。販売に関しては全国の商業施設で販売されているが、集中して軒を連ねるのは、東京都台東区の浅草橋が有名で、「人形の久月」「秀月」「吉徳大光(「顔が命の〜」のCMキャッチコピー)」らの専門店がある。これらの店舗は毎年正月から2月ぐらいにかけテレビCMを流す。ちなみに雛人形と共に手掛ける五月人形も3月3日以降にCMが流れる。雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た流し雛

    「雛祭り」はいつ頃から始まったのか歴史的には判然としないが、その起源はいくつか存在する。平安時代の京都で既に平安貴族の子女の雅びな「遊びごと」として行われていた記録が現存している。その当時においても、やはり小さな御所風の御殿「屋形」をしつらえ飾ったものと考えられる。初めは「遊びごと」であり、儀式的なものではなく其処に雛あそびの名称の由来があった。しかし平安時代には川へ紙で作った人形を流す「流し雛」があり、「上巳の節句(穢れ払い)」として雛人形は「災厄よけ」の「守り雛」として祀られる様になった。雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た新暦

    和暦(太陰太陽暦)の3月の節句(上巳)である3月3日(現在の4月頃)に行われていたが、明治6年(1873年)1月1日の改暦以後は一般的にグレゴリオ暦(新暦)の3月3日に行なう。しかし一部では引き続き旧暦3月3日に祝うか、新暦4月3日に祝う(東北・北陸など積雪・寒冷地に多い)。旧暦では桃の花が咲く季節になるため「桃の節句」となった。雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た左大臣

    随身(ずいじん)の人形は随臣右大臣と左大臣と同時に衛士(えじ)でもある雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た佐賀県

    2月11日〜3月22日:有田雛のやきものまつり - 佐賀県有田町雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た東京都

    割と関東地方に集中した感じはあるが、生産地としては埼玉県のさいたま市岩槻区(以前の埼玉県岩槻市)が有名。また栃木県の佐野市や埼玉県鴻巣市も小規模ながら生産店が存在する。販売に関しては全国の商業施設で販売されているが、集中して軒を連ねるのは、東京都台東区の浅草橋が有名で、「人形の久月」「秀月」「吉徳大光(「顔が命の〜」のCMキャッチコピー)」らの専門店がある。これらの店舗は毎年正月から2月ぐらいにかけテレビCMを流す。ちなみに雛人形と共に手掛ける五月人形も3月3日以降にCMが流れる。雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た雛あられ

    この行事に食べられる食品に菱餅、雛あられ、鯛や蛤の料理(吸い物等)、ちらし寿司があり、地方によっては飲み物として白酒、生菓子の引千切がある。雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た高山市

    4月3日:生きびな@水無神社 - 岐阜県高山市雛祭り フレッシュアイペディアより)

  • 雛祭り

    雛祭りから見た内裏

    内裏雛や人形の配置に決まりごとはない。しかし壇上の内裏雛は内裏の宮中の並び方を人形で模すことがある。中国の唐や日本では古来は「左」が上の位であった。人形では左大臣(雛では髭のある年配の方)が一番の上位で天皇から見ての左側(我々の向かって右)にいる。ちなみに飾り物の「左近の桜、右近の橘」での桜は天皇の左側になり、これは宮中の紫宸殿の敷地に実際に植えてある樹木の並びでもある。明治天皇の時代までは左が高位というそのような伝統があったため天皇である帝は左に立った。しかし明治の文明開化で日本も洋化し、その後に最初の即位式を挙げた大正天皇は西洋式に倣い右に立った。それが以降から皇室の伝統になり、近代になってからは昭和天皇は何時も右に立ち香淳皇后が左に並んだ。雛祭り フレッシュアイペディアより)

135件中 51 - 60件表示

「ひな祭り」のニューストピックワード