69件中 21 - 30件表示
  • 牧のうどん

    牧のうどんから見たふりかけふりかけ

    ダシをとるのに用いられた昆布およびかつお節は、佃煮・ふりかけとして販売されている他、持ち帰り用昆布などとしてレジ近くにおいてあることもある。牧のうどん フレッシュアイペディアより)

  • ドロマイト

    ドロマイトから見たふりかけふりかけ

    食品添加(飲料、ふりかけ等)用(カルシウム、マグネシウム強化)ドロマイト フレッシュアイペディアより)

  • 浜乙女

    浜乙女から見たふりかけふりかけ

    株式会社浜乙女は、1951年(昭和26年)に加工海苔業界へ参入した東海地方最大手の海苔加工業者で、海苔を主力に胡麻やパン粉、ふりかけ、お茶漬けなどの乾物及び加工品を手掛ける乾物の総合メーカーである。浜乙女 フレッシュアイペディアより)

  • にんべん

    にんべんから見たふりかけふりかけ

    株式会社 にんべんは東京都中央区日本橋室町に本社を置く主に削り節やふりかけ、調味料を製造する水産加工品メーカーである。元禄12年(1699年)の創業と非常に長い歴史を誇り、業界では最古参にあたる企業の一つでもある。首都圏や東日本では高いブランド力を持つ。にんべん フレッシュアイペディアより)

  • ビルマ料理

    ビルマ料理から見たふりかけふりかけ

    ビルマ料理では料理に塩味を付けるために魚醤と塩辛が使われるが、その種類は3つに大別される。塩辛のペーストであるンガピ、魚を原型のまま加工したンガピガウン、魚醤のンガピャーイェーである。ンガピを加工したンガピジョーという、ふりかけに似たそぼろ状の副食も作られる。この魚醤はビルマ族伝統の食文化ではなく、彼らがモン族、ピュー族など9世紀以前に上ビルマに居住していた先住民族から取り入れた食文化だと考える向きがある。また、かつては魚醤の素材は淡水魚が主であったが、19世紀以降ビルマ族による下ビルマの開発が進むにつれて海水魚による魚醤が作られるようになり、1956年より本格的な海水魚の魚醤の生産が国営の工場によって開始された。甘味料としてサトウキビとパームヤシから作られる砂糖、タマリンドや柑橘類で酸味を付けるが、この点は他の東南アジア諸国と共通する。ビルマ料理 フレッシュアイペディアより)

  • のりたま

    のりたまから見たふりかけふりかけ

    のりたまとは、丸美屋食品工業から販売されているふりかけである。のりたま フレッシュアイペディアより)

  • お子様ランチ

    お子様ランチから見たふりかけふりかけ

    ご飯は、チキンライス・オムライス・チャーハン・ふりかけご飯といった色鮮やかなものが山形に盛られる。そのてっぺんには、登山家が登頂の記念に旗を立てることに因み、爪楊枝と紙で作られた小さな旗(殆どの場合は国旗)が立てられることが多い(これらは「国旗爪楊枝」や「フラッグピック」などの名称で製造・販売されているものである)。なお、三越の初代「御子様洋食」の旗は「丸の中に『越』の字」という社旗であったが、それでは夢が無いということで、後に日の丸などの国旗へと変更されたという。お子様ランチ フレッシュアイペディアより)

  • 田中涼子 (タレント)

    田中涼子 (タレント)から見たふりかけふりかけ

    好きな食べ物はハラミ、佃煮、みりん干し、ハヤシライスのルー、ふりかけ、のり、バナナなど田中涼子 (タレント) フレッシュアイペディアより)

  • フタバ (熊本県)

    フタバ (熊本県)から見たふりかけふりかけ

    株式会社フタバ(英称:FUTABA Co.,Ltd.)は、熊本県のふりかけメーカー。地元では、「御飯の友」のメーカーとして知られている。フタバ (熊本県) フレッシュアイペディアより)

  • 高杉さん家のおべんとう

    高杉さん家のおべんとうから見たふりかけふりかけ

    市立東山中学校の教師。温巳の中学時代の担任で、美哉が中学生の時も担任をしていた。教師歴30年以上のベテランで、久留里の卒業と共に定年退職した。弁当のおかずは買い置きしてあるふりかけで、弁当のおかずが少ない生徒に分けてあげている。高杉さん家のおべんとう フレッシュアイペディアより)

69件中 21 - 30件表示

「ふりかけ」のニューストピックワード