274件中 11 - 20件表示
  • 蜂群崩壊症候群

    蜂群崩壊症候群から見たヒマワリヒマワリ

    2005年、ボローニャのイタリア国立養蜂研究院は、イミダクロプリドが付いた種から得られた花粉は致命的なレベルの殺虫剤を含むことを発見し、汚染された花粉はミツバチのコロニーを死に導きかねないと発表した。トウモロコシとヒマワリにおけるイミダクロプリドが付いた種の解析では、多量の殺虫剤がミツバチのコロニーに再び運ばれていくことを示唆している。働き蜂に与えられるスクロースに溶けたイミダクロプリドは数時間でミツバチのコミュニケーションを減少させる。蜂群崩壊症候群 フレッシュアイペディアより)

  • ガールズ&パンツァー

    ガールズ&パンツァーから見たヒマワリヒマワリ

    身長 - 142cm / 血液型 - AB型 / 好きな戦車 - T28 / 好きな花 - ひまわりガールズ&パンツァー フレッシュアイペディアより)

  • 北竜町

    北竜町から見たヒマワリヒマワリ

    ヒマワリの作付面積は日本一を誇り、ヒマワリを中心とした町づくりを行っている。北竜町 フレッシュアイペディアより)

  • 津南町

    津南町から見たヒマワリヒマワリ

    観光(ひまわり畑、ニュー・グリーンピア津南、秋山郷、山伏山森林公園、温泉、スキー場など)津南町 フレッシュアイペディアより)

  • はなかっぱ

    はなかっぱから見たヒマワリヒマワリ

    頭にヒマワリが咲いていて、種が実ると蒔きに行く。はなかっぱ フレッシュアイペディアより)

  • フラワーヒル菊池高原

    フラワーヒル菊池高原から見たヒマワリヒマワリ

    ユリ、アジサイ、ブッドレア、ヒマワリ、サルビア、ムクゲなどフラワーヒル菊池高原 フレッシュアイペディアより)

  • マウンドヴィル

    マウンドヴィルから見たヒマワリヒマワリ

    マウンドヴィル?期は、ミシシッピ文化の多くの特色を示す遺構・遺物によって特徴づけられる時代である。つまり、マウンド、壁面を表す四辺形の溝を伴う建物、貝殻の細片を混和材に含むざまざまな形の土器である。土器の粒子を含んだウェストジェファーソン相に同定されるような種類の土器も使われた。この時期のはっきり分かる変化は、居住形態、生業経済、社会的構造である。マウンドヴィル?期前半は、先行するウェストジェファーソン相からはじまった農業に依存する割合が強まった。とくにトウモロコシへの依存が強まっている。ヒョウタン、アカザ科のChenopod、ヒマワリなどの作物も副次的に栽培された。そしてマメ科植物の栽培もはじまった。一方でウェストジェファーソン相に比べ、ナッツ(堅果)類を食用とする率が減っていった。マウンドヴィル?期前半にブラックウォリアー河谷では安定した農業経済が営まれるようになった。ブラックウォリアー河谷では、トウモロコシが食糧摂取に占める割合は平均して40%前後であった。マウンドヴィル フレッシュアイペディアより)

  • 日回り

    日回りから見たヒマワリヒマワリ

    日回り フレッシュアイペディアより)

  • ひまわり15万本

    ひまわり15万本から見たヒマワリヒマワリ

    このイベントは、旧野田川町にあった亀山農事実行組合が、休耕田を有効的に活用できないかと考え始まったもの。野田川わーくぱる(与謝野町勤労者総合福祉センター・与謝野町商工会館)の東側にある休耕田約4.6haに、ひまわり約15万本を栽培している。ひまわり15万本 フレッシュアイペディアより)

  • 日輪草

    日輪草から見たヒマワリヒマワリ

    日輪草 フレッシュアイペディアより)

274件中 11 - 20件表示

「ひまわりの花情報」のニューストピックワード