49件中 21 - 30件表示
  • 仮面浪人

    仮面浪人から見た日比野克彦日比野克彦

    日比野克彦(美術作家) - 武蔵野美術大学で仮面浪人して東京芸術大学へ仮面浪人 フレッシュアイペディアより)

  • キャンパス・スコープ

    キャンパス・スコープから見た日比野克彦日比野克彦

    6・7面:日比野克彦(芸術家)「私たちのW杯」キャンパス・スコープ フレッシュアイペディアより)

  • キヤノンスペシャル

    キヤノンスペシャルから見た日比野克彦日比野克彦

    出演 日比野克彦 森本毅郎 実松克義(立教大学教授) 眞鍋かをりキヤノンスペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 講談社出版文化賞

    講談社出版文化賞から見た日比野克彦日比野克彦

    第43回 - さしえ賞(宇野亜喜良・灘本唯人・村上豊・山藤章二)、写真賞(熊切圭介・椎名誠・篠山紀信・田沼武能)、ブックデザイン賞(逢坂剛・鈴木一誌・日比野克彦・南伸坊・山本容子)、絵本賞(あべ弘士・荒井良二・きたやまようこ・長谷川義史・もとしたいづみ) / 科学出版賞(浅島誠・池内了・西澤潤一・山根一眞・吉永良正)講談社出版文化賞 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋よしえ

    高橋よしえから見た日比野克彦日比野克彦

    数々のゲストを招いたトークショーのMCを担当、これまでにアラーキー(荒木経惟)、篠山紀信、日比野克彦、河村隆一、平原綾香、照英などと対談した。高橋よしえ フレッシュアイペディアより)

  • GO-ON

    GO-ONから見た日比野克彦日比野克彦

    日本テレビ系テレビドラマ『Dr.HOUSE (第1シーズン)』第2期エンディングテーマ。UVERworldの音楽に対する想いの普遍的な部分を表現した曲。タイトルの「GO-ON」を漢字にすると『轟音』ではなく『豪音』である。この曲は、キャッチコピーにもある通り主に「人生の選択肢」についてや、UVERworldの基本的な信念について歌われている。また、TAKUYA∞曰く「メンバーの気持ちも代弁した歌詞」。PVはメッセージ性の強い作品になっていて人それぞれによって色々な感じ方をして欲しい、と本人たちは語っている。TAKUYA∞が自分自身と対峙する場面があるが、あれは合成ではなく、限り無くTAKUYA∞に姿を似せたダイモンというモデルである。ダンサーが身に着けている動物の着ぐるみのデザインは、コスチュームデザイン、また芸術家の日比野克彦の妻であるひびのこづえ。歌詞中に東京メトロ国会議事堂前駅が出てくる。冒頭の女性の声は、4thスタジオ・アルバム『AwakEVE』の収録曲「アイ・アム Riri」のコーラスに参加しているasamiである。GO-ON フレッシュアイペディアより)

  • 織部賞

    織部賞から見た日比野克彦日比野克彦

    基本的に企業、グループ、個人を問わず顕彰する。磯崎新を選考委員長とし、そのほか、日比野克彦、内田繁、田中一光、松岡正剛などが選考委員を務める委員会が受賞者を決定する。選考対象は、数十人の推薦委員がおり、これらの推薦を通して、選考する。織部賞 フレッシュアイペディアより)

  • 取手市コミュニティバス

    取手市コミュニティバスから見た日比野克彦日比野克彦

    取手市が高齢者や障害者等が気軽に市内へ出かけられる環境づくりをめざし、市民の新たな交通機関として2006年(平成18年)10月1日より2年間の実証運行を開始した。車両デザインは市内にある東京芸術大学の先端芸術表現科助教授(当時)である日比野克彦が担当し、各運行ルートごとに車体全面に描かれた文字(ことば)と色を分けて表現している。愛称の「ことバス」の意味は車体に日比野が描いた「ことば」と「バス」をかけ合わせた造語である。取手市コミュニティバス フレッシュアイペディアより)

  • デザインプロデューサー

    デザインプロデューサーから見た日比野克彦日比野克彦

    タナカノリユキ/ナガオカケンメイ/名児耶秀美/西山浩平/日比野克彦/藤原ヒロシ/面出薫/リビングワールド(西村佳哲・西村たりほ・他)デザインプロデューサー フレッシュアイペディアより)

  • リサ・ステッグマイヤー

    リサ・ステッグマイヤーから見た日比野克彦日比野克彦

    大槻義彦、木村尚三郎、川淵三郎、兼高かおる、日比野克彦、服部幸應、デビット・ゾペティ『生きて学んで考えて』(1997年8月、学文社、編集:武蔵国際総合学園)ISBN 978-4762007385リサ・ステッグマイヤー フレッシュアイペディアより)

49件中 21 - 30件表示