前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示
  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たハムスター

    煎って食用とすることができる。乾燥した種子を用いる生薬名は「向日葵子」(こうじつきし)。また、ペット(ハムスター、小鳥など)の餌に利用される。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た

    種実を食用や油糧とするため、あるいはを花卉として観賞するために広く栽培される。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たセシウム

    ヒマワリはカリウムなどと共に性質が類似するセシウムを吸収する性質を持つことから、原発事故などで放射能汚染された土地に植えたら除去できる(ファイトレメディエーション)という説が流布しているが、そのような効果は認められていない。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た佐用町

    兵庫県佐用町(旧・南光町)ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たコスモス

    ヒマワリの原産地は北アメリカ大陸西部であると考えられている。既に紀元前からインディアンの食用作物として重要な位置を占めていた。1510年、スペイン人がヒマワリの種を持ち帰り、マドリード植物園で栽培を開始した。マドリード植物園はダリアやコスモスが最初に栽培されたことでも有名である。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たダイズ

    OIL WORLD誌の統計によるとヒマワリの種子生産量は2006/07年産、油料用植物として大豆(234.98百万トン)、ナタネ(47.26百万トン)、綿実(44.15百万トン)に次ぐ、生産量(29.84百万トン)を誇る。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たバイオディーゼル

    ディーゼルエンジン用燃料(バイオディーゼル)として利用する研究も進められている。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た太陽

    和名の由来は、太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回るといわれたことから。ただしこの動きは生長に伴うものであるため、実際に太陽を追って動くのは生長が盛んな若い時期だけである。若いヒマワリの茎の上部の葉は太陽に正対になるように動き、朝には東を向いていたのが夕方には西を向く。日没後はまもなく起きあがり、夜明け前にはふたたび東に向く。この運動はつぼみを付ける頃まで続くが、つぼみが大きくなり花が開く頃には生長が止まるため動かなくなる。その過程で日中の西への動きがだんだん小さくなるにもかかわらず夜間に東へ戻る動きは変わらないため、完全に開いた花は基本的に東を向いたままほとんど動かない。なお、これは茎頂に一つだけ花をつける品種が遮るもののない日光を受けた場合のことであり、多数の花をつけるものや日光を遮るものがある場所では必ずしもこうはならない。北海道の標準播種期は5月上旬であり、霜や氷点下の気温にも耐性はある。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た大崎市

    宮城県大崎市(旧・三本木町)ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たオレイン酸

    種は絞って搾油されヒマワリ油として利用される。ヒマワリ油には不飽和脂肪酸が多く含まれる。1990年代までリノール酸が70 - 80%、オレイン酸が10 - 20%のハイリノールタイプが主流であったがω-6系列の脂肪酸であるリノール酸の発ガンや高脂血症、アレルギー等との因果関係が報告されるにいたり、リノール酸が15 - 20%、オレイン酸が40 - 60%の中オレインタイプのNuSun品種が伝統的な交配育種法により育成され、2000年以降は主流となっている。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示

「ひまわりの花情報」のニューストピックワード