1 2 3 4 5 次へ
49件中 41 - 49件表示
  • 相模原市

    相模原市から見た日比野克彦日比野克彦

    2006年11月2日には、相模原市・城山町・藤野町の公共施設等に、新市の地図が描かれたPR看板が設置された。キャッチフレーズは、「新・相模原市誕生 ともに築こう 新たな未来」である。「相模原市・城山町合併協議会」及び「相模原市・藤野町合併協議会」では、新市をPRすることを目的に、エコーはがきを5万枚作製し、相模原市・城山町・藤野町に所在する郵便局で2007年2月1日に発行した。また、日本郵政公社南関東支社では、2007年3月9日 - 6月8日の期間、オリジナルフレーム切手「新・相模原市誕生」を、市内に所在する郵便局で5,000部販売した。さらに、相模原市では、日比野克彦をビジュアルプロデューサーに、『新「相模原市」新宿メガキャンペーン』を2007年3月10日 - 3月25日の16日間、新宿で実施した。新宿は鉄道3線(JR東日本・小田急・京王)で相模原市と都心との結節点であり、同駅は日本一の乗降客数を誇る。キャンペーンの目的は、相模原市の知名度の向上とイメージアップである。相模原市 フレッシュアイペディアより)

  • 古川聖

    古川聖から見た日比野克彦日比野克彦

    『先端芸術宣言!』(藤幡正樹、伊藤俊治、長谷部浩、渡辺好明、佐藤時啓、たほりつこ、曽我部昌史、日比野克彦、桂英史、木幡和枝、川俣正との共著/岩波書店/2003年6月)古川聖 フレッシュアイペディアより)

  • とんび (小説)

    とんび (小説)から見た日比野克彦日比野克彦

    アーティスト - 日比野克彦とんび (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 第67回国民体育大会

    第67回国民体育大会から見た日比野克彦日比野克彦

    2008年6月13日に、岐阜県内にて活躍しているデザイナーによる作品92点の中から日比野克彦ら審査員によって選ばれ披露された。"キラキラ輝く川の水面(みなも)にすみ、岐阜の地とスポーツが大好きな妖精"という設定で、岐阜の清流を水色、人々の笑顔や太陽を黄色、その2色をストライプで表現したデザインのマスコット。第67回国民体育大会 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢翔

    柳沢翔から見た日比野克彦日比野克彦

    村上隆主催 「GEISAI-3」 シルバー受賞(日比野克彦 浅野忠信推薦作品)柳沢翔 フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!

    ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!から見た日比野克彦日比野克彦

    セットデザイン:日比野克彦ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! フレッシュアイペディアより)

  • 糸井重里

    糸井重里から見た日比野克彦日比野克彦

    おめでとうのいちねんせい(詩、日比野克彦絵)小学館 1989.12糸井重里 フレッシュアイペディアより)

  • クボタ

    クボタから見た日比野克彦日比野克彦

    この他、企業イメージキャラクターとして、日比野克彦、安田成美、利根川進などを起用したこともあった。クボタ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の公衆電話

    日本の公衆電話から見た日比野克彦日比野克彦

    NTTの新型のICカードタイプのテレホンカードに対応した公衆電話機。日比野克彦のデザインによる“アースカラー”を用いたコンパクトな外観が特徴。いわゆる偽造テレホンカード対策の決定版として登場。国際電話対応。従来の磁気式テレホンカードは使用不可能。PC・PDAなどの接続用にRJ-11コネクタとIrDA赤外線ポートを有する。また、Lモード契約者は、Lモードカードを挿入することによってLモードの利用が可能であった。この機種が公衆電話の最終モデルになっている。しかし、従来の磁気テレホンカードが使用できず、ICテレホンカードの普及が進まず利用も低調だった。この背景には、この公衆電話が設置されたころには携帯電話やPHSがかなり普及していたため、この公衆電話の新機能を使いこなせるくらい電話をよく利用する人は携帯電話などを利用してしまい、(この当時の)公衆電話の利用者でそれらの機能を使いたいと思う人は少数であり、むしろ磁気テレホンカードとの互換性がないことやICテレホンカードに有効期限があることを不便だと思ったことがあると考えられる。さらに、偽造テレホンカードに対抗する技術が確立されたため、2006年(平成18年)3月末までに廃止され磁気テレホンカードの公衆電話へ再び置き換えられた。日本の公衆電話 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
49件中 41 - 49件表示