57件中 21 - 30件表示
  • 百鬼夜行抄

    百鬼夜行抄から見たホオズキホオズキ

    「人間よりずっと長く生きている」妖怪。外見は赤い髪(或いは茶髪)をした青年の姿をしている。後頭部には髪に隠れていくつもの目玉がある。「赤間」というのは人間になりすました際に度々名乗っている名前で、「鬼灯」というのは蝸牛が赤い髪をほおずきになぞらえて付けた名前であり、従って本名に相当する名は持たない。ある事がきっかけで蝸牛に付きまとい、彼の周囲に居る人間に多くの厄災を与えている。だが当の本人は「友人と遊んでいる」つもりであったらしく、律から蝸牛の死を聞かされた際には寂しさを表す様な言葉を述べていた。蝸牛の法術によって長い間壺に封じられていたことがある。出会った頃に痛い目に合わされ、またペースが乱されるため、司が苦手。なお、彼の登場する話はバットエンドが多い。百鬼夜行抄 フレッシュアイペディアより)

  • 発芽

    発芽から見たホオズキホオズキ

    追熟後も発芽力を獲得できない種子は、発芽可能となるために後熟過程を経る必要がある。後熟過程では胚の形態形成や肥大成長が起こり、形態的に成熟することによって発芽力を得るが、開花から種子採取までの日数によって、後熟過程で得られる発芽力の強さも大きく異なる。例えばホオズキでは、開花後70日が経過してから採取した種子と、50?60日が経過してから採取した種子では、後者のほうが長い後熟期間を経ないと高い発芽率を示さないことが知られている。発芽 フレッシュアイペディアより)

  • イヌホオズキ

    イヌホオズキから見たホオズキホオズキ

    イヌホオズキ(犬酸漿、学名: )は、ナス科ナス属の植物。バカナスとも呼ばれ、ホオズキやナスに似ているが役に立たないことから名付けられた。イヌホオズキ フレッシュアイペディアより)

  • ソラニジン

    ソラニジンから見たホオズキホオズキ

    ソラニジン (solanidine) は、主にジャガイモの表皮や芽、ホオズキなどに含まれるステロイドアルカロイドの一種で、配糖体のソラニンのアグリコンである。ソラニンを加水分解すると、グルコース、ガラクトース、ラムノースとともに得られる。分子式は C27H43NO、分子量 397.64、CAS登録番号は80-78-4。ソラニジン フレッシュアイペディアより)

  • ソラニン

    ソラニンから見たホオズキホオズキ

    ソラニン()とは、主にナス科の植物に含まれるステロイドアルカロイドの1種である。分子式は C45H73NO15、分子量 868.07、CAS登録番号は 20562-02-1。ジャガイモの表皮や芽、ホオズキ、イヌホオズキなどに含まれている。なお、トマトの葉には類似物質のトマチンが含まれる。ソラニン フレッシュアイペディアより)

  • ルーシャン

    ルーシャンから見たホオズキホオズキ

    ウシまたはヤギ、ヤクなどの乳を原料とし、パパイアやホオズキ、スイバなどに由来する酸液を用いて凝固させる。ルービンと同様、300mlほどの酸液を鉄鍋に入れて45-50°Cに温め、同量の原料乳を加えて柄杓でゆっくり撹拌する。数秒で凝固が始まるので、2本の竹箸で固体を取り出し、もう1本の竹箸に巻きつけながら伸ばしていく。この状態で伸ばさずに水分を抜き、原料の段階で食塩を加えているとルービンになる。ルーシャン フレッシュアイペディアより)

  • 頬

    から見たホオズキホオズキ

    ホオズキ :ナス目 - ナス科の双子葉植物。果実を鳴らして遊ぶ子供の頬の様子から「頬突き」と呼ばれるようになったとの語源説がある。 フレッシュアイペディアより)

  • ナワトル語

    ナワトル語から見たホオズキホオズキ

    野菜のトマト: ホオズキを意味する (xi)tomatlナワトル語 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草郵便局

    浅草郵便局から見たホオズキホオズキ

    図案は『雷門』・『東京スカイツリー』・『ほおずき浅草郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 七海有希

    七海有希から見たほおずきホオズキ

    2016年、埼玉県川口市のご当地キャラきゅぽらんのテーマソングの公募にて、自ら作詞作曲した「きゅぽらんのうた」が採用され、7月2日に川口市の地蔵院境内で開催された「日光御成道 鳩ヶ谷宿夏の陣 朝顔・ほおずき市」にて披露された。七海有希 フレッシュアイペディアより)

57件中 21 - 30件表示

「ほおずき市」のニューストピックワード