ふりかけ ニュース&Wiki etc.

ふりかけ(振り掛け)とは、主に炊いた米飯にふりかけて使う、粉末状、粒子状、あるいはそぼろ状の調味料的副食物のこと。食事に際して調理するのではなく、作り置きの常備菜に類するものを指すことが多く、商品化された市販品の種類も豊富である。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ふりかけ」のつながり調べ

  • シソ

    シソから見たふりかけ

    赤紫蘇:アントシアン系のシアニジンという色素成分含み、日本では梅干しをつくる際に、梅の成分であるクエン酸によってシアニジンが分解されることで、梅干し特有の色づけに使う。また葉を乾燥させたものはハーブや香辛料として(特に京都で)七味唐辛子に配合されることもあるほか、ふりかけなどにも用いられる。また、熟さない実を付けた「穂じそ」、花が開き掛けの「花穂じそ」は刺身のつまに用いる。湯で煮て砂糖を加えシソジュースにする利用法もある。(日持ちはしないので一週間以内で飲みきることが望ましい)(シソ フレッシュアイペディアより)

  • ハワイ料理

    ハワイ料理から見たふりかけ

    フリカケ - ご飯にかけるだけではなく、料理に用いられることもある (ハワイ料理 フレッシュアイペディアより)

「ふりかけ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ふりかけ」のニューストピックワード