348件中 31 - 40件表示
  • 記章

    記章から見たヒマワリヒマワリ

    士業の徽章として弁護士の「天秤乗せヒマワリ」、他の法曹二者たる裁判官の「“裁”の一字入り八咫鏡」、検察官の秋霜烈日章は有名であるが、その他の士業、司法書士・税理士・土地家屋調査士・社会保険労務士・行政書士・海事代理士にもそれぞれ徽章がある。記章 フレッシュアイペディアより)

  • 胚乳

    胚乳から見たヒマワリヒマワリ

    たいていの無胚乳種子は胚乳の代わりに胚そのものの一部である子葉に発芽時に必要な養分を蓄えている。つまり、胚自体が自力で発芽する様式である。マメ科やブナ科、キク科の植物がそうした植物の代表で、食用となるマメ科の豆類、ブナ科のクリ、キク科のヒマワリの種子は養分を蓄えて肥大した子葉を食べているのである。胚乳 フレッシュアイペディアより)

  • 八重咲き

    八重咲きから見たヒマワリヒマワリ

    ガーベラやマリーゴールドなど、キク科の花で八重咲きと呼ばれるものは、これまで述べたものとは全く異なるものである。キク科の「花」は、実は単一の花ではなく、頭状花序と呼ばれ、小さな花の集まりである。ヒマワリのように、外側に花びらが並んでいるように見えるものは、外側に一方に広がった形の花びらが大きく発達した花(舌状花)が並び、内側には花びらが小さい花(管状花)が集まっているためである。そこで、管状花があるべきところにも舌状花がつくようになったものが一般の花の八重咲きと同じように見える。タンポポなど、もともと舌状花のみから花序が構成されているものでは、普通のものも八重咲きに見えるし、普通に種子が作られる。八重咲き フレッシュアイペディアより)

  • キタレ

    キタレから見たヒマワリヒマワリ

    キタレ(Kitale)は、ケニアの都市。人口220000人(2007年)。リフトバレー州に位置し、トランス・ンゾイア県に属する。西のエルゴン山と東のチェランガニ山地に挟まれた標高2100mの地点に位置する。キタレ周辺はトウモロコシ、ヒマワリ、除虫菊、茶、コーヒー、豆などが栽培される農耕地帯であり、キタレはその農作物の集散地となっている。キタレはエルゴン山やチェランガニ山地、サイワ湿原国立公園などの観光の基点であり、またアグロフォレストリーのセンターなどもある。キタレにある自然史博物館である西ケニア国立博物館は、1926年にストーンハウス中佐によって建てられたものが起源となっている。キタレ フレッシュアイペディアより)

  • スマネン

    スマネンから見たヒマワリヒマワリ

    スマネン (sumanene) は、6員環を中心としてフラーレンの一部を切り取った構造を持つ炭化水素化合物(バッキーボウル)。サンスクリット語・ヒンディー語でヒマワリを意味する"Suman"にちなみ命名された。スマネン フレッシュアイペディアより)

  • テリクロオウム

    テリクロオウムから見たヒマワリヒマワリ

    食性は雑食で、主にアロカズアリナ属の種子を食べるが、果実、種子(アカシア属、バンクシア属、ヒマワリ、ユーカリ属など)、昆虫類なども食べる。アロカズアリナ属の松毬を後肢で固定して嘴で殻を剥がし種子のみを食べたり、口内で殻は吐き出し舌を使い種子のみを食べる。テリクロオウム フレッシュアイペディアより)

  • PBFD

    PBFDから見たヒマワリヒマワリ

    このような鳥を見たオーストラリアの人々は、長年にわたってこのような症状がヒマワリの種ばかりを食べることによって起こると考えていた (ヒマワリの種はオーストラリアの野生のオウムにとって、しばしば主要な食料となっている)。これは現在では誤りであることがわかっている。PBFD フレッシュアイペディアより)

  • 市民勢力

    市民勢力から見たひまわりヒマワリ

    党員数は5万5063人。党のシンボルはひまわり。市民の自由的権利の尊重、私有財産制はロシアにおける経済発展の基盤である、国家は、市民的権利と生活の安定に関する擁護者たることなどを主な政治的主張としている。市民勢力 フレッシュアイペディアより)

  • 実生

    実生から見たヒマワリヒマワリ

    ヒマワリやパンジーなどの一年草、二年草は、すべて実生から生長する。多年草や木本は、栄養繁殖で増やす場合が多いが、比較的短命なハーブ類や、種子から1、2年で開花するアネモネやシクラメン、挿し木や株分けなどの栄養繁殖が難しいコーヒーノキやイチョウ、ソテツなどは、実生からの繁殖が行われている。実生 フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリモドキ属

    ヒマワリモドキ属から見たヒマワリヒマワリ

    学名は「太陽のような」の意味だが、本物の太陽ではなく、太陽の花つまりヒマワリ Helianthus によく似たという意味である。花壇用草花として栽培されるのは、ヒマワリモドキ H. helianthoides と、キクイモモドキ H. scabraで、日本でよく見かけるのは後者である。短命な多年草で、草丈1m内外。葉には柄があり、対生するが、上部では互生する。花は7月から9月頃に開花し、直径7cmくらいでヒマワリの花によく似ている。アメリカ合衆国南部に7種ほどの自生種がある。ヒマワリモドキ属 フレッシュアイペディアより)

348件中 31 - 40件表示