ほおずき市 ニュース&Wiki etc.

「ほおずき市」Q&A

  • Q&A

    今年、はじめて「ほおずき市」でほおずきの鉢を買いました。お盆には赤くなった実を切って…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年7月23日 07:34

  • Q&A

    英字新聞について・・・ ある日の英字新聞(読売新聞)の記事の一部について質問です…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年1月11日 00:25

  • Q&A

    フランス料理店HAGIのおすすめのジャムを教えて下さい 1.ユウキベリー農園 ラズベ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2015年9月18日 21:00

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ホオズキ」のつながり調べ

  • カメムシ

    カメムシから見たホオズキ

    臭いを発するなじみ深い虫なので、各地でいろいろな方言で呼ばれてきた。例としてワクサ・ワックサ(群馬県・埼玉県北部)、ヘコキムシ・ヘッピリムシ(多くの地方)、クセンコ(クセンコムシとも・青森県)、アネコムシ・ヘメコムシ・ヒメコムシ・ドンベムシ(秋田県南部山間部など)、ヘタガニ又はヘチガネ・ジョロピン、(新潟県の一部)、ヘクサンボ(富山県の一部)、ヘクサムシまたはヘクソムシ(山形県?福島県)、ガメ(岐阜県の一部)、マナゴ(和歌山県)、ジョンソン・ジョロムシ・オヒメサマ(兵庫県日本海側の一部)、ヒメムシ・ヨメサンムシ(京都府丹後地方)、ガイザ・ガイダ・カイダ(ムシ)(兵庫県?岡山県の山間部)、ホウムシ(島根県西部)、ハットウジまたはハトウジ(岡山県?広島県の山間部)、ホウジ(山口県)、ジャクジ・ジャクゼン・ブイブイ(愛媛県)、フウ(九州地方)などがある。特に今日九州で用いられている「フウ」あるいは「フウムシ」は、カメムシを指す古語のひとつの系譜を引いているとも言われており、ホオズキの語源ともされている。(カメムシ フレッシュアイペディアより)

  • 百鬼夜行抄

    百鬼夜行抄から見たホオズキ

    「人間よりずっと長く生きている」妖怪。外見は赤い髪(或いは茶髪)をした青年の姿をしている。後頭部には髪に隠れていくつもの目玉がある。「赤間」というのは人間になりすました際に度々名乗っている名前で、「鬼灯」というのは蝸牛が赤い髪をほおずきになぞらえて付けた名前であり、従って本名に相当する名は持たない。ある事がきっかけで蝸牛に付きまとい、彼の周囲に居る人間に多くの厄災を与えている。だが当の本人は「友人と遊んでいる」つもりであったらしく、律から蝸牛の死を聞かされた際には寂しさを表す様な言葉を述べていた。蝸牛の法術によって長い間壺に封じられていたことがある。出会った頃に痛い目に合わされ、またペースが乱されるため、司が苦手。なお、彼の登場する話はバットエンドが多い。(百鬼夜行抄 フレッシュアイペディアより)

「ホオズキ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ほおずき市」のニューストピックワード