82件中 51 - 60件表示
  • ベビースターラーメン

    ベビースターラーメンから見たふりかけふりかけ

    もんじゃ焼きや油そばなどの具としてベビースターラーメンを入れる事がよく行われる。また、ふりかけとしても使用される事もある。クックパッドなどインターネット上の料理サイトには、ベビースターラーメンを食材として使ったレシピが公開されている。料理本来の塩分量に加えて本製品の塩分が加わるため、塩加減が必要にもなる。ベビースターラーメン フレッシュアイペディアより)

  • ニチフリ食品

    ニチフリ食品から見たふりかけふりかけ

    ニチフリ食品株式会社(ニチフリしょくひん、英文名称: NICHIFURI)は、ふりかけなど乾燥食品を主力とする食品メーカー。駿河湾岸の蒲原漁港近くに本社工場を置いていることもあり、桜海老を使用した商品も製造している(現在は台湾産を使用)。ブランドステートメントは「おいしさは、ご飯の上に。」。ニチフリ食品 フレッシュアイペディアより)

  • 8マン

    8マンから見たふりかけふりかけ

    主人公の躍動感あふれる構図に加え、タバコ型の強化剤を吸うシーンは当時の子供達に影響を与え、放送時にはタイアップで発売されたシガレット型の固形ココアが人気を得た(強化剤を吸うシーンは途中から無くなる)。スポンサーは丸美屋食品工業で、同社のふりかけのキャラクターにもなった。番組に2回CMが入る構成。TBSにとっては初の自社制作によるアニメ参入作品である。最高視聴率は1964年9月17日放送の25.3%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。8マン フレッシュアイペディアより)

  • お子様ランチ

    お子様ランチから見たふりかけふりかけ

    ご飯は、チキンライス・オムライス・チャーハン・ふりかけご飯といった色鮮やかなものが山形に盛られる場合が多い。そのてっぺんには、登山家が登頂の記念に国旗を立てることに因み、爪楊枝と紙で作られた小さな旗(日章旗など)が立てられることが多い(これらは「国旗爪楊枝」や「フラッグピック」などの名称で製造・販売されているものである)。お子様ランチ フレッシュアイペディアより)

  • エースコック

    エースコックから見たふりかけふりかけ

    三島食品監修 ゆかり使用 塩焼そば(三島食品とのコラボ商品。同社のふりかけ「ゆかり」を使用)エースコック フレッシュアイペディアより)

  • 日本ブレイク工業

    日本ブレイク工業から見たふりかけふりかけ

    建設業の中でも特に地味と言われる解体業のイメージアップのために、様々な独自活動をしていることで知られ、後述の社歌作成の他、オリジナルのふりかけ「ガラの素」を製作し、関係者や解体現場の周辺住民にご挨拶品として配布していたという。「ガラの素」はかつては永谷園に開発・製造を依頼しており、その後駿河屋海苔店が製造していた。日本ブレイク工業 フレッシュアイペディアより)

  • シソ

    シソから見たふりかけふりかけ

    赤紫蘇:アントシアン系のシアニジンという色素成分含み、日本では梅干しをつくる際に、梅の成分であるクエン酸によってシアニジンが分解されることで、梅干し特有の色づけに使う。また葉を乾燥させたものはハーブや香辛料として(特に京都で)七味唐辛子に配合されることもあるほか、ふりかけなどにも用いられる。また、熟さない実を付けた「穂じそ」、花が開き掛けの「花穂じそ」は刺身のつまに用いる。湯で煮て砂糖を加えシソジュースにする利用法もある。(日持ちはしないので一週間以内で飲みきることが望ましい)シソ フレッシュアイペディアより)

  • 胡麻塩

    胡麻塩から見たふりかけふりかけ

    赤飯や握り飯に振りかける他、ふりかけの代用品として用いられる場合もある。胡麻塩 フレッシュアイペディアより)

  • 三島食品

    三島食品から見たふりかけふりかけ

    ふりかけをメインに混ぜごはんの素、レトルト食品、調味料類を製造、販売しており、ふりかけでは業務用でトップシェアを、消費者向けでも上位を占める。三島食品 フレッシュアイペディアより)

  • 北見市

    北見市から見たふりかけふりかけ

    北見は玉ねぎの生産量・出荷量が日本一であり、オニオンスープ・ふりかけなどの各種加工品がある。かつて世界生産のおよそ70%を占めていた「北見のハッカ」は油・オーガニック化粧品・食品・雑貨などの製品やハーブ製品を販売している。端野ではチコリ(チコリー)を生産している。常呂はホタテの水揚げ量が日本有数の地かつ「ホタテ養殖発祥の地」であり、干貝柱やくん油漬などの水産加工製品がある。留辺蘂はインゲンマメの一種である白花豆の生産量が日本一となっており、甘納豆は特産品となっている。また、木工のまちとして栄えたことを活かした木工加工品や木工クラフトを販売している。オホーツクビールは北海道内初の地ビールで、1994年(平成6年)の酒税法改正に伴い日本国内で最初にビール製造免許申請を行い、同年12月にエチゴビール(新潟市)とともに免許取得第1号となった。また、北見市内には焼き肉店が多く、人口1人当たりの店舗の多さは日本一とも言われている。毎年2月には「北見の焼き肉文化をPRしよう」と転勤族の発案から始まった『北見厳寒の焼き肉まつり』が真冬の屋外で開催される。2007年(平成19年)には、旅行雑誌『北海道じゃらん』の提唱によりご当地グルメ「オホーツク北見塩やきそば」が誕生、『B-1グランプリ』にも参加している。「オホーツク北見塩やきそば応塩隊」は「ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会」(愛Bリーグ)に加盟している。北見市 フレッシュアイペディアより)

82件中 51 - 60件表示

「ふりかけ」のニューストピックワード