59件中 41 - 50件表示
  • 仮面浪人

    仮面浪人から見た日比野克彦日比野克彦

    日比野克彦(美術作家) - 武蔵野美術大学で仮面浪人して東京芸術大学へ仮面浪人 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1987年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た日比野克彦日比野克彦

    文化放送(NRN) 実況:中田秀作 解説:別所毅彦 ゲスト:日比野克彦 1987年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 日本の公衆電話

    日本の公衆電話から見た日比野克彦日比野克彦

    NTTの新型のICカードタイプのテレホンカードに対応した公衆電話機。日比野克彦のデザインによる“アースカラー”を用いたコンパクトな外観が特徴。いわゆる偽造テレホンカード対策の決定版として登場。国際電話対応。従来の磁気式テレホンカードは使用不可能。PC・PDAなどの接続用にRJ-11コネクタとIrDA赤外線ポートを有する。また、Lモード契約者は、Lモードカードを挿入することによってLモードの利用が可能であった。この機種が公衆電話の最終モデルになっている。しかし、従来の磁気テレホンカードが使用できず、ICテレホンカードの普及が進まず利用も低調だった。この背景には、この公衆電話が設置されたころには携帯電話やPHSがかなり普及していたため、この公衆電話の新機能を使いこなせるくらい電話をよく利用する人は携帯電話などを利用してしまい、(この当時の)公衆電話の利用者でそれらの機能を使いたいと思う人は少数であり、むしろ磁気テレホンカードとの互換性がないことやICテレホンカードに有効期限があることを不便だと思ったことがあると考えられる。さらに、偽造テレホンカードに対抗する技術が確立されたため、2006年(平成18年)3月末までに廃止され磁気テレホンカードの公衆電話へ再び置き換えられた。日本の公衆電話 フレッシュアイペディアより)

  • 取手市コミュニティバス

    取手市コミュニティバスから見た日比野克彦日比野克彦

    取手市が高齢者や障害者等が気軽に市内へ出かけられる環境づくりをめざし、市民の新たな交通機関として2006年(平成18年)10月1日より2年間の実証運行を開始した。車両デザインは市内にある東京芸術大学の先端芸術表現科助教授(当時)である日比野克彦が担当し、各運行ルートごとに車体全面に描かれた文字(ことば)と色を分けて表現している。愛称の「ことバス」の意味は車体に日比野が描いた「ことば」と「バス」をかけ合わせた造語である。取手市コミュニティバス フレッシュアイペディアより)

  • 鵠沼海岸

    鵠沼海岸から見た日比野克彦日比野克彦

    2006年(平成18年)8月18日 - サーフビレッジの海側に「日本ビーチバレー発祥の地記念碑」が設置された。日比野克彦のデザインになるもので、B・E・A・C・H をシンボライズした5個の石組みよりなる。中央のAがネット、左右の2文字ずつが選手たちを表す。鵠沼海岸 フレッシュアイペディアより)

  • クボタ

    クボタから見た日比野克彦日比野克彦

    このほか、企業イメージキャラクターとして、日比野克彦、安田成美、利根川進などを起用したこともあり、2017年1月より女優の長澤まさみを起用している。クボタ フレッシュアイペディアより)

  • サンスター

    サンスターから見た日比野克彦日比野克彦

    日比野克彦 - スコール(口臭防止剤。CMでの演出上、人の呼気を目に見える様に表現する為、冷凍倉庫内に造ったスタジオセットで撮影。電車内でのイメージ他、数本のCMがあった。)サンスター フレッシュアイペディアより)

  • 坂本龍一

    坂本龍一から見た日比野克彦日比野克彦

    また、1984年に、シリーズから刊行された『本本堂未刊行図書目録』(朝日出版社)も話題となった。その本で予告されたのは、浅田彰著/井上嗣也装幀『煉獄論あるいはゴダール・スペシャル』、南方熊楠著/井上嗣也装幀『男色と免疫疾患』、赤瀬川原平装幀『糸井重里児童文学全集』、武邑光裕編/細野晴臣装幀『往復書簡 ウィリアム・バロウズ-出口王仁三郎』、中沢新一構成/坂本龍一ピアノ/日比野克彦装幀『グルジェフ体操カセットブック』などの、50冊であった。坂本龍一 フレッシュアイペディアより)

  • 古川聖

    古川聖から見た日比野克彦日比野克彦

    『先端芸術宣言!』(藤幡正樹、伊藤俊治、長谷部浩、渡辺好明、佐藤時啓、たほりつこ、曽我部昌史、日比野克彦、桂英史、木幡和枝、川俣正との共著/岩波書店/2003年6月)古川聖 フレッシュアイペディアより)

  • 青山学院大学

    青山学院大学から見た日比野克彦日比野克彦

    渋谷ハチ公広場を中心に渋谷駅周辺で開催される、ファッションやアート、映像などをコンテンツとしたイベント。2009年は11月21 - 23日に実施、別にシンポジウムが12月16日に開催。主催は、青山学院大学、学校法人青山学院、渋谷道玄坂商店街振興組合、渋谷公園通商店街振興組合、渋谷センター商店街振興組合、東京急行電鉄株式会社、文化服装学院、東京モード学園などで、後援は渋谷区、特別協賛が東京電力株式会社(渋谷支社)、協力は、ヤマハ株式会社、渋谷マークシティ、エクセルホテル東急、文化学院、TokyoFM、YouTubeなど。会場は、ハチ公広場・青ガエル[旧東急電車]、マルイシティ渋谷1Fプラザ、青山学院アスタジオ、青山学院大学、NHK、渋谷マークシティ神宮通り上空通路、トーキョーワンダーサイト渋谷である。参加アーティストには日比野克彦やが〜まるちょばがいる。イベントとしては、若きクリエイターによるファッション作品の展示、ショートフィルムの上映、日本文化デザイン会議、ライブペインティングなどがある。青山学院大学 フレッシュアイペディアより)

59件中 41 - 50件表示

「ひびのこづえ」のニューストピックワード