57件中 11 - 20件表示
  • 提灯小僧

    提灯小僧から見たホオズキホオズキ

    仙台の城下町に出没したという。容姿は人間年齢で12歳か13歳ほどの少年のようだが、顔は真っ赤で、しばしばホオズキの実の色にたとえられる。提灯小僧 フレッシュアイペディアより)

  • オオバミゾホオズキ

    オオバミゾホオズキから見たホオズキホオズキ

    和名は「大きな葉を持つミゾホオズキ」の意味。また、ミゾホオズキ(溝酸漿)は水辺(溝)に生え、実がホオズキに似ていることから。オオバミゾホオズキ フレッシュアイペディアより)

  • ヌカヅキ

    ヌカヅキから見たホオズキホオズキ

    ヌカヅキ フレッシュアイペディアより)

  • ミゾホオズキ属

    ミゾホオズキ属から見たホオズキホオズキ

    ミゾホオズキ属の「ミゾホオズキ」は、溝酸漿の意味で、溝辺に生え、萼片に包まれた果実がナス科のホオズキ(酸漿)に似ることによる。また、属名の Mimulus は、ラテン語で道化者 mimus の縮小形で、花冠とその模様が猿に似たような形をしていることからつけられたもの。英語では、monkey-flower という。ミゾホオズキ属 フレッシュアイペディアより)

  • ミゾホオズキ

    ミゾホオズキから見たホオズキホオズキ

    ミゾホオズキの名は、「溝酸漿」の意味で、溝辺に生え、萼に包まれた果実のようすが、ナス科のホオズキ(酸漿)に似ていることからつけられた。ミゾホオズキ フレッシュアイペディアより)

  • 仏花

    仏花から見たホオズキホオズキ

    よく使用される品種としては、キク(輪菊・小菊・洋菊)、カーネーション、ヒャクニチソウ、ストック、キンギョソウなどで、季節により、春はアイリス、キンセンカ、夏はリンドウ、グラジオラス、ケイトウ等が加わる。またお盆には特にミソハギ、ホオズキが使用される。最近では、花粉の少ない品種が好まれる傾向がある。仏花 フレッシュアイペディアより)

  • 深大寺鬼燈まつり

    深大寺鬼燈まつりから見たほおずきホオズキ

    「深大寺ほおずき市」(鉢や枝のものを販売する)を主体として、その年によって、「手作り市」・「音楽ライブ」・「東北復興支援物産展」などの主な出し物が変わることがある。東日本大震災後は「東北復興支援物産展」や「3.11語り部トークライブ」のような震災関連のイベントを加えている。実行委員会が種々の企画を立案して祭りを盛り上げ、2015年で7回目を迎える。深大寺鬼燈まつり フレッシュアイペディアより)

  • ルービン (食品)

    ルービン (食品)から見たホオズキホオズキ

    これを凝固させるための酸液の準備として、パパイアの果肉を潰して十分な量の水を加え、夏季なら半日、冬季なら2日ほど広口ビンの中で放置する。この間にパパイアやビン内に付着していた乳酸菌が果汁の糖質を利用して乳酸を生成し、濁った黄褐色でpHが4.0程度の酸液が得られる。パパイアの他、ホオズキやスイバの葉の汁、ウメの実を使う報告もある。ルービン (食品) フレッシュアイペディアより)

  • ハダカホオズキ

    ハダカホオズキから見たホオズキホオズキ

    果実がホオズキのように袋に包まれておらず、裸であることからこの名がある。ハダカホオズキ フレッシュアイペディアより)

  • 雅恋 〜MIYAKO〜

    雅恋 〜MIYAKO〜から見た鬼灯ホオズキ

    象徴の花は鬼灯、花言葉は「心の平安、欺瞞」。イメージカラーは桃色。雅恋 〜MIYAKO〜 フレッシュアイペディアより)

57件中 11 - 20件表示

「ほおずき市」のニューストピックワード