32件中 21 - 30件表示
  • 発芽

    発芽から見たホオズキホオズキ

    追熟後も発芽力を獲得できない種子は、発芽可能となるために後熟過程を経る必要がある。後熟過程では胚の形態形成や肥大成長が起こり、形態的に成熟することによって発芽力を得るが、開花から種子採取までの日数によって、後熟過程で得られる発芽力の強さも大きく異なる。例えばホオズキでは、開花後70日が経過してから採取した種子と、50?60日が経過してから採取した種子では、後者のほうが長い後熟期間を経ないと高い発芽率を示さないことが知られている。発芽 フレッシュアイペディアより)

  • 江戸時代

    江戸時代から見たホオズキホオズキ

    花卉:椿、桜、牡丹、芍薬、梅、躑躅、菊、楓、撫子、朝顔、仙翁、桜草、花菖蒲、万年青、唐橘、万両、藪柑子、松葉蘭、長生蘭、富貴蘭、軒忍、細辛、福寿草、蒲公英、酸漿江戸時代 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草寺

    浅草寺から見たホオズキホオズキ

    四万六千日(7月9・10日) - この日に参詣すると4万6000日分のご利益があるとされる。ほおずき市が行われる。浅草寺 フレッシュアイペディアより)

  • ナワトル語

    ナワトル語から見たホオズキホオズキ

    野菜のトマト: ホオズキを意味する (xi)tomatlナワトル語 フレッシュアイペディアより)

  • トマト

    トマトから見たホオズキホオズキ

    『トマト』の語源はナワトル語でホオズキの実を意味する『tomatl』(トマトゥル)に由来する。トマト フレッシュアイペディアより)

  • ガンダム開発計画

    ガンダム開発計画から見たホオズキホオズキ

    コードネームの「サイサリス」は、ナス科の植物ホオズキから付けられている。花言葉は「偽り」など。ガンダム開発計画 フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ料理

    メキシコ料理から見たホオズキホオズキ

    ホオズキと同属の植物。緑の果実をサルサ(サルサ・ベルデ)などに利用する。メキシコ料理 フレッシュアイペディアより)

  • 的屋

    的屋から見たホオズキホオズキ

    植物-海ほおずきやホオズキ、朝顔や小さな鉢植えなど縁起のいいとされるもの。的屋 フレッシュアイペディアより)

  • サルタヒコ

    サルタヒコから見たホオズキホオズキ

    邇邇芸尊が天降りしようとしたとき、天の八衢(やちまた)に立って高天原から葦原中国までを照らす神がいた。その神の鼻長は七咫、背長は七尺、目が八咫鏡のように、またホオズキのように照り輝いているという姿であった。そこで天照大神と高木神は天宇受売命(あめのうずめ)に、その神の元へ行って誰であるか尋ねるよう命じた。その神が国津神の猿田彦で、邇邇芸尊らの先導をしようと迎えに来たのであった。サルタヒコ フレッシュアイペディアより)

  • 鬼灯の冷徹

    鬼灯の冷徹から見たホオズキホオズキ

    現世で放送されているあのクイズ番組をよく見ており、クリスタルヒトシくん人形を2個持っている。また、一緒に当たったモンゴルの民族衣装の取扱いに(奪衣婆から渡された自費出版のヌード写真集共々)困っている。ミステリーハンターを現世から連れて行きたいと思っており、それを聞いた閻魔大王に「ミステリーハンター×ハンター」と評された。当選したオーストラリア4日間の旅に行ったことがある他、現世に出張して旅行やアルバイトをすることもあり、その際に前述の動物園の他に墓地や廃墟を巡るのも趣味。現世に潜伏するため働く際は「加々知(かがち:ホオズキおよび蛇の古称)」の偽名を用いる。鬼灯の冷徹 フレッシュアイペディアより)

32件中 21 - 30件表示

「ほおずき市」のニューストピックワード