51件中 11 - 20件表示
  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たロシア

    ヒマワリがスペイン国外に持ち出されるまで100年近くを要し、ようやく17世紀に至りフランス、次にロシアに伝わった。ロシアに到達してはじめて、その種子に大きな価値が認められた。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た

    種は長卵形でやや平たい。種皮色は油料用品種が黒色であり、食用や観賞用品種には長軸方向にと白の縞模様がある。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た食用

    種実を食用や油糧とするため、あるいは花を花卉として観賞するために広く栽培される。また、ヒマワリは夏の季語でもある。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た原子力事故

    ヒマワリはカリウムなどと共に性質が類似するセシウムを吸収する性質を持つことから、原発事故などで放射能汚染された土地に植えたら除去できる(ファイトレメディエーション)という説が流布しているが、そのような効果は認められていない。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たフランス語

    ヒマワリ(向日葵、学名:Helianthus annuus)はキク科の一年草である。日回りと表記されることもあり、また、ニチリンソウ(日輪草)、ヒグルマ(日車)、ヒグルマソウ(日車草)、ヒマワリソウ(日回り草)、ヒュウガアオイ(向日葵)、サンフラワー(英:Sunflower)、ソレイユ(:Soleil)とも呼ばれる。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たディーゼルエンジン

    ディーゼルエンジン用燃料(バイオディーゼル)として利用する研究も進められている。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たマドリード

    ヒマワリの原産地は北アメリカ大陸西部であると考えられている。既に紀元前からインディアンの食用作物として重要な位置を占めていた。1510年、スペイン人がヒマワリの種を持ち帰り、マドリード植物園で栽培を開始した。マドリード植物園はダリアやコスモスが最初に栽培されたことでも有名である。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た

    種は長卵形でやや平たい。種皮色は油料用品種が黒色であり、食用や観賞用品種には長軸方向に黒との縞模様がある。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た日本

    日本には17世紀に伝来している。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た小鳥

    煎って食用とすることができる。乾燥した種子を用いる生薬名は「向日葵子」(こうじつきし)。また、ペット(ハムスター、小鳥など)の餌に利用される。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示