63件中 11 - 20件表示
  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たペット

    煎って食用とすることができる。乾燥した種子を用いる生薬名は「向日葵子」(こうじつきし)。また、ペット(ハムスター、小鳥など)の餌に利用される。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た長野電波技術研究所

    ヒマワリ(向日葵) 大植物図鑑(長野電波技術研究所ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たひまわり油

    また、2006/07年の植物油生産量はパーム油(37,985千トン)、大豆油(36,716千トン)、ナタネ油(18,425千トン)、ヒマワリ油(11,171千トン)である。ヒマワリの生産地域はロシア周辺のヨーロッパに偏っている。5割強がヨーロッパ州に集中しており、アジア州と南アメリカ州がそれぞれ2割弱を生産している。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たロシア

    ヒマワリがスペイン国外に持ち出されるまで100年近くを要し、ようやく17世紀に至りフランス、次にロシアに伝わった。ロシアに到達してはじめて、その種子に大きな価値が認められた。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た大斎 (東方正教会)

    正教会は大斎の40日間は食物品目の制限による斎(ものいみ)を行う。19世紀の初期にはほとんど全ての油脂食品が禁止食品のリストに載っていた。しかしヒマワリは教会の法学者に知られていなかったのか、そのリストにはなかったのである。こうした事情から、正教徒の多いロシア人たちは教会法と矛盾なく食用可能なヒマワリ種子を常食としたのであった。そして、19世紀半ばには民衆に普及し、ロシアが食用ヒマワリ生産の世界の先進国となったのであった。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た

    種は長卵形でやや平たい。種皮色は油料用品種が黒色であり、食用や観賞用品種には長軸方向にと白の縞模様がある。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た食用

    種実を食用や油糧とするため、あるいは花を花卉として観賞するために広く栽培される。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た正教徒

    正教会は大斎の40日間は食物品目の制限による斎(ものいみ)を行う。19世紀の初期にはほとんど全ての油脂食品が禁止食品のリストに載っていた。しかしヒマワリは教会の法学者に知られていなかったのか、そのリストにはなかったのである。こうした事情から、正教徒の多いロシア人たちは教会法と矛盾なく食用可能なヒマワリ種子を常食としたのであった。そして、19世紀半ばには民衆に普及し、ロシアが食用ヒマワリ生産の世界の先進国となったのであった。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た富士見町

    長野県富士見町、信濃町、筑北村、諏訪市、阿南町ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た三本木町 (宮城県)

    宮城県大崎市(旧・三本木町ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

63件中 11 - 20件表示