前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示
  • ホオズキカメムシ

    ホオズキカメムシから見たホオズキホオズキ

    ホオズキカメムシ Acanthocoris sordidus (Thunberg) は、ヘリカメムシ科のカメムシの1種。名前の通りにホオズキを含むナス科植物などの害虫として知られる。縄張り行動などの研究でも知られている。ホオズキヘリカメムシとも。ホオズキカメムシ フレッシュアイペディアより)

  • 一村一品運動

    一村一品運動から見たホオズキホオズキ

    旧宇目町:しいたけ(乾)、栗、茶、ほおずき、なす、スイートピー、ししラーメン一村一品運動 フレッシュアイペディアより)

  • 応援大使「ほおずきんちゃん」

    応援大使「ほおずきんちゃん」から見たホオズキホオズキ

    福岡市・愛宕神社の宮司が『皆様のご縁がほおずきのようにふっくらと膨らみ、ご縁の実を結びますように』とほおずきに願いを込めると、この世に「ほおずきんちゃん」が誕生したのです。応援大使「ほおずきんちゃん」 フレッシュアイペディアより)

  • ブドウホオズキ

    ブドウホオズキから見たホオズキホオズキ

    ブドウホオズキあるいはシマホオズキ、ケホオズキ(学名: Physalis peruviana)とは、ナス科の多年草の一つである。ホオズキに似ているが、ブドウホウズキの方には実を包む萼が細かい毛に覆われるという特徴が見られる(参照: )。食用となる実をつけ(参照: )、日本では小笠原諸島などに帰化している(参照: )。ブドウホオズキ フレッシュアイペディアより)

  • ナス科

    ナス科から見たホオズキホオズキ

    ナスやトマト、トウガラシ、ピーマンなど果実を食用にする種が多く、ほかにジャガイモのように塊茎を食用とするもの、タバコのように嗜好品として栽培されるもの、ホオズキやペチュニアなど観賞用に栽培されるものもなど、利用の幅は広い。また、一般に特有のアルカロイドを含むために、多様な生理作用をもつ。これらは薬用や香辛料として用いられる場合もあるが、一般には強い刺激性や毒性を持つ。なお、食用とされる作物では品種改良により可食部にはアルカロイドが含まれないが、ジャガイモの芽・茎(ソラニン)や未熟なトマト(トマチン)などのように非可食部は有毒である場合がある。ナス科 フレッシュアイペディアより)

  • サンショウコン

    サンショウコンから見たホオズキホオズキ

    サンショウコン フレッシュアイペディアより)

  • 酸漿根

    酸漿根から見たホオズキホオズキ

    酸漿根 フレッシュアイペディアより)

  • 酸漿

    酸漿から見たホオズキホオズキ

    酸漿 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼灯

    鬼灯から見たホオズキホオズキ

    鬼灯 フレッシュアイペディアより)

  • ほおずき

    ほおずきから見たホオズキホオズキ

    ほおずき フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示

「ほおずき市」のニューストピックワード