55件中 41 - 50件表示
  • ふりかけ

    ふりかけから見たワカメ

    また、すべての原料を細かくほぐし、味付けして混ぜ合わせただけのものもあり、これは生ふりかけと呼ばれている。生ふりかけでは、ちりめんじゃこ・ワカメ・昆布・魚のそぼろなど海産物を使用している割合が高い。ふりかけ フレッシュアイペディアより)

  • ふりかけ

    ふりかけから見たチャツネ

    インドにはチャツネの一種として豆類と各種スパイスで作るふりかけ状の保存食品があり、日本と同様に炊いた米飯にかけたりして食べる習慣がある。ふりかけ フレッシュアイペディアより)

  • ふりかけ

    ふりかけから見た千代田区

    日本海水(東京都千代田区) - ※浦島海苔(熊本県)ブランドふりかけ フレッシュアイペディアより)

  • ふりかけ

    ふりかけから見た中区 (広島市)

    三島食品(広島県広島市中区ふりかけ フレッシュアイペディアより)

  • ふりかけ

    ふりかけから見た調味料

    ふりかけ(振り掛け)とは、主に炊いた米飯にふりかけて使う、粉末状、粒子状、あるいはそぼろ状の調味料的副食物のこと。食事に際して調理するのではなく、作り置きの常備菜に類するものを指すことが多く、商品化された市販品の種類も豊富である。ふりかけ フレッシュアイペディアより)

  • ふりかけ

    ふりかけから見た

    起源をたどれば、ふりかけの始まりは遅くとも鎌倉時代にさかのぼり、『厨事類記』には・サケ・サメの肉を細かく切り塩干しにした「楚割(すわやり)」、「はなかつほ(花鰹)」すなわち削り節の名が見い出される。これら飯にかけるふりかけの先行者としては、ほかに佃煮や田麩の名があげられる。ふりかけ フレッシュアイペディアより)

  • ふりかけ

    ふりかけから見た

    インドにはチャツネの一種として類と各種スパイスで作るふりかけ状の保存食品があり、日本と同様に炊いた米飯にかけたりして食べる習慣がある。ふりかけ フレッシュアイペディアより)

  • ふりかけ

    ふりかけから見た田麩

    起源をたどれば、ふりかけの始まりは遅くとも鎌倉時代にさかのぼり、『厨事類記』には鯛・サケ・サメの肉を細かく切り塩干しにした「楚割(すわやり)」、「はなかつほ(花鰹)」すなわち削り節の名が見い出される。これら飯にかけるふりかけの先行者としては、ほかに佃煮や田麩の名があげられる。ふりかけ フレッシュアイペディアより)

  • ふりかけ

    ふりかけから見た海苔

    一般的なふりかけの製法は、原料を粉砕し調味料で味付けしたあと完全乾燥し、他の具などを混ぜ合わせフレーク状に仕上げる。ほとんどの商品では、味の中心となる具に海苔とゴマが加えられており、最近では風味が豊かなことからフリーズドライの原料を用いることもある。ふりかけ フレッシュアイペディアより)

  • ふりかけ

    ふりかけから見た胡麻塩

    ご飯に振りかけて食するのが名前の由来である事から、赤飯などで使うごま塩や、梅干しを漬けた後の赤紫蘇を乾燥させて細かくしたものも、ふりかけの仲間に入る。他にも、ふりかけた後にお茶をかける「お茶漬けの素」や、ふりかけた後ご飯に混ぜ込んで使用する「おにぎりの素」などに、ふりかけとほぼ同じ製法のものがある。ふりかけ フレッシュアイペディアより)

55件中 41 - 50件表示

「ふりかけ」のニューストピックワード