63件中 41 - 50件表示
  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た農林水産省

    そもそも、一般的に植物にとって必須元素であるカリウムの吸収が放射性セシウムの除染のために価値がある程大きいのであれば、ヒマワリの生えた後の土壌は極端に貧栄養化しているはずである。また農林水産省は「ヒマワリはセシウムの吸収率が低く、除染に極めて長い時間がかかるため実用的ではない」としている。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た頭状花序

    大きな1つの花のように見えるが頭状花序と呼ばれ、多数の花が集まって1つの花の形を作っている。これは、キク科の植物に見られる特徴である。外輪に黄色い花びらをつけた花を舌状花、内側の花びらがない花を筒状花と区別して呼ぶ場合がある。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たカリウム

    ヒマワリはカリウムなどと共に性質が類似するセシウムを吸収する性質を持つことから、原発事故などで放射能汚染された土地に植えたら除去できる(ファイトレメディエーション)という説が流布しているが、そのような効果は認められていない。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た出雲市

    島根県出雲市(旧・斐川町)ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たインディアン

    ヒマワリの原産地は北アメリカ大陸西部であると考えられている。既に紀元前からインディアンの食用作物として重要な位置を占めていた。1510年、スペイン人がヒマワリの種を持ち帰り、マドリード植物園で栽培を開始した。マドリード植物園はダリアやコスモスが最初に栽培されたことでも有名である。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た一年草

    ヒマワリ(向日葵、学名:Helianthus annuus)はキク科の一年草である。日回りと表記されることもあり、また、ニチリンソウ(日輪草)と呼ばれることもある。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見たパーム油

    また、2006/07年の植物油生産量はパーム油(37,985千トン)、大豆油(36,716千トン)、ナタネ油(18,425千トン)、ヒマワリ油(11,171千トン)である。ヒマワリの生産地域はロシア周辺のヨーロッパに偏っている。5割強がヨーロッパ州に集中しており、アジア州と南アメリカ州がそれぞれ2割弱を生産している。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た斐川町

    島根県出雲市(旧・斐川町ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た常食

    正教会は大斎の40日間は食物品目の制限による斎(ものいみ)を行う。19世紀の初期にはほとんど全ての油脂食品が禁止食品のリストに載っていた。しかしヒマワリは教会の法学者に知られていなかったのか、そのリストにはなかったのである。こうした事情から、正教徒の多いロシア人たちは教会法と矛盾なく食用可能なヒマワリ種子を常食としたのであった。そして、19世紀半ばには民衆に普及し、ロシアが食用ヒマワリ生産の世界の先進国となったのであった。ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒマワリ

    ヒマワリから見た信濃町

    長野県富士見町、信濃町、筑北村、諏訪市、阿南町ヒマワリ フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示

「ひまわりの花情報」のニューストピックワード