277件中 21 - 30件表示
  • 胸いっぱいサミット!

    胸いっぱいサミット!から見たますだおかだますだおかだ

    2012年1月31日、たかじんが食道癌の治療で休養に入ることを、所属事務所のP.I.Sから発表。当番組も、2月11日・18日放送回では、たかじんの代役を立てずに八木と藤本の進行で放送した。同月25日以降の放送でも、番組タイトルにたかじんの名を残したまま、同様の構成を継続。テーマによっては、かねてから準レギュラー扱いで出演している増田英彦(ますだおかだ)などが、進行を担当した。ちなみに、たかじん休養発表前後の視聴率は、10 - 11%程度、2012年9月22日放送分(関西テレビ)でも9.8%であった。胸いっぱいサミット! フレッシュアイペディアより)

  • スピードワゴン

    スピードワゴンから見たますだおかだますだおかだ

    2002年度の第2回M-1グランプリにおいて、この年から導入された敗者復活枠の制度で初出場にして初の決勝進出を果たす。そこで披露した「小沢が考える次世代のヒーロー」というネタは、中田カウス、島田洋七、ラサール石井がそれぞれ3位の笑い飯よりも2点高い「85点」、「86点」、「86点」をつけ、大竹まことからは同じく笑い飯と同点の「80点」、松本人志は優勝したますだおかだより5点高い「75点」をつけたが、島田紳助は最下位のアメリカザリガニと同じ「73点」、立川談志は歴代最低得点の「50点」をつけるなど、評価が大きく分かれた。結果は8位のダイノジと1点差で7位となった。また、談志が「50点」をつけた理由としては「下ネタが嫌いだから」と発言していたが、その後「爆笑オンエアバトル」の第6回チャンピオン大会で談志と共演した際、本番後に談志は小沢に「お前らの漫才、面白いよ」と声を掛けたうえ、井戸田の役になって先ほど披露した漫才の稽古をつけた。小沢は「M-1の一件のフォローだったのかも」と振り返っている。スピードワゴン フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑オンエアバトル

    爆笑オンエアバトルから見たますだおかだますだおかだ

    満点、つまり審査員100人全員がボールを投入した場合のバケツの重さは545KB。545KBはますだおかだ、タイムマシーン3号、上々軍団の3組が記録している。500KBを超えることを「オーバー500」と呼び、番組内での高評価の代名詞となっている。KB数と投票人数の関係は公表されていないため詳細は不明だが、100人中89人以上が投票すると500KB以上を記録するとされている。爆笑オンエアバトル フレッシュアイペディアより)

  • 中川家

    中川家から見たますだおかだますだおかだ

    共に大阪府守口市立梶小学校、及び梶中学校卒業。ちなみに、 松竹芸能の増田英彦(ますだおかだ)は剛の小中学校の1学年先輩にあたる。また、渡辺鐘(桂三度・元ジャリズム)の弟は礼二と同級生で自宅にも行ったことがある。中川家 フレッシュアイペディアより)

  • 松井愛

    松井愛から見たますだおかだますだおかだ

    アシスタントを務める後輩アナウンサーの福島暢啓が出演できない場合に、アシスタント代理を担当。平日版(『MBSヤングタウン』)を放送していた若手時代には、火曜日でトミーズ、火・水曜日でますだおかだと共にパーソナリティを務めた。松井愛 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のテレビ (日本)

    2016年のテレビ (日本)から見たますだおかだますだおかだ

    『PON!』(中京テレビでもネット受け)は月 - 木曜日の週4回放送となり、司会はビビる大木(タレント)が月 - 水曜→月・火・木曜、岡田圭右(ますだおかだ)は木・金曜→水・木曜の担当にそれぞれ変更、サブ司会は引き続き青木源太(同局アナウンサー)が全曜日を担当。「エンタメ専門情報リサーチTV」と銘打って、芸能情報に特化した内容にリニューアル(PON!も参照)。また、同番組に内包のミニアニメを交えた子育て情報番組『ママモコモてれび』は31日放送分で終了、単独番組時代を含め4年の歴史に幕。2016年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • タイムマシーン3号

    タイムマシーン3号から見たますだおかだますだおかだ

    因みに537KBという数字は東京収録に限定すると最高KBであり、以降この記録は(オンバト+時代も含め)番組終了まで一度も破られる事はなかった。また545KB(満点)獲得は1999年11月13日放送回にますだおかだが記録して以来、約6年振り史上2組目の快挙であった。タイムマシーン3号 フレッシュアイペディアより)

  • MBSベースボールパーク

    MBSベースボールパークから見たますだおかだますだおかだ

    2013年には5月以降、火〜木曜日で最初からナイトゲームの中継予定がない場合(予備日など)に、『with…夜はラジオと決めてます』(以下『夜ラジ』と略記)木曜日の企画を受け継ぐ特別番組を『番外編』として月に1〜2回のペースで放送(with…夜はラジオと決めてますを参照)。同曜日パーソナリティの増田英彦(ますだおかだ)、パートナーアナウンサーの亀井希生(MBSアナウンサー)、当番組のスタジオ担当でもあるアシスタントの豊永が引き続き出演するほか、18・19時台には、スポーツキャスターの仙田、スポーツコメンテーターの安藤・一枝(隔回交代)も登場する。なお、この場合には『あとラジ』も『番外編』の拡大版として扱うため、実際の放送時間は他の『番外編』より1時間長い17:53 - 22:00になる。また、最初からナイトゲームの中継予定がない金曜日には、『夜ラジ』金曜日のレギュラーだったイトキン(ET-KING)・亀井・井上に豊永・須藤理恵(青空)を加えた『番外編』を、17:53 - 21:00に放送。2014年度からのMBSにおけるタイガース応援ソング「ええやんけ!阪神」は、当番組でリスナーから歌詞に入れたいフレーズを募集したうえで、イトキンが補詞・作曲を手掛けた。MBSベースボールパーク フレッシュアイペディアより)

  • なすなかにし

    なすなかにしから見たますだおかだますだおかだ

    2001年結成、松竹芸能に所属。正統派のしゃべくり漫才は評判が良く、ますだおかだ、アメリカザリガニに続く有力株であるとして期待されている。2008年東京に進出。なすなかにし フレッシュアイペディアより)

  • M-1グランプリ

    M-1グランプリから見たますだおかだますだおかだ

    島田紳助は構想時に、出場資格を若手に限定したことについて、「昔の司法試験のように、30代になっても結果が出ない場合は、止めないと不幸である」と発言していたものの、大学を卒業してからコンビ結成した場合や、コンビを再結成した場合は、30代以降でも優に出場が可能であった。第1回大会は、大学生や会社員を経由して芸人になったますだおかだやDonDokoDonらを除けば、決勝進出者の大多数は20代であったが、大会後期では、決勝進出者の多数がキャリアを積んだ30代の芸人であった。一例として、第10回大会では、銀シャリの鰻・ハライチ・ジャルジャルの5人だけが20代であり、他の決勝進出者15人は30代であった。決勝進出者の高齢化に伴い、第1回大会では結成2年・21歳のキングコングに「脅威のルーキー」というキャッチフレーズが付いていたが、第10回大会では、結成7年・27歳のジャルジャルに「スーパールーキー」というキャッチフレーズが付いていた。また、歴代最多となる9回の決勝進出を果たし、当大会の象徴的存在であった笑い飯は26歳になる年に結成している為、ラストチャンスで優勝した頃には、36歳になっていた。その後第13回大会ではスーパーマラドーナ田中が40歳で決勝進出を果たしている。M-1グランプリ フレッシュアイペディアより)

277件中 21 - 30件表示

「ますだおかだ」のニューストピックワード