32件中 11 - 20件表示
  • ソラニジン

    ソラニジンから見たホオズキホオズキ

    ソラニジン (solanidine) は、主にジャガイモの表皮や芽、ホオズキなどに含まれるステロイドアルカロイドの一種で、配糖体のソラニンのアグリコンである。ソラニンを加水分解すると、グルコース、ガラクトース、ラムノースとともに得られる。分子式は C27H43NO、分子量 397.64、CAS登録番号は80-78-4。ソラニジン フレッシュアイペディアより)

  • 源覚寺 (文京区)

    源覚寺 (文京区)から見たほおずきホオズキ

    当寺院は、寛永元年(1624年) に定誉随波上人(後に増上寺第18世)によって創建された。本尊は阿弥陀三尊(阿弥陀如来、勢至菩薩、観音菩薩)。特に徳川秀忠、徳川家光から信仰を得ていた。江戸時代には四度ほど大火に見舞われ、特に天保15年(1848年)の大火では本堂などがほとんど焼失したといわれている。しかし、こんにゃくえんま像や本尊は難を逃れた。再建は明治時代になったが、その後は、関東大震災や第二次世界大戦からの災害からも免れられた。しかし老朽化が進み現在の本堂は1979年に再建されたものである。また当寺院は小石川七福神のひとつで毘沙門天も祀っている。また例年7月にはほおずき市が開かれ多くのものが訪れる。(近隣の伝通院の朝顔市とともに知られる)源覚寺 (文京区) フレッシュアイペディアより)

  • Β-クリプトキサンチン

    Β-クリプトキサンチンから見たホオズキホオズキ

    β-クリプトキサンチン(β-cryptoxanthin)は、天然に存在するカロテノイド色素の一つである。ホオズキやオレンジの皮、パパイヤ、卵黄、バター、リンゴ、ウシの血清など多様なところから単離される。Β-クリプトキサンチン フレッシュアイペディアより)

  • 頬

    から見たホオズキホオズキ

    ホオズキ :ナス目 - ナス科の双子葉植物。果実を鳴らして遊ぶ子供の頬の様子から「頬突き」と呼ばれるようになったとの語源説がある。 フレッシュアイペディアより)

  • イヌホオズキ

    イヌホオズキから見たホオズキホオズキ

    イヌホオズキ(犬酸漿、学名: )は、ナス科ナス属の植物。バカナスとも呼ばれ、ホオズキやナスに似ているが役に立たないことから名付けられた。イヌホオズキ フレッシュアイペディアより)

  • 百鬼夜行抄

    百鬼夜行抄から見たホオズキホオズキ

    「人間よりずっと長く生きている」妖怪。外見は赤い髪(或いは茶髪)をした青年の姿をしている。後頭部には髪に隠れていくつもの目玉がある。「赤間」というのは人間になりすました際に度々名乗っている名前で、「鬼灯」というのは蝸牛が赤い髪をほおずきになぞらえて付けた名前であり、従って本名に相当する名は持たない。ある事がきっかけで蝸牛に付きまとい、彼の周囲に居る人間に多くの厄災を与えている。だが当の本人は「友人と遊んでいる」つもりであったらしく、律から蝸牛の死を聞かされた際には寂しさを表す様な言葉を述べていた。蝸牛の法術によって長い間壺に封じられていたことがある。出会った頃に痛い目に合わされ、またペースが乱されるため、司が苦手。なお、彼の登場する話はバットエンドが多い。百鬼夜行抄 フレッシュアイペディアより)

  • 大塩平八郎

    大塩平八郎から見たホオズキホオズキ

    摂津国東成郡般若寺村庄屋。ゆうの義兄、みねの実父。最古参格の門人。ホオズキ栽培を広く手がけて財を成した。乱に参加して敗走した後、大塩家のゆうとみねに自殺を勧めるよう大塩に言いつけられたが果たせず、ともに逃亡して京で捕縛された。牢死し、遺骸は塩漬けにされ、磔刑とされた。大塩平八郎 フレッシュアイペディアより)

  • ネコ

    ネコから見たホオズキホオズキ

    ナス、トマト、ジャガイモ、ピーマン、ホオズキ等のナス科のほとんどの植物にネコに有毒なソラニンが含まれている。個体差があるが、ネコの場合は2?10mgが摂取量の上限であり、それを超えると過流涎、食欲不振、胃腸障害、下痢、中枢神経系の抑制、虚脱、散瞳、心拍数低下等に陥る場合がある。最悪の場合は、心筋梗塞を起こし死に至る。ネコ フレッシュアイペディアより)

  • ソラニン

    ソラニンから見たホオズキホオズキ

    ソラニン (solanine) とは主にナス科の植物に含まれるステロイドアルカロイドの一種。分子式は C45H73NO15、分子量 868.07、CAS登録番号は 20562-02-1。ジャガイモの表皮や芽、ホオズキ、イヌホオズキなどに含まれている。なお、トマトの葉には類似物質のトマチンが含まれる。ソラニン フレッシュアイペディアより)

  • カメムシ

    カメムシから見たホオズキホオズキ

    臭いを発するなじみ深い虫なので、各地でいろいろな方言で呼ばれてきた。例としてワクサ・ワックサ(群馬県・埼玉県北部)、ヘコキムシ・ヘッピリムシ(多くの地方)、クセンコ(クセンコムシとも・青森県)、アネコムシ・ヘメコムシ・ヒメコムシ・ドンベムシ(秋田県南部山間部など)、ヘタガニ又はヘチガネ・ジョロピン、(新潟県の一部)、ヘクサンボ(富山県の一部)、ヘクサムシまたはヘクソムシ(山形県?福島県)、ガメ(岐阜県の一部)、マナゴ(和歌山県)、ジョンソン・ジョロムシ・オヒメサマ(兵庫県日本海側の一部)、ヒメムシ・ヨメサンムシ(京都府丹後地方)、ガイザ・ガイダ・カイダ(ムシ)(兵庫県?岡山県の山間部)、ホウムシ(島根県西部)、ハットウジまたはハトウジ(岡山県?広島県の山間部)、ホウジ(山口県)、ジャクジ・ジャクゼン・ブイブイ(愛媛県)、フウ(九州地方)などがある。特に今日九州で用いられている「フウ」あるいは「フウムシ」は、カメムシを指す古語のひとつの系譜を引いているとも言われており、ホオズキの語源ともされている。カメムシ フレッシュアイペディアより)

32件中 11 - 20件表示

「ほおずき市」のニューストピックワード