63件中 21 - 30件表示
  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たフランス

    ヒマワリがスペイン国外に持ち出されるまで100年近くを要し、ようやく17世紀に至りフランス、次にロシアに伝わった。ロシアに到達してはじめて、その種子に大きな価値が認められた。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た南光町

    兵庫県佐用町(旧・南光町ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た原子力事故

    ヒマワリはカリウムなどと共に性質が類似するセシウムを吸収する性質を持つことから、原発事故などで放射能汚染された土地に植えたら除去できる(ファイトレメディエーション)という説が流布しているが、そのような効果は認められていない。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たワタ属

    OIL WORLD誌の統計によるとヒマワリの種子生産量は2006/07年産、油料用植物として大豆(234.98百万トン)、ナタネ(47.26百万トン)、綿実(44.15百万トン)に次ぐ、生産量(29.84百万トン)を誇る。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た諏訪市

    長野県富士見町、信濃町、筑北村、諏訪市、阿南町ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たまんのう町

    香川県まんのう町(旧・仲南町)ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たキク科

    ヒマワリ(向日葵、学名:Helianthus annuus)はキク科の一年草である。日回りと表記されることもあり、また、ニチリンソウ(日輪草)と呼ばれることもある。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た正教会

    正教会は大斎の40日間は食物品目の制限による斎(ものいみ)を行う。19世紀の初期にはほとんど全ての油脂食品が禁止食品のリストに載っていた。しかしヒマワリは教会の法学者に知られていなかったのか、そのリストにはなかったのである。こうした事情から、正教徒の多いロシア人たちは教会法と矛盾なく食用可能なヒマワリ種子を常食としたのであった。そして、19世紀半ばには民衆に普及し、ロシアが食用ヒマワリ生産の世界の先進国となったのであった。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た阿南町

    長野県富士見町、信濃町、筑北村、諏訪市、阿南町ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たディーゼルエンジン

    ディーゼルエンジン用燃料(バイオディーゼル)として利用する研究も進められている。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

63件中 21 - 30件表示

「ひまわりの花情報」のニューストピックワード